「いまここを生きる」のシンプルさ

パートナーがベッドから起き上がり、一階に降りていきました。

ほどなく、キッチンの方がガタガタと騒がしくなり、カチャカチャとガラスの当たる音が聞こえます。

「昨日洗わなかったカップを洗って、いつものように紅茶を淹れているんだ」と思いながら、わたしは二階のベッドで寝そべったまま、その音を聞いていると…。

「カップ洗わせて、悪かったかな…」と、少々バツが悪いような気分になりました。

「どうしよう。…起き上がっていったほうがいいのかしら…」

心が迷い、静かに寝ていられないような気分になってきました。

そう思った時、ふと…「あれ?これってイメージじゃないの?」と思いました。

わたしは二階にいるので、彼の姿はまったく見えていません。

聞こえてくる音から想像して、「あ、今キッチンにいる」とか。

昨夜”カップを洗わずに寝てしまった”という記憶から「カップを洗っている」とか、”いつもの彼の習慣”から「紅茶を淹れている」と、想像しているだけで、「実際のところ、どうなのか?」はわからないです。

しかも、彼の心を推し量り「面倒くさいんじゃないか」と思っているのも、想像でしかありません。

先日、YouTubeを見ていたときに、動画の中で、出演されている方の家の玄関のベル音が鳴った時、見ながら、そわそわしてしまう…という条件反射をしてしまった自分がいました。

まるで「パブロフの犬」

この時は、動画の中の…言ってみれば”架空の世界”なのに、しかも”過去動画”で全然リアルタイムではない。

そんな、無駄なところに心を使っていることが理解できた時、笑えた(笑)

今朝も、これとまったく同じ!

イメージしたパートナーの動きに、自動的に「悪かったな」という罪悪感を持ち、自分を責めて、反省までしていました。

彼はひとことも話していないのに!(笑)

こんなふうに、毎日、本当かどうかわからないことに、悩んだり、不安がったり、焦ったりして、自分の心に負担をかけているのかと思ったら、可笑しくなってきました。

わたしにとって「いまここ」はどこのことなんだろう?

何が事実で何が想像なのだろうか?

それを見極めることにしました。

一階のパートナーの動きや、わたしの頭の中の会話や感情も想像です。

目の前にあるのは、ベッドで寝そべっているわたしの身体と木目の天井、白い壁、窓からは青空が見えて、カチャカチャと音がする。

それだけが「いまここ」の事実です。

…そう思った時、「なぁんだ。驚くほど”いまここ”って、狭いな」と感じました。

さらに、じっと静かにそれらを見ていると…、寝そべっている自分の身体すらも風景の一部になり、「静止画像」のように見えて…。

…あれ?…悩むようなことは何もないじゃないか、と思えました。

事実と想像を見分けたら、「事実」が驚くほど少なかったので、あまりのシンプルさに拍子抜け(笑)

ためいきをついたあと、カチャカチャという音を聞きながら、もう一度布団に潜り込みました。

スポンサーリンク

こちらも参考になります