楽園はひとつでなくていい

バリ島とタイ、2カ国の旅も今日で24日目。

バリ島からタイのプーケットのリゾートへ移動して4泊を過ごした。

毎朝、小鳥の声で目覚め、美味しい朝食を頂き、海辺を散歩する。

ジャングルの緑と南国の花々の甘い香りが漂っていて、蝶が舞い、トカゲが走り、たくさんの人がバカンスで、皆幸せそう。

プーケットでは結婚式にも遭遇しました。

リゾートは祝福で満ちている。

あいにく今回の旅の期間はプーケットは雨季だったらしく、毎日、1日のどこかで雨が降っていて…。

プーケットらしい、写真で見るような”スッキリと晴れ渡る空、エメラルドグリーンの海”にはお目にかかれなかったのだけれど…。

そのおかげで肌が焦げることなく、一日中プールで過ごしました。

プールからお部屋に戻り、湿っぽかった水着を脱いでシャワーを浴びて、フカフカのバスタオルに身を包むと温かい。

クローゼットに掛かっているクリーニングしていただいたばかりのお洋服に着替え、ゴロリとベッドに寝転がる。

ベッドの脇にはハウスキーパーさんがプレゼントしてくださった一輪のバラ。

お部屋は、ホテルからいただいたウエルカムフルーツの甘い香りで満たされている。

そして、1日の終わりには、太陽が海に落ちるのを見る。

海が赤く染まるのを静かに見ていると、「この世界はすごく美しい」と思えてくる。

ここは楽園だ。

「楽園」と言えば、バリ島ウブドに宿泊していた時、映画「天国に一番近い島」を観ました。

天国にいちばん近い島 角川映画 THE BEST [DVD]
KADOKAWA / 角川書店 (2016-01-29)
売り上げランキング: 26,114

わたし達夫婦がまだ若い頃の、森村桂さんの小説が原作の、原田知世さん主演の映画。

子供の頃亡き父が語った「花が咲き乱れ果実がたわわに実る夢の島、神様にいつでも会える島。いつもお日様があたって、明るくてとても穏やか。だから島の人たちもみんな幸せ。

そんな天国に一番近い島が地球のはるか南にあると言う。

それがきっとニューカレドニアだと思い、16歳の少女マリは「天国に一番近い島」をニューカレドニアまで探しに行く。

…映画の終盤で、知り合いになった現地の日系三世の青年タロウが、彼のルーツであるまだ見ぬ日本への憧れを紙芝居にして語るシーンがあります。

この海をずっと北のほうへ向かっていくと、ちっちゃな、タツノオトシゴのような格好をした島があります。それは日本という島です。

…(中略)…その島はとても美しい、見たこともないようなお花がいっぱい咲いているのです。

春には春の花が夏には夏の花が……(中略)…そして冬になると空から雪という、冬のお花が降ってくるのです。

冬になるとね、神様が一年中の汚れた地面を雪で真っ白に覆って下さるんだ。

雪が降ると誰でもみんなキレイな気持ちになって、神様みたいになるんだ。

だからその島の人たちは、みんなみんなとても幸せなんだよ。

マリはニューカレドニアを、タロウは日本を、お互いにまだ見ぬ土地に「天国に一番近い島」があるに違いない、と思っている。

わたしは、今いるプーケットに”楽園”を感じている。

楽園はひとつではない。

世界中どこでも、そこが「楽園だ」と感じることができれば「楽園」になるのだ。

バリ島ウブドも”リゾート”ではないけれど、素朴で安心して滞在ができた、そして、プーケットはまさに”わたしの楽園のイメージ”そのままだった。

そして、きっと日本の我が家に帰ったら、わたしは心底ホッとして安らぐのだろう。

「花が咲き乱れ果物がたわわに実り…」というひとつの定義だけが「楽園」ではない。

今日はタイのバンコクへ移動。

バンコクの”楽園”をどんな場所で、どんなシーンで感じられるのか、とても楽しみ。

スポンサーリンク

こちらも参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です