ドリーン・バーチューの「女神の魔法」のシンクロニシティ

昨日「4のゾロ目のシンクロニシティ」についてブログを書きましたが…、なんと!さらなるシンクロニシティが起こりました。

2019年1月に初めてバリ島に来て、ウブドドレミゲストハウスにお世話になり、その際に、「この子がなんか行きたいって言うのよ」と、オーナーさんからドリーン・バーチューの「エンジェルワード」という本を勧められました。

日本に帰国してから、その本を中古でパートナーが購入(絶版なので)

エンジェルワード―あなたの人生を変えるアファメーションブック
ドリーン バーチュー グラント バーチュー
JMAアソシエイツステップワークス事業部
売り上げランキング: 425,131

そして、昨日「この本を購入した人にオススメの本」ということで、ドリーン・バーチューの「女神の魔法」という本がメールに入っていました。

新版 女神の魔法---天使と女神のガイダンス
ドリーン・バーチュー
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 263,900

「ドリーン・バーチューの”オススメ本”は初めて来たよ。しかも、このバリ島にいるタイミングでか?!」と、パートナーは何やら”いつもと違う感覚”を持ったらしい。

ちょうどKindle本が出ていたので、バリ島でも買って読める!

そして、わたしとパートナー、二人とも購入しました。

そして、読んでみて驚いたのは…。

「444」のゾロ目には「天使がそばにいます」という意味があるのです。

という部分は、まさに昨日ブログの記事に書いた「4のゾロ目」についてです。

そして、もっと驚いたのはこちらの文章。

アフリカで発祥した「オルカメ文明」はメソアメリカ文明の母とされ、メキシコ南部と南アメリカに最初にピラミッドを建立した文明です。

自分たちのことを「チー」(またはシー)民族と呼んでいましたが、それがチチェン・イッツァの最初の音「チ」です。

ウブドのピラミッド「PYRAMIDS of CHI ピラミッド オブ チ」でサウンドヒーリングを受けました。

その時、「CHI 」というのはなんだろう?

と、すごく疑問に思っていたのです。

それが、まさかまさか、「女神の魔法」の本で、情報を得られるとはまったく思っていなかったので、驚きました。

あのピラミッドは”エジプトの”ではなく、どうやら、この「チ民族」が最初に建立したピラミッドの方を指していたんだな、とわかりました。

「女神の魔法」の本、どうやら今回の”わたしたちのバリ旅”とシンクロしているみたい。

この本をさらに旅の途中、読みすすめて見ようと思います。

スポンサーリンク

こちらも参考になります