熱海 露天風呂付き客室 オーシャンビューのお部屋

わたしたちは熱海のオーベルジュDenナチュレの、地下2階の廊下を通り、107号室、露天風呂付きの客室に案内されました。

スポンサーリンク

露天風呂付き和室の客室のお部屋と眺めは素晴らしかった!

案内されたお部屋が「107」と知って、わたしとパートナーは、つい笑ってしまった。

小田原までの行きのロマンスカーで、7号車の7列C.Dの座席にふたりで座っていたら、車掌さんが来て「席をお間違えでは?」と。

7

チケットをよ〜く見てみると、「7号車4C.D」と書かれていて、まったく違う席に座ってしまっていたのです(笑)。

「大丈夫ですよ。そこの座席でどうぞ」と、優しく車掌さんは言ってくださりましたが、そんな初歩的なミスにふたりとも気づかず、平然と座っていたのは、ちょっと恥ずかしかったです。

今日はどうやら「7」という数字に縁があるみたいね。

そう言いながら「エンジェルナンバー7」を調べてみると、「正しい道を進んでいます。その結果はあなたの予想を超える素晴らしいものになるでしょう」とのこと。

ちなみにルームナンバー107は、エンジェルナンバーで調べてみると、「あなたは、神の慈愛にあふれる導きに耳を傾けています。その結果、まさにいるべき場所にいるのです」と。

そうか!ここがいるべき場所なのか?!

ドキドキしながらドアを開けてみると…。

広い廊下

玄関が広いっ!!

しかも、大きなお盆に乗りきらないくらいのアメニティの数々!

アメニティ

竹布のやわらかなハンドタオルとか、ジョンマスターオーガニックのシャンプー&コンディショナー&シャワージェル、シェービングジェル、ボディミルクの他にも、女性用に洗顔料や化粧水や美容液など…。

他にも、男性用のカミソリや洗顔料や化粧水なども置いてあり、すんごい充実。

今まで、こんなてんこ盛りなの見たことない!

洗面所

洗面ボウルも最新。お手洗いも最新。

そして、今回、一番楽しみだった、このお部屋の開放感あるお部屋付きの露天風呂!

開放感ある露天風呂

山の緑がキレイです。

ふと見ると、さりげなくシャンパンまで用意されています。(これは今回のプランの特典だったみたいです)

シャンパン

ドアを開けて、外の露天風呂のほうへ出てみます。

素敵

デッキチェアがまたまたオシャレ。

露天風呂のお隣にはシャワールーム。

シャワールーム

シャワールームが別だと、身体を洗うとき、なかなか使い勝手がいいので、こういうのは好み。

かわいいドレッサーがあり。

ドレッサー

写真には写してこなかったけれど、またドライヤーのヘッドの種類が沢山で!!

クルクルも巻き巻きもストレートも思いのままって感じで、お風呂に入っても、ディナータイムまでには、どんな髪型にでもスタイルングできちゃう感じ。

たとえスッピンでも、ホテルに着いてからドレスアップも可能だと思う。

そして、お部屋にはどど〜んとマッサージチェアもあり、かなり寛げます。

マッサージチェア

そして、温泉宿とかだと、お茶しか置いてなくって、なかなかコーヒーを飲みたいときに困るのですが…。

ネスプレッソマシン

さすが!オーベルジュDenナチュレには、ネスプレッソマシンも完備されて、いつでも美味しいコーヒーが飲めるのも嬉しい。

さらに冷蔵庫の中は、どれでも無料で飲めるそうで、本当に至れり尽くせり。

冷蔵庫

さらに、至れりつくせりは、こんなベッドにまで!!

ベッド

羽根枕かテンピュールを好みで選べるんです。

枕

過保護なくらい行き届いたサービス!

部屋の隅々まで、すべてが素敵で、「これだよ。これこれ!こんなところに泊まりたかったんだよ!」とパートナー。

私の頭に、さっき調べたエンジェルナンバー107の、「…その結果、まさにいるべき場所にいるのです」という言葉が浮かんだ。

つい2年前まで、いつ電気が止まってもおかしくないくらいのパツパツだったわたしたち。

それを考えると、いま、こんな素敵な場所にいられるのが不思議。

でも、パニックが再発して倒れて辛かったパートナーは、実際、本当によく頑張ったと思う。

仕事が全くなくなったときでも、「いつも必ず仕事はやってくる。競争しなくても、自分の分は必ずある」とと言って、どんなときでも誠実な態度を保ち続けた彼。

「仕事」というもののイメージを、「生活のための仕事」ではなく、来るものをすべて「天職」として捉えて、頼まれたものだけでなく、いつもプラスαの創意と工夫を付け加えることをやり続けた彼。

そんなパートナーを、わたしは結婚して十年以上が過ぎても、心から尊敬している。

きっと、今日は、それに対してのご褒美だと思う。

心ゆくまで楽しもう。

まずは、シャンパンで乾杯!です。

シャンパンで乾杯

乾杯した後は、これを持って露天風呂へ。

客室付き露天風呂

ふと、映画「プリティ・ウーマン」を思い出しました。(古っ!)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-12-22
¥ 2,200

リチャード・ギアがいちごとシャンパンを頼み、ペントハウスのジャグジーでジュリア・ロバーツがジャグジーに入る…みたいな、映画のワンシーン。

ジャグジーとちょっと似ている客室の露天風呂。

そこで、シャンパンを飲んでいると、ちょっと大富豪気分♪

「いやぁ、オレ、こういうのやりたかったんだよ〜!」とパートナー。

「いちご、無いのかなぁ」

イチゴを食べてシャンパンを飲んでごらん。シャンパンの味がひきたって美味しくなるよ。

〜映画「プリティ・ウーマン」〜

このリチャード・ギアのセリフに彼は憧れたらしいけど…、バブリーな時代って、なんだか今思い出すと、こそばゆいね。

それにしても、素晴らしい景色。

うぐいすが鳴き、花の香りがして。

オーシャンビュー

快晴だったら、もっと海が見えて、オーシャンビューが満喫できたかも。

でも、山の緑と高い場所から熱海の街を見下ろす開放感は格別!!

夕食の時間までゆっくりとお湯に浸かり、シャンパンを飲み、チェアに寝転び。

夜

空が藍色に変わるまで楽しみました。

夜の景色

さ、身支度を整えて、レストランで夕食です。

オーベルジュ Denナチュレ

■熱海旅行記のつづきはこちら
熱海の夜景が見えるレストランはロマンチック

スポンサーリンク

こちらも参考になります