ユニコーンと虹のスピリチュアルサイン

関東の家から岐阜の家に移動中(我が家は二拠点生活しています)、虹に出会いました。

バリ島の友人から、先日オーダーしたバリ島のお坊さんの手持ちベルがジャカルタに到着した、とのメールを受け取ったので、その返信に虹の写真を送りました。

すると…向こうからあるURLが送られてきて…、それをクリックしたら「虹の架け橋のアイコンのブログ記事が出現!

そのページに「アンダラクリスタル」という不思議な石の話が書かれていました。

アンダラクリスタルという言葉に初めて出会う

アンダラクリスタルの正式名称は「アンダラレムリアングラス」

アンダラクリスタルは1967年にアメリカ・カリフォルニア州シェラネバダにて、メディスンウーマンの故ネリー夫人により初めて発見された火山性の天然のガラス質。

アンダラクリスタルが発見される場所には、エセリウムという白い粉が発見され。

この白い粉がユニコーンが遊びながらお互いの角を擦りあった時に出た粉と言われています。

「火山性のガラス」と聞いて、ふと6年前に行ったハワイ島の溶岩の上で昼寝した時のことを思い出しました。

この溶岩は「ペレの髪の毛」と言われています。

この上で昼寝したのですが、写真で見ると岩肌がツルッとしているように見えるのですが、実はガラス質なのでギザギザとしているんです。

転ぶと大怪我します。

この塊の細かいものはこんな感じで。

本当に髪の毛みたいに細い。

火山の爆発の際に、マグマの一部が吹き飛ばされ空中で急速冷却してできた細いガラスなので、触ると危険です。

キラウエア 溶岩ウォーク&溶岩浴(ペレの髪の毛でお昼寝)

虹とユニコーンとアンダラレムリアングラスと…これらは何を意味しているのだろう?

「メッセージをください」とオラクルカード選びました。

3枚のカードを選ぶと…1枚め「ゲートウエイ(魔法の渓谷)」のカードにユニコーンがっ!(笑)

このゲートウエイのカードは「ボルテックス」「スピリットの世界への入り口」を表しているそうで。

描かれているユニコーンは7次元の存在で、虹、魔法とも繋がりがあり、魂の望みを叶える手助けをしてくれます。

2枚目のカードは岩の海岸が描かれ…わたしはハワイ島の岩だらけの海岸を思い出しました。

この海岸ではそういえば緑色の小さなクリスタルのかけらがいっぱい散らばっていたことを思い出しました。

ハワイ島には「グリーンサンドビーチ」と呼ばれる緑色の砂が敷き詰められているビーチがあります。

その緑の砂は火山の噴火によりできたもので、8月の誕生石でも知られているペリドット。

ペリドットは隕石の成分と同じで、「太陽が爆発してできた石」「太陽の石」などと呼ばれています。(そういえば3日前は「太陽の誕生日」夏至の日でした)

わたしがペリドットらしき緑の小さなクリスタルを見つけたのは「グリーンサンドビーチ」ではありませんでしたが、「ハワイ島の自然から何か持って帰るとペレが怒る」という話を聞いていたので。

この緑のクリスタルたちの写真を撮って海にそのまま返しました。

さらに3枚目のカードはハワイ島のジャングルを思い出しました。

ハワイ島ってとても不思議な島です。

ガラスでできた溶岩岩の険しさと緑の柔らかさ。

その両方が共存している島。

この島、もしかしたらアンダラレムリアングラスとも、レムリアとも関係しているのかしらね。

そんなことを考えていたら、もう一度ハワイ島に行きたくなりました。