ニキビ跡のクレーターを改善したくて銀座の米澤式健顔サロンのドアを叩いた日

新幹線に乗って東京の銀座へ。

長年のアトピーやニキビなど肌トラブルを通じて消えなくなってしまった大きなニキビ跡のクレーター、シミ。

そして、ここ二ヶ月の化粧品の試行錯誤で唇と両頰はボロボロと皮膚がめくれている。

それでも、お化粧がしたい!キレイになりたい!

そう思った時、一冊の本に出会った。

「人生が変わる洗顔」という米澤房昭氏の本を読み、そこに掲載されていた体験者たちの「キレイになり、自分の肌が好きになりつつあります!」「歳を重ねるのが楽しみになりました」の声に誘われるように著者のサロンを予約。

パートナーの関東出張に合わせたら、予約日が偶然にも誕生日に!

「誕生日にわたしは生まれ変わる!」

そう決意し、事前に氏の主催するサロンのホームページを隅々まで読み、施術の流れ、料金、基礎化粧品の価格を確認し、心の準備。

いよいよ「有名人も多数通う」という噂の洗顔を受ける。

米澤式健顔のサロンでのカウンセリング

サロンのドアをくぐり、中に入ってまずはカルテを記入。

住所、氏名、電話番号、何でこのサロンを知ったか、肌の悩みを書きます。

米澤先生はいらっしゃるようですが、洗顔はスタッフさんが担当してくれます。

53年分のアトピー&敏感肌トラブルの痕跡満載の肌なので、カルテに肌の悩みを書いていたらキリがないくらいでてくる(笑)

「中でも、何を一番改善したいですか?」とスタッフさん。

そう聞かれ、少し考えて「開いた毛穴とニキビ跡のクレーター」と答えた。

ニキビ跡

ホント、気分が悪くなりそうな写真なのですが、これから肌の変化を長期的に見ていくためにも必要な1枚かな、と思うので肌の現状をアップしておきます。

「少し長い期間が必要かもしれません」と言われ、長期で取り組んでいくことを覚悟。

カウンセリング後、カーテンで仕切られた個室に案内されました。

そして、いよいよ噂の15分クレンジング開始。

15分のクレンジングはまるでエステのフェイシャルみたいに気持ちいい

美容室のシャンプー台のように、靴を履いたまま椅子に座ると、背もたれを後ろに倒され、ラクな姿勢になる。

目を閉じると、大さじ1杯ほどのクレンジングフォームを顔の上に置いて。クルクルとマッサージ。

指の圧をまったく感じないほどソフト。

でもリズミカルで、氏の本で「肌を耕す」と言っていたその表現がぴったりな手の動きだ。

だんだんと気持ち良くなって眠たくなってきた。

あれ?

これって、まるでエステのフェイシャルを受けているみたいじゃない?

…余談ですが、顔はトラブルだらけなのですが、身体は20歳を境になぜかアトピーが消え、平気になりました。

オイルを使ったボディーマッサージが大好きで、そういうお仕事をしていたこともあり、定期的に受けに行っている。

でも、お顔だけは炎症が怖くて1度も受けたことがなかった…。

だから「いつかフェイシャルも受けられる人になりたいな」というのが夢でした。

「顔を洗いに行った」つもりが、まるでエステサロンで受けるフェイシャルみたいに気持ちよくて、誕生日に夢が意外な形で叶ってしまった。

15分のマッサージが終わり、クレンジングを落とすため、洗面台に立つ。

クレンジングの落とし方をレクチャーしていただき、水ですすぐ。

次に顔左半分をスタッフさんが、右半分を教えてもらいながらわたしが、手の使い方の手ほどきを受けながら洗顔料をのばしていきます。

洗顔料が唇の皮の剥けたところに触れると、ヒリヒリとした。

1分以内ですすぎ。

唇がヒリヒリする旨を伝えると、乳液を薄くつけてくださいました。

すると、ピタリと痛痒いのが止まり、驚いた。

最近では、この痛がゆさは病院で処方されたステロイドでないと止まらなかった。

今まで「リップクリームがわり」につけていたシアバターや白色ワセリンでも、痒みが治まるどころか悪化してしまい、「これからどうやって唇の潤いを保とうか?」と途方に暮れていたところだった。

「この乳液、唇につけても大丈夫なのですね」と聞くと、「これをつけておくと乾燥しないのでリップクリームいらずになりますよ」とスタッフさん。

これをこれからはリップクリームの代わりに使おう!

米澤式健顔のクレンジング洗顔を体験したら…

その後、横になり、パック。

少し時間をおいて、再び水ですすぎ、化粧水をつけてもらう。

少量を手のひらの圧でなじませていく。

「化粧水」というと「肌に栄養を入れて保湿」みたいなイメージだったのだけど、米澤式健顔の場合は「化粧水」の役割定義がちょっと違う。

「洗顔でゆるまった毛穴をしっかりと元のサイズに引き締め、自分で皮脂を作れるようにする」のが目的で、分泌機能を弱めてしまうような保湿成分は一切入っていないのだそうだ。

最後に乳液もほんの少量。

最終的には化粧水1本で潤う肌を目指しているそうなので、肌が健康になるにつれ、乳液は必要なくなるとのこと。

施術後のカウンセリングで鏡を見ると…目が大きくなって顔がいつもよりイキイキとして見えた。

手で顔に触れてみると…なんだか肌がフワフワ。

顔が今までに感じたことがない、スッキリと軽く爽快な感じがある。

「乾燥肌もアトピー肌もシワもシミも必要なのは『保湿』ではない『皮脂をうまく分泌できない』という代謝の方に問題がある

と言う。

確かに、たった1回洗顔をして”ただ古い角質を取り除いただけ”なのに、肌がみずみずしくなった感じがする。

洗顔でスッキリしたら、この”肌の軽い感じ”を持続させたくなりました

「メイク道具をお持ちでしたらお化粧して帰られて大丈夫ですよ」と言われたけど…。

”いつものUVカットのクリーム”とか、”化粧下地クリーム”とか厚ぼったいものをを塗る気がしない。

「あのー。UVカットとかはもしかしたらクリームじゃない方がいいんですよね」と聞いてみる。

「肌詰まりの原因になりやすいので、できれば粉の…光を反射するパウダーのものがいいですね」

そうですよね…。

お化粧をするときの下地クリームは、どうしたらいいですか?

「お化粧の時は、先ほどの乳液を下地クリームにして、…あ、ファンデーションありますから、試されてみますか?」

そう言いながらスタッフさんはわたしの顔をじっと見て、「うーん。しばらく皮がむけてまだらな状態が続くかもしれないけど、結構、明るめのトーンでイケるかも」と。

渡されたコンパクトの裏を見ると「ピンク」というシールが貼ってありました。

今まで、肌トラブルでカサブタが多くて、いつも茶色い肌をしていたので、暗めのトーンのファンデーションを使っていたので、「ピンク」は意外でした。

顔の右半分をスタッフの方が塗ってくださり、それを真似て、左半分をわたしが。

仕上がった顔を見て、「うん。いいですね」と言うスタッフさんの言葉がなんだかうれしかった。

「カバー力はこれで大丈夫?」とスタッフさん。

もうわたしは「ピンク」という明るめのファンデーションが似合っただけでも、すでに大満足。

さらに、「顎の骨のところを少し押してみてください」と言われ、押してみる。

「今度は少しその横のフェイスラインの骨のところを押してみてください」と言われ、押してみる。

「骨までの距離に違いがあるでしょう?それから頬骨のところ」

…小さい頃から顔が丸いので、この肉付きは生まれつきじゃないの?

「いえいえ。この顎のところが本来のフェイスライン。もっとスッキリしますよ」とスタッフさん。

ええ〜?!

この頰の膨らみは、全部老廃物だって言うの〜?!(驚)

…じゃ、どこまでフェイスラインがスリムになれるのか、試してみようじゃないの。

米澤式健顔のラインづかいには深い理由がある

それでも、いざ商品を購入しようと思ったら、つい先日購入したばかりの化粧水のことが気になりました。

「始めたいけれど、最近、まだ化粧水を購入したばかりで…」という相談をしてみました。

すると「ライン使いでないと効果が半減してしまうので、始められるなら、その化粧水がなくなってから揃えて始められるといいですね」と言ってくださいました。

無理に商品を押し付けられるようなことはありませんでした。

「これも決心が必要ですから」と。

「せっかくだから始めたい」気持ちと「でも購入したばかりの化粧水が…」と迷ったのですが、結局、フルライン購入することに決めました。

一番の理由は、他のメーカーのもので同じ効果のものを探すのがすごいハードルだと感じたから。

米澤式健顔の目玉「クレンジング」は、肌に吸収されない弱アルカリ性のクレンジング

通常、世の中に出回っているクレンジングや洗顔料の製品のほとんどは「弱酸性」

さらに、”15分マッサージしていてもクレンジングの成分が肌に浸透しない”というのを探すのもほぼ無理だろう。

この米澤式健顔を始めることで今まで使っていた化粧水も乳液も、UVクリームも化粧下地クリームも不要になり、捨てることになる。

お金がかかる?

勿体無い?

…でも、今、これ以外にキレイになるすべをわたしは知らない。

わたしは本気でキレイになりたい。

パートナーがわたしの顔を見て…

ホテルの部屋に戻ると、パートナーが待っていました。

そして第一声「あれ?なんだかお顔がピカピカになってるね」と。

ものすごくうれしい!

顔をじっと見ながら、「なんだか所々、白くなっているね」と言われ、文字どおり”垢抜けた”のだと実感。

さらに、「来週も東京に来なきゃだから、hinakoちゃんはまた銀座のサロンに行ってくるといいよ」とも言ってくれました。

”肌”について褒められた、わたし史上有り得なかった誕生日。

本当に生まれ変わった気分。

米澤式健顔の洗顔法を自宅で実践。肌の力を信じる!

2018.03.09
スポンサーリンク

こちらも参考になります