デルタ航空の機内食(ハワイ) ちょっと笑えるベジタリアン食

初めてのハワイは2014年の3月。

成田→ホノルル、デルタ航空で行きました。

デルタ航空の機内食 「特別食」の正体は?

デルタ航空では、小さなお子さんにはチャイルドミート、アレルギーのある人や宗教上食べてはいけないものがある人などに対応するため、エコノミークラスの普通食の他に「特別食」を選ぶことができます。

特にわたしたち夫婦は「ベジタリアン」というわけでもないのですが、

乗り物に酔いやすい体質なので、できればガッツリお肉系の食事よりも、アッサリとしたベジタリアン食がいいかなぁ?

ということで、半分、興味もあり、「ベジタリアン食」をオーダーしてみました。

そして、今回は席も、体に気遣い、エコノミー料金に追加をして「エコノミーコンフォート」というちょっと広めの、一番前の座席を確保しました。

デルタ航空エコノミーコンフォート

一番前の席なので、目の前のモニターがよく見えます。

目の前に座席がないので、広々〜♫

こんなふうに膝から壁までは、まだまだ 距離があります。

エコノミーコンフォート

座席の横のアームを取り出すと、モニターが出てきて、映画が観られます。

デルタ航空機内食ハワイフライトをはじめて、安定体制に入ったので、テーブルを用意して、

お待ちかねの機内食の時間です。

テーブル 「特別食」はエコノミークラスの中でも誰よりも早く、テーブルに持ってきてくださいました。(通路を挟んだ前に座っているビジネスクラスよりも早い!)

おかげで、誰よりも早く食事を始めることができます(笑)。

さてさて、注目の「特別食」のベジタブル食(ベジミール)の正体は、こちら。

特別食

結構、立派!!

フルーツがなかなか美味しかったです。

細長いタイ米とお野菜もインド系な味付けで気に入りました。

そして、2回目のお食事(朝食)がこちら。

食事

コーヒーにオレンジジュースとオレンジゼリーと野菜サンド。

「デルタの機内食、ベジタリアン食は、なかなかイケる!」

この時点では、まさか、帰りの機内食が、ああいうちょっとビックリ!!なものになろうとは、まったく想像もしていませんでした…。

ホノルル→成田での機内食に笑ってしまった!!

帰りもホノルル→成田はデルタ航空を利用。

行きの飛行機同様、座席は「エコノミーコンフォート」&機内食は特別食の「ベジタリアン食」をお願いしました。

でも、この機内食で、ちょっと笑ってしまうような出来事が発生。

なぜか、同じ「ベジタリアン食」をオーダーしたにも関わらず、わたしとパートナーの食事が異なっていたんです!

こちらがわたしのテーブルに運ばれた機内食。

わたしの機内食

そして、こちらがパートナーに運ばれた機内食です。

パートナーの機内食

まるで「間違い探し」のようですが、よ〜く見ると、わたしの食事にある「フルーツ」や「きゅうりの入ったサラダ」がパートナーの食事には見当たりません。

代わりに、クラッカーとチーズ、くまのプーさんのお菓子、そして、その下に何か赤い食品が…。

赤い食品はなんだろう?と、クラッカーをのけて取り出してみると…。

にんじんスティックの機内食

にんじんスティック!!!!(笑)

しかもジップロックのまま!!

これって、ジップロックのままお客様に出すのってアリ?国民性の違い?

「これ、チャイルドミートと間違えてるんじゃないの〜?」(いやいや、隣のシートの子供ちゃんともメニューが違うから間違えていないでしょう)

「オレの分のフルーツとサラダだけ飛行機に乗せ忘れたのかなぁ?」(そうかもね)

とはいえ、英語が話せないのでCAさんに聞けないパートナーとわたし。

にんじんスティックをパリパリ食べながら、パートナーが「ウサギになった気分。フルーツ食べたいなぁ…。」と。

フルーツ大好きのパートナーが、がっくりと肩を落としているので、仕方なく、彼にフルーツをあげました。

なので、写真には彼の食事にフルーツが写っています(哀)。

ともあれ、メインはとりあえず、二人ともの食事についていたので、ま、いっか。

メインは、こちら。

機内食2

グジュグジュの柔らかい野菜の煮込みといったお料理でした。

食べてみると、結構これも美味しかった。

ブログネタ的にも「美味しい」体験ができたので、わたしは満足♫

◼︎デルタ航空機内食 アメリカ編はこちら
デルタ航空 機内食 アメリカ編エコノミークラス

◼︎デルタ航空のカードを作ってみました
デルタ航空 カードを作ったことで実際に得た恩恵

スポンサーリンク

こちらも参考になります