ウィズダムオラクルカード。マンション売却の日のできごと

朝、ウィズダムオラクルカードをひきました。

「5.孤児(喪失感、自分の居場所がわからない、所属するところ」と「15.瓶に入ったメッセージ(コミュニケーション、あなたにとっての最善の道を示すシンボル、サイン)」というカードが出ました。

スポンサーリンク

マンションを売却した日の不思議なできごと

その日は売りに出していたわたしたちが住んでいたマンションに、ついに買い手がみつかり、売買契約を経て、鍵と権利書を譲渡する日でした。

そのために、ロマンスカーに乗って上京。

ロマンスカー

先方に鍵を渡す前に、以前住んでいたマンションへと向かいました。

もう一度、マンションのお部屋の中を見直して、安心してて渡したいと思ったのと、たくさんの不必要なチラシが溜まっているであろう郵便ポストからゴミを捨てるために。

4ヶ月も住んでいなかった部屋は、空き部屋特有の匂いがしていました。

換気がなされていなかったので、窓を開け、風を通しながらお部屋を一部屋一部屋見て回りました。

「今までいろいろ回ったけれど、すごくキレイで、一目で気に入ったわ」と契約の時に先方の奥様が喜んでくださったようで、よかった。

問題なく、とてもキレイな部屋とバルコニーからの素晴らしい眺めに満足して、お部屋に最後のサヨナラを言って鍵を閉めた。

今朝ひいたオラクルカードの「5孤児」のカードみたく、自分の持っていた”家”という自分の中の大きな居場所がなくなってしまう寂しさを感じました。

そして4ヶ月ぶりに郵便ポスト開けると、思った通り、たくさんのチラシが詰まっていました。

ふと、その中には郵便でなく宅配業者のメール便であったために転送されなかった私宛の冊子がありました。

JMAの「THERAPY」という小冊子で、なんと!中には”あなたへの一枚”ということでオラクルカードが封入されているらしい。

ウイズダムオラクルカード

しかも!わたしが今朝ひいた同じ「ウィズダムオラクルカード」だ。

コレット・バロン=リード
株式会社 JMA・アソシエイツ(ライトワークス) 2016-02-18
¥ 3,780

早速、封入されているカードを出してみると、「44考える人(戦略、分析して理論的に考える)」というカード。

オラクルカード

確かに今は立ち止まって考えたい気分。

わたしはずっと家が欲しかった。

安心できて、居心地の良いリラックスできる場所が”家”で、それを持っているということは、やはり安心だった。

でも、今日、鍵を手渡すと共に、それを失うことになる。

所有すると、固定資産税やその他維持費するお金や管理費など、多くのエネルギーを”所有”に使うことになる。

それがなくなると、気分もエネルギーも軽くなる反面、「これからどうしよう?」という不安が頭をもたげてくる。

そもそも「家」は必要なものなのだろうか?

”所有する”というのはどういうことなのか?

所有する一番大きなものを手放したのを機に、少し考えたい気分になった。

マンションのお部屋を買ってくださったかたはとても良い人で、お部屋を大切にしてくれそうな人でした。

鍵を渡す時、なぜか不動産屋さんに内覧会のために渡していた鍵に付けてあった勾玉の根付が外れなくって…。

この勾玉の根付は、2012年に丸の内朝大学の「古事記」の講座の中で、フィールドワークとして出雲大社に行った時に購入したもの。

勾玉の根付

不動産屋さんが悪戦苦闘していたけれど、なかなか外れなくて、持ち主であるわたしが外すことになったが、…細い紐のくせになかなか硬くて外せない〜!!!

とっさに、パートナーが今住んでいる部屋の鍵を取り出し、ナイフ代わりにゴリゴリとしたら、ようやく根付が切れて、一同、安堵。

パートナーが無意識に取り出した新しい部屋の鍵。

不思議だけど、「古い鍵との関係を新しい部屋の鍵で切る」という象徴的な出来事のように感じました。

この鍵を含めたマンションに関するすべてを相手の方の譲渡して、「わたしたちのマンション物語」はすべて終わり。完結しました。

すべてが終わり、最後に不動産屋さんの手を「ありがとうございました」と握った時、もう何度もこなしているプロなのにも関わらず、緊張感でふるえているのがわかった。

一度私たちの売買契約がお流れになってしまってから、もう一度お部屋の写真を撮り直してくださったり、流れてしまった契約よりも一万円でも高く売ることを目標にプロモーションしてくださったり…本当によく奮闘していただけたと思う。

不動産屋さんの誠意に、改めて感謝の念が湧いた。

「疲れたね。新宿でお茶してからロマンスカーに乗ろうか」と、カフェでコーヒー飲んでいると…。

ふと、隣の席の女性の胸に、大きな翡翠の勾玉ペンダントがぶら下がっていて…。

「あ!同じ色の勾玉!」とパートナーに言うと、「ホントだ!縄文人みたい」とワケのわからないコメント(笑)。

勾玉のシンクロニシティだ!

早速、勾玉の意味をネットで調べてみる。

その形は、一説には陰と陽(=月と太陽)を具現化したものであると言われ、また一説では胎児の形を模したものとも言われます。

すると、その夜、娘から「ふたりめの赤ちゃんがもしかしてできたかもしれない」と、メール。

「勾玉」は「胎児」を表していたのかしら?(笑)

ひとつの世界が幕を閉じたと思ったら…、また何か新しいことが起こってきそうな予感。

ワインで乾杯

まずはとにかく、スパークリングワインでいろいろなことに乾杯〜!

■マンションを売ることを決めた時の話
マンション 売却!究極の断捨離!

スポンサーリンク

こちらも参考になります