「わたしは誰?」への探究心が消えたら…

「わたしは誰?」「わたしはどこにいるのか?」

その問いへの探究心が消えた時、久々に、今まで持っていたたくさんの本を整頓しようと思いました。

「戻るべきHome」はなかった…

家の中心に配置された本棚にずらりと並んだ本やオラクルカードを眺めていると、「本当に色々なことが知りたくて、たくさん読んだなぁ」と(笑)

占星術にタロットカードにオラクルカード、チャネリング本に仏教、禅、旅の本、家庭菜園、ファッション、暮らし、健康に関する本、料理本…。

一冊一冊、ダンボールに詰める。

ふと、一冊の本に作業の手が止まる。

…何年も前に買った本だけど…、今、この本を読んだらどう感じるのだろう?

そんな好奇心が湧いて、「神との対話」という本のページをパラパラとめくりました。

人生とは発見でなく創造のプロセス。

だから、自分が何者であるかを知ろうとするのはもうやめなさい。

そうではなく、何者になりたいかを考え、そうなろうと決意し努力しなさい。〜「神との対話」〜

まるで、心を見透かされたような文章で、笑えた。

スポンサーリンク

こちらも参考になります