ラベンダー お庭で初めての花を収穫したよ!

6月になり雨の日が多くなりましたね。

我が家の小さなお庭に、ラベンダーの花が咲きました!

スポンサーリンク

ハーブがお庭にあると、日常が豊かになるね

去年の12月、岐阜に引っ越してきたのと同時にラベンダーの苗を植えました。

苗があまり大きくなかったので、まさか1年目で花が咲くとは夢にも思いませんでしたが…、見事に咲いてくれました。

花が咲くと、なんだか土色のお庭が華やいで、すごくうれしい!

…でも「ラベンダーの花が咲いた!」と手放しで喜んでばかりはいられません。

ラベンダーは高温多湿を嫌う植物。

岐阜はとても湿気が多い。

6月現在も気温は28℃だけど、湿気が多いため、蒸し蒸しして気温以上に体感温度が暑く感じます。

もうすでにわたしはノースリーブ。

暑い暑い。

ラベンダーにとっては、今が花の時期。

花を咲かせるということは、植物にとって大変なエネルギーを要するのだそうです。

しかも高温多湿を嫌うので、梅雨の時期から夏にかけてはラベンダー的には辛い時期。

でも、なんとか、そんな岐阜の夏を乗り切って、…できれば十年くらい、ずっと花を咲かせ続けて欲しい!

それには、株の体力を消耗させないことが一番大切。

花はできるだけ早く収穫して、いつまでの花を咲かせたままにして株を疲れさせない。

開花後は剪定して風通しよくして、株を疲れさせないようにするのがポイントなのだそうです。

…ということで、我が家で初めてのラベンダーの収穫です。

収穫したラベンダーを大きな瓶に入れてリビングのテーブルに飾りました。

テーブルでPCを眺めていると、ほんわかと香りが漂ってきて、つい、深呼吸したくなります。

たくさん収穫できたので、トイレにも置いてみました。

トイレはスペースが小さいので、かなりよく香ります。

このラベンダー達は麻紐を調達してきたら、壁に吊るしてドライフラワーを作ろうと思っています。

そして、玄関や寝室にも吊るしたいな。

もっともっと収穫できるかもしれない!

そうしたら、お花を乾燥させてサシェを作って、ウォークインクローゼットのハンガーに吊るしてお洋服に香りをつけたり。

我が家のローズマリーやミントも順調に育っているので、ラベンダーもブレンドして、「奇跡のアンチエイジング水」と言われている「ハンガリアンウォーター」作りにも挑戦してみようかな。

ラベンダーの香りを嗅ぎながら、このブログを書いて、そんなアイデアがたくさん浮かんできて、すごく楽しくなってきました。

ハーブを育ててお花が咲くだけで、お茶にしたり、ドライフラワーにしたり、お料理に使ったり…日常が豊かになるね。

スポンサーリンク

こちらも参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です