ウブドのピラミッドでサウンドヒーリングを体験

ウブドにピラミッド?!

もちろん、歴史的建造物ではなく2017年に完成したものなのですが…。

そのピラミッドは、ウブド王宮から北へ6分ほど車を走らせた場所に、「PYRAMIDS OF CHI」と名付けられた施設の中にあります。

手にしたパンフレットによれば、このピラミッドは2013年に「2つのピラミッドを作成する」というビジョンがピーター&リンさんというご夫婦に与えられ、それから4年間かけて完成したものだそうで。

このピラミッドの中では、音や振動や呼吸法を使って、リラクゼーションを味わえる多彩なワークショップが開催されています。

…なんだかディープなスピリチュアルなものを体験できそう…。

ということで、今回ピラミッドで毎日開催されている定番ワークショップ「ANCIENT SOUND HEALING(古代の音楽の癒し)」というサウンドヒーリングのグループセッションに、パートナーと一緒に参加してきました。

スポンサーリンク

謎の聖地(?)PYRAMIDS OF CHIへ足を踏み入れる

お!…本当にピラミッドなんだ!

「PYRAMIDS OF CHI」へ行って実物のピラミッドを見ると…その大きさに圧倒され、言葉がでてこない…。

「でかっ!…なんでこんなん作れたんだろう?」と、パートナーもビックリ。

その大きさは、ギザの大ピラミッドの1/16スケールに建てられた14m。

「太陽のピラミッド」と「月のピラミッド」の2つが並んでいます。

「昔、スピリチュアルな合宿で、河口湖のミラミッドみたいな施設で瞑想したことあるけど…、20人くらい入れるやつだったけど…、これ、本当にデカイね」とパートナー。

「へぇ。…結構色々とやってたのね…おたく」

でも、最近ではパートナーは「スピリチュアルワークショップ参加」は卒業したそうで、もっぱらわたしが「やりたい!行こうよ!」と誘うので、ついてきてもらっている感じ…。

ネットで前日に予約しておいたので、受付へ行って、予約完了メールを見せる。

「時間になったらインフォーメーションがあるから、それまでその辺で待って」とセッションに使用するアイマスクを渡されて併設のカフェのテーブルに着く。

このアイマスク、バリ島の”聖なるバトゥール山の火山砂”を加工したものが入っているらしい。

「聖なる山の火山砂」だなんて、なんだかパワーありそうで、スピにはたまらなくいい感じ(笑)

アイマスクと一緒に「お買い上げありがとうございます」のメッセージが入っていたので…。

どうやら本日受けるワークショップ「ANCIENT SOUND HEALING」の代金300,000Rp(2,349円/2019年5月現在)の中に、このアイマスクの代金も含まれている様子。

すごいのはピラミッドだけじゃなくカフェのクオリティーも!

併設のカフェで本日のワークショップのウエルカムドリンクをいただきます。

特製のウオーターメロン&ジンジャーのデトックスジュースです。

ジンジャーが効いてピリピリ。

しっかりデトックスできる感じです。

…それにしてもこのカフェ、「一体どこのホテルのラウンジ?」と聞きたくなるようなクオリティーの高さ。

…”ちょっと違う”のは壁にピラミッドとか幾何学模様が描かれているところかしら…。

後から入るであろうピラミッドを眺めながら、デトックスジュースを飲む。

「いいね。ここ。静かで気に入っちゃったよ」とパートナー。

…確かに。人里離れているから静かだし、開放的で清潔で、おしゃれなカフェ。

身体に優しいベジメニューやドリンク、スイーツが充実しており、毎日ワークショップに通いたくなりそうな素敵さだ。

英語がわかれば”スピ談義”に花が咲きそうな、まるで天国のようなカフェだ。

巨大なヨガの施設や「PYRAMIDS OF CHI」のようなスピリチュアルな施設があるところが、バリ島ウブドに世界中からツーリストが「長期滞在したい!」と感じる所以なのかも。

お待ちかねの「ANCIENT SOUND HEALING」を受けて

さて、いよいよ時間になり、ピラミッドの中へ。

ピラミッドの中には上の写真のような楽器が配置されています。

靴を脱ぎ、ピラミッドの入り口には花で飾られたブッダ像がお出迎え。

その奥には、先ほどの写真の楽器。

その周りをぐるりと囲むようにマットが並べられていました。

英語でのレクチャーの後、アイマスクをしてマットに仰向けになり、誘導瞑想が始まります。

…英語がさっぱりわからないので、目を閉じて、ひたすら静かにじっとしています。

そのうちに「ヒヨォ〜」というような音楽が始まり、コロコロと何かが転がる音がしたり、太鼓の音だったり、鳥の羽ばたくような音がしたり、歌があったり…。

「何か感じよう」と音に集中していた自分がいて、途中まで緊張していたのですが…、やがて指がピクンとなったので、”半分眠っている状態”なんだな、と感じました。

終わった後はしばらくマットから起き上がれず…。

隣で寝ていたパートナーは、最初の音を聴いてすぐに意識がなくなったそうで、最後に「戻ってくるための誘導」の時に、「え?何?」と初めて意識が戻ったそうです。

「寝てた…というより、気がついたら終わってたって感じ。いやぁ、不思議な体験だった」とパートナー。

その後、せっかくだから先ほどの「PYRAMIDS OF CHI」のカフェで食事をして帰るつもりでしたが…、あまりにボーッとしてしまって何かを食べる気にもならないので(というか何も考えられない)…。

とりあえず、お茶を一杯と甘いケーキで「現実世界」に戻ることに…。

オーダーしたのは緑のパンダンケーキとヒーリングティー。

お茶は一杯だけをオーダーしたので、本来ならカップは一つのところ、カフェの人が気を利かせてもう一客カップ&ソーサーを持ってきてくださいました。

しかも、これまたカップ&ソーサーのオシャレなこと!

30分ほどゆっくりとお茶をして、無料のシャトルバスで王宮まで送っていただきました。(時刻表

「しかし…。シャトルバスもすごいなぁ」とパートナー。

…怪しすぎて、日本では絶対に乗れないバスだわ。

だけど、ここは「神の島」バリ島ウブドはスピリチュアルがよく似合う。

こういうのも、ウブドならではの楽しみ方の一つだと思う。

スポンサーリンク

こちらも参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です