ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

パイロットのカクノ(kakuno)で万年筆デビューしました

パイロットのカクノ(kakuno)で万年筆デビューしました

今まで「万年筆って難しい」って思ってた。

太い文字しか書けないし、使うに従って、ペン先がつぶれたり、折れたりするから、力を入れて書いてはいけないし、メンテナンスも必要で…と。

でも、いま、いい万年筆があるんですね。

スポンサーリンク

はじめての万年筆

何気なく文房具屋でみつけた「パイロットのカクノ(kakuno)」が可愛くて、衝動買い。

万年筆 カクノ

子供さんでも安心して使えるように、万年筆の使い方の丁寧な説明書までついているんです。(…というか子供向け?)

でも、ネットを調べていると、大人のかたでもこのパイロットのカクノ(kakuno)で万年筆デビューされるかたも多いみたい。

わたしも、その「大人だけど万年筆デビュー」のひとりってワケです。

わたしは「万年筆は太い文字しか書けない」と思い込んでいたので、ペン先を細字(F)にしましたが、最近の万年筆って、すごく性能がいいんですね。

0.5ミリくらいの細い線がムラなく均一に書けてしまうのには驚き!

なので、自分が思っていたのよりも「ちょっと頼りないくらい」な細さの文字で、イメージとしてはM(中字)でもよかったかもしれない。

いつもより肩の力を抜いて、ペン先を寝かし気味にして書く万年筆。

そして、こちら、ナミキファルコンというパイロットの万年筆の動画なのですが、

もう万年筆さばきが素晴らしすぎて!!!神!

ペン先の柔らかさは、やはり高級万年筆でないと感じられないと思うのですが、こんなふうに万年筆を操り?美しい文字を書けることに憧れますね。

「万年筆は育てるもの」と聞くのでの。

万年筆カクノ(kakuno)が、わたしの手に馴染むように大切に育てていこうと思っています。

人気のある記事

Return Top