雨の山中湖でゆっくり過ごすのに似合うおしゃれカフェ3選

山中湖に行くと…なぜかいつも雨。

今年は3回目なのだけれど…やっぱり今回も雨。

こういう日はアクティブに動くのではなく、いつもよりゆっくりと…カフェで本を読んだり、語り合ったり…なんてのが似合う。

そんな雨の似合うゆっくりと過ごせる山中湖のおしゃれカフェを3つ、紹介します。

山中湖カフェ1軒目は女子なら絶対行きたい!森のアルム


思わず目が奪われちゃうこの可愛らしい外観。

まるで小さい頃読んだような白雪姫と森の小人達が居そうな建物はめちゃくちゃインパクトがあります。

カフェ「森のアルム」の木のドアを開ける前に、まずは小道の入り口の案内所のような小さな小屋(?)に立ち寄ります。

こちらで先にオーダー&精算を済ませてから、レシート(食券?)を持ってようやく建物の内部にGo!

なんだかまるでこれからアトラクションの入場券を買うかのようで、ワクワク。

ぐにゃりと曲がった木のドア。

ドアを開けたその先は…。

わぁお!

もう「可愛らしい!」の一言。

背もたれ部分をハート型にくり抜かれた木の椅子、窓の形も、すべてが丸く曲線でできていて、やさしい雰囲気がカフェ全体に漂っています。

お腹が空いていたのでトマト&モッツァレラチーズのサンドをオーダーしたのですが…、これもまた、コロンとした愛らしいフォルム。

もしかしたらパンも手作りなのかな?

パンの自体も歯触りがよくて美味しいんだけど、チーズも分厚くてトマトもフレッシュ。

雨のせいなのか、わたしたちの他にもう1組だけで、ゆったりと静かな時間が流れます。

窓から見える緑のお庭を眺めながら、「童話の主人公気分」を味わいました。

森のアルムは南都留郡山中湖村平野508-697 TEL0555-62-9677

山中湖カフェ2軒目は森気分な雑貨とカフェのPaper Moon(ペーパームーン)

Paper Moon(ペーパームーン)は山中湖湖畔沿いにあるカフェなのですが、まるで深い森の中にいる気分にさせてくれる癒し系カフェです。

入り口右手が雑貨スペース。
自家製のドライフラワーやKILKIのお洋服などがありました。

そして左手がカフェスペースです。

天井にドライフラワーが吊るされていて…というか作成中なのかな?

お客様が変わるがわる写真を撮ってらっしゃいました。

どこもかしこもセンス良く、今流行りの「インスタ映え」するおしゃれカフェです。

こちらはケーキやパイなどの種類が多く、毎回選ぶのに悩む(笑)

少し甘めのケーキ達ですが、それが逆に病みつきになる。

山中湖一泊2日で滞在中、2度も来てしまったくらい何度来ても飽きない。

山梨県南都留郡山中湖村平野481-1 TEL0555-62-2041

山中湖カフェ3軒目は絶景富士山が拝めるカフェ・ノア

カフェ・ノアさんは山中湖畔の富士山を見渡せる駐車場(村営)の真前にあるお店です。

小さな白い平家は緑の木々の囲まれていて…思わず見逃しそうなのほどひっそりと佇んでいます。

カフェの壁にはずらりと富士山の写真が並んでいて…、UFOのように雲がかかったものや、逆さ富士やダイアモンド富士…どれも珍しい富士山の表情が映し出されています。

これらの写真、実はオーナーさんが…しかもケータイで撮影した写真なのですが、プロ顔負けの素晴らしさ。

他にも撮影した富士山のアルバムをたくさん見せてくださいました。

雨が上がり「富士山が見えるかなぁ」と思っていたのですが…あいにくこんな感じで雲に覆われて見えませんでしたが…。

この明るく開けた空間で、美しい景色を眺めながらクロワッサンサンドを頂きながら過ごす時間はとても贅沢でした。

パンもカリッカリでサンドウイッチの味付けもすごく美味しくて、山中湖に来るたびに食べたい。

他にはナポリタンとかカレーとか洋食もあり、カフェのみならずランチにも利用できます。

気さくなオーナーさんとお話しして、そして、この富士山ビューの特等席でくつろげるのが魅力。

外の席はペット同伴でもO.Kなのだそう。

不思議ですが、なんだかずらりと並んだ富士山の写真からたくさんのパワーを頂きながら過ごすせいなのか、ものすごくこの場所は「気がいい(波動がいい)」という気がしました。

住所:山梨県南都留郡山中湖村平野3213-2 TEL0555-62-1418