バリ島といえばエステ・マッサージ!気楽に行けるウブドの街スパ

「癒しの島バリ島」といえば、エステ、マッサージなど、スパも欠かせない!

ウブドは「街を歩けばスパにあたる」と言いたいくらい、スパが数多く存在する。

しかも、日本よりもかなり安い価格でサービスを得ることができる。

日頃、肩こり、背中の痛みなど不調を抱えているわたしとパートナーにとっては、まさに天国のような環境。

まずは日本人が行っても安心な2店舗を紹介します。

スポンサーリンク

日本語で予約ができるJELATIK(ジェラティック)

日本だと、エステやスパは「女性のもの」という感じで、男性が受けられるスパがとても少ない。

なので、パートナーはアロママッサージが大好きなのだけれど、日常的に受けることが不可能。

だから、男女の区別なくアロマだろうがバリニーズだろうがリフレクソロジーだろうが、受けられるバリは、やっぱり男性のアロマファンにとっても、わたしたち女性にとっても「スパ天国」だと思う。

しかも、今回、電話で日本語予約できるスパを発見!

それがJELATIK(ジェラティック)

町歩きしがてら、気になるスパのメニューを集めるのも面白いです。

もし、空きがあれば、その場でも受けてもいいし、どのお店もスパメニューが豊富なので、カフェやホテルなどでじっくりとメニューを選んで、後日、ゆっくりと訪問するのもいいです。

JELATIK(ジェラティック)は、ハノマン通りからモンキーフォレストへ向かって、すぐのところです。

この石の看板が目印です。

この看板を見たら、敷地の中へ入ります。

なかなか立派な建物です。

ウブドの街スパにありがちな「呼び込み」がいないところが、ちょっと高級感があっていいです。

スタッフさんは日本語ペラペラで、「こちらへどうぞ」とまずはロッカーに案内されて、荷物を入れ、時計やアクセサリーを入れて鍵をかけるようにと促されます。

セキュリティー万全!

縦長の大きなロッカーなので、パートナーのリュックもラクラク入りました。(←なぜそんなに荷物が多いの?)

次にガウンを手渡してくださり、更衣室へ。

「お手洗いは行きますか?」も、日本語で聞いてくださるので、本当に何も心配なし。

お手洗いの後、手を洗う場所がわからなかったら、「こちらです」とすぐさま案内してくださり、本当に困ることがない。

海外では言葉が通じるだけでも、あまり緊張せずに、安心して身を委ねることができます。

今回はパートナーと一緒に「バリニーズマッサージ60分(RP.130,000)」と「リフレックマッサージ30分(Rp.80,000)」のトータル1時間半のスパタイム。

日本の10分の1くらいの価格で受けられるんです。

パートナーとは別々の個室で受けました。

こちらは紙パンツがなかったので、自前のパンツのままガウンを羽織り、足湯からスタートです。

カメラを施術室に持ち込まなかったので、写真がなくて残念なのですが、かわいいお花が浮いたフットバスの中に汚れた足を入れるのが、なんだか申し訳ないような気がしました。

足湯が終わったら、ベッドの上にうつ伏せになり、足からマッサージがスタート。

心地よい感じで1時間半が過ぎ、「シャワーは浴びますか?」と。

汗をかいていたので、お言葉に甘えてシャワーを浴びることにしたら…、シャワーには必要なボディーソープを手渡してくださいました。

シャワーはバスはあるんだけど、ソープがないところもたまにあるので、これは、うれしかった。

おかげで体も軽くなり、気分もサッパリ!

服を着替え、荷物を持って受付に行くと…、もうすでにパートナーがいました。

お水とフルーツの盛り合わせが目の前に運ばれてきました。

マンゴーとスイカがてんこ盛りです。

これをすべて食べたら、お腹いっぱいになりました…。

日本語通じるし、清潔だし、セキュリティー面もいいし、ソープもあるし、マッサージも気持ちよく、最後のてんこ盛りフルーツサービスも、とても「おもてなしの心」を感じるスパでした。

素朴なUBUD WELLNESS SPA(ウブド ウエルネス スパ)

UBUD WELLNESS SPA(ウブド ウエルネス スパ)はカキアンベーカリーの横の細い道を入ったところにあります。

こじんまりとした佇まいは”バリのおうち”という感じで、「これぞウブドの街スパ!」という感じで、ワクワク。

中に入ると、温かいジンジャーティーでもてなしてくださいました。

カップのお花が立体的になっていて、思わずつまんでみたくなる(笑)

建物も素朴で、気取ったところがなく、自然体で、なんだか温かさを感じます。

こちらは残念ながら、スタッフのかたは基本、英語なので日本語は通じませんが、日本語メニューがあるので、それを見ながら施術を選ぶことができます。

こちらのメニューで1番人気なのが、温かい石を使ったストーンマッサージ。

…でも、わたしとパートナーは選んだのはロミロミマッサージ(60分Rp.155,000)(←ひねくれ者?!)

案内された施術ルームは、オープンエアのベッドが二つあるお部屋でした。

バスタブがあり、その向こうにはブッダが静かに見守っています。

外の光が入ってくるので、開放感があります。

お部屋で紙パンツ、ガウンに着替えます。

まずは足湯に浸かり、その後、ガウンを脱いで、ベッドにうつ伏せになってマッサージ。

街なかにあるスパなので、時折、近所のお店の人の声や、テレビの音などが聞こえてきます。

マッサージを受けながら、ぼんやりとそれらの音を聞いていると、言葉がまったく理解できないので、いい感じでバックミュージックになり、心地よくなってきます。

すっかり夢心地になった頃…終わってしまうので、「90分にすればよかったかな」なんて、どんどん欲張りになってきちゃいます。

施術後、シャワーを使わせていただき、軽くオイルを流し、服に着替えました。

体から、ほんのりアロマオイルの香りがします。

ナチュラルなスパは自然体で、気取りなく、肩の力が抜けてゆきます。

もう一度受けたい街スパ

今回、JELATIK(ジェラティック)とUBUD WELLNESS SPA(ウブド ウエルネス スパ)の二つのスパをピックアップしましたが、技術的には正直、甲乙付け難い。

どちらも、気持ちよかった。

でも、わたしの個人的な好みとして、「次回もまた受けたいな」と思うのはJELATIK(ジェラティック)です。

その理由は、まず、鍵のかかるロッカーが完備されていること。

そして、日本語で予約ができ、スタッフと日本語のやりとりができること。

あとは清潔感とホスピタリティーが行き届いていること。

それがすべて安心感に繋がり、リラックスできました。

今回初めてのバリ島、初めてのウブド滞在で、わたしの体験したスパは、まだほんの数件。

ウブドの街は、本当に「数歩歩けばすぐにスパじゃないか?!」というくらい、たくさんのスパがあり、まだまだ行っていないスパがたくさん!

ウブドのスパは、通常日本では高くて頻繁に受けられない、全身のアロマトリートメントが2,000円くらいで受けられたり、リフレクソロジーなどは、30分くらいだと1,000円以下で受けられます。

今回は「全身トリートメント」にこだわってスパを回りましたが、次回はぜひ、「予約」とか堅苦しいこと(?)抜きで、本当にコーヒーを一杯飲むような気楽さで「足だけ」を毎日とか、マッサージを受けたい。

ウブドは外からガラス越しにリフレクソロジーなどの足のマッサージをしている様子が見えるスパもたくさんあり、多くのツーリストがマッサージを受けているので、安心して「ふらり」と立ち寄りマッサージができるんですよね。

長期滞在して、ぜひ、マッサージを活用して体のコンディションを整えて、首こり、肩こり、足のむくみとオサラバしたいわ。

スポンサーリンク

こちらも参考になります