ザ・リッツカールトン京都の朝食 コロナ自粛開けに行ってきました!

2020年9月はじめ、ピエール・エルメ・パリのアフタヌーンティーと「世界一のクロワッサン」と言われている朝食のクロワッサンを食べたくてザ・リッツカールトン京都に宿泊しました。

ザ・リッツカールトン京都宿泊記はこちらをどうぞ

ザ・リッツカールトン京都のアフタヌーンティー

ザ・リッツカールトン京都のスイートルーム宿泊

ザ・リッツカールトン京都の朝食は、通常の場合ですとイタリア料理「ラ・ロカンダ」でザ・リッツ・カールトンブレックファーストのブッフェ、または日本料理「水暉(みずき)」での和朝食が選べます。

わたしとパートナーが訪れたコロナ自粛開けの9月は、残念ながらビュッフェは休止で、代わりに(若干のチョイスはできますが)決まったメニューのものをいただくことになりました。

チェックイン時に次の日の朝食を「和か洋か」のどちらかを選んで予約するシステムになっており、クロワッサンが食べたいわたしたちはザ・リッツ・カールトンブレックファーストを選びました。

お肉が苦手なわたしはブレックファーストメニューをアレンジしていただけました

お料理が「ビュッフェ」でなくなると、「好きなものだけ」を食べられるビュッフェとは異なり、苦手なものもお皿に載せられてきてしまうことになります。

わたしはお肉系が苦手。

朝食というと、大体どこのホテルの朝食もベーコンとかソーセージがお皿に載りがち。

残して廃棄されるのも勿体無いので、朝食のメニューが手渡された時に「お肉系が苦手でソーセージ、ベーコンなどが食べられないので抜いて欲しい。でもハムやチーズは大丈夫です」と、なかなか細かい注文を伝えました。

すると、アレンジをしてくださるということで、安心して朝食にのぞむことができました。

まずはお目覚めのドリンク、京都のブドウを使ったジュースと酢のジュース。

これは決まっているのですが、あともう一種類はコーヒー、紅茶、オレンジジュース、グレープフルーツ、野菜とフルーツのミックスグリーンジュースの中から選択することができます。

わたしたちは野菜とフルーツのミックスグリーンジュースをチョイス。

そして、サラダ。

お皿にまぁるく可愛く盛り付けられています。

このお皿、なんだかわけもなく楽しい!

卵料理はオムレツ。

あみあみのポテトも凝っていて、あちこちに配された色とりどりのトマトが音符みたいに見えて、まるでオムレツが楽しそうに歌っているみたいなひと皿。

そして!待望のピエール・エルメ・パリのクロワッサン!

きゃ〜!!

…と言っても、すでにお腹いっぱいで…!

せっかく「いくつでもよろしいですよ」と言ってくださっているのに…、このパンが食べたいがために宿泊したのだけれど…頑張って2つ…かな。

食べてみたら…噂通り、パリッとして軽くて、バターたっぷりで本当に美味しかった!

ゆっくりと食後の紅茶を飲んで、優雅な朝食をいただけて。

そして、苦手なものをすべて聞いてアレンジをしてくださり、満足満足。

食後、お天気がいいので鴨川散歩に行きました。

真夏のように日差しがサンサンで、川面がキラキラときらめいてとてもまぶしかった。

焦げそうな暑さなので木陰に入ると、通る風が心地よくって、いつまでも川辺にいられそうでした。

今回はどこにも行かずにホテルの中と鴨川だけでしたが、日常離れできてリラックスできました。

スポンサーリンク

こちらも参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です