シリウスの宇宙図書館は大和にある?!

先日、バリ島のヒーラーである友人のセッションを受けました。

わたしにとってセッションは「悩みを解決するこの」というよりは、楽しいイベントみたいなもの。

自分以外のスピリチュアルに長けた人から出てくる「自分について」の旬なキーワードをポンポン言ってもらって、それを集めて「未来の自分物語」を妄想するのが好きなのだ。

で、今回は9月にセカンドハウスの「お引っ越し」という人生のイベントがあったので、「新しい環境でのこれから」のキーワードが欲しくて、受けてみたのです。

セッションの開口一番、「hinakoさんはクラウンチャクラとサードアイが開いていて、宇宙から情報を受け取っているらしいよ」と友人。

「その情報源の宇宙ってどこ?」と聞くわたしに、「シリウスって言葉が浮かんだ」と友人。

友人によれば、その受け取った情報をわたしにとっては膨大すぎて、受け取りたくなくて、そっぽを向いているらしい…。

「シリウスの図書館で本を借りるように必要な情報だけ受け取れるんだよ」と友人。

ふーむ。

…シリウスとかアトランティスとかプレアデスとかレムリアとか…そういうワードが出てくると…「スピお決まりの文言」の気がしてしまい…、その時はあまり真剣に考えなかった…。

ところが…。

あったんです!

現実に存在していたんです!

「シリウス」がっ!

ナント!わたしのお引っ越し先の大和市に「シリウス」という図書館があったんです!!

早速、行ってきましたが…、「日本一の図書館」と自負しているだけあり、大きくて2018年にできた、とてもキレイな建物です。

中にはFMやまとの放送スタジオやスターバックスまで入っていて、とてもオシャレな空間。

いやはや。

ビックリです。

そうかぁ。この大和市のシリウス図書館。

わたしにとっては、宇宙図書館なんだな。

ここでシリウス星から送信される情報を、わたしは受け取ることができるんだ!

…ということで、今日、受け取った情報はこの3冊です。

そして、図書館からの帰り、FMやまとの放送スタジオの脇を通った時、竹内まりやさんの「September」が流れてきました。

そういえば、先月は出雲大社の竹内まりやさんの旅館に宿泊したなぁ…と思い、何気にネットで歌詞を調べると…。

「街は色づいたクレヨン画」というところで、目の前に「CRAYON PIPI」というカフェが見えました。

「あ!これもクレヨンだ!」

…そういえば、昨日、スーパーでお野菜売り場に「クレヨン」が置かれているのを発見して、「文具でなく、なぜこの場所に…??」と気になって写真を撮ったことを思い出しました。

顔が見える野菜で作ったお子様に安全なクレヨンだそう。

これもシリウス星からの情報だ。

何だろう?

このクレヨンのシンクロニシティ…。