シャスタの”秘密の丘”でレムリアに思いを馳せる

シャスタツアー2日目は、「レムリアの丘」へと向かう。

「え?レムリア?!…そんな名前の場所があるんですか?!」と聞くと…。

「いやいや、これはわたしが名付けたの」とガイドの晴子さん。

スポンサーリンク

本当の「聖地」は自分の足と感覚で探す

「レムリアの丘」の正式名称はわからないけれど、…多分、シャスタの観光(?)にはまったく名前が出ていない場所なのだと思います。

この場所以外にも、「レムリアの神殿」「ユニコーンの森」…など、ツアー中、晴子さん命名のスポットのいくつかを回ることになるのだけれど…。

「誰にも教えて欲しくない場所」だと晴子さんが言ったので、あえて、場所は調べないことにしました。

名もないけれど、晴子さんお気に入りの場所。

誰にも教えたくない秘密の場所。

そんな場所に、初対面のわたしたち二人を連れて行ってくださるのだから、ものすごくうれしい。

しかも、晴子さんは実にネーイングがうまい!

名もない場所が、その名前で呼ばれると、キラキラと素敵な場所のように感じられて、一目見たくて、登山しちゃう(笑)

なんだか赤毛のアンを思い出した。

りんご並木には「喜びの白い道」と名付けたり、美しい湖には「きらめきの湖」と名付けたりしていた、アン。

こういうのって、”おとぎ話の中だけ”のことなのかと思っていた…。

でも、このシャスタには、古代レムリア文明と縁のある場所、地下都市テロスがある場所、アセンデットマスターの「セントジャーメイン」が現れた場所…などなど、数々のスピリチュアルなストーリーがある。

ここで毎日生活している晴子さんに、「レムリア」や「ユニコーン」のインスピレーションが降りてくるのも、なんだかうなずける気がした。

日常生活の中に美しい景色があり、感動があり、イマジネーションがあって、羨ましい。

そして、本当の「聖地」というものは、ガイドブックに載せられている有名な場所じゃなく、自分の肌で「心地いい」「ここは気分がいい」と感じた場所が”それ”なのだと思えた。

「聖地」は、自分の足と感覚で探すものなのだ。

聖地「レムリアの丘」で過ごす

「見てみて。ここは本当は一面、湖なんですよ」と晴子さん。

眼下には広大な平原が広がる。

ところどころ細い川のように、今まで水があった名残が残っている。

水が満々とたたえていたら、どんなに大きな湖だったことか…。

視界の右のほうに、わずかに、縮小された湖の水が見える。

快晴の空は雲ひとつなく、青い。

車に乗るまで寒くてダウンを着込んで震えていたのに、今は、まるで小春日和のように暖かだ。

「レムリアの丘」の頂上には、結構広めの平らな開けた場所があり、そこからは、あたりをぐるりと360度見渡せた。

マウント・シャスタを眺める。

ちょうど太陽がマウント・シャスタの方向にあり、白い山肌がキラキラと光って眩しかった。

晴子さんがマウント・シャスタを正面に眺める場所に腰を下ろし、瞑想を始める。

わたしも真似てみようと思ったのですが…、なにせ太陽の光が強力すぎて…目が痛い!

他の場所を探す。

パートナーは湖の方向に向かって腰を下ろした。

わたしは…とキョロキョロしていたら…、大きな樹を発見!

「その樹はジュニパーですよ」と晴子さん。

「え?これがよくアロマオイルで見かける、ジュニパー?!」

初めて見るジュニパーの樹。

たくさんの実が鈴なりだ。

この実は「ジュニパーベリー」と言うのだそうだが、「ジン」の香りの元となるものらしい。

この樹の下に座ると、すごく爽やかな香りがした。

しばし、この木陰で休憩させてもらう。

ひんやりとしたかすかな風とともに、香りが運ばれてきて、すごく癒される。

あとで調べてみたら、ジュニパーは「ヒノキ科」らしいので、樹自体も香るらしい。

丘にはわたしたち3人だけで、他に誰もいない。

太陽の光とかすかな風の音だけで、あとは何も聞こえない。

時間が止まってしまったかのようだ。

まさに「聖地」

心が落ち着く。

しばらくすると、晴子さんが立ち上がるのが見えた。

わたしたちもそれに合わせて、立ち上がった。

シャスタからセージとアバロン・シェルをいただいて…

帰り道、セージを摘みながら山を下る。

セージはスピリチュアルな儀式で浄化に使われる植物。

ネイティブ・アメリカンはアバロン・シェル(アワビの貝殻)に少量の土を入れて、スマッジング(セージに火をつけて、その煙で浄化する)をしたのだそうです。

生まれて初めて、咲いているセージの花を見る。

あとで調べたら、黄色い花のセージは「エルサレムセージ」と言う名前でした。

ネイティブ・アメリカンが儀式で使うのは「ホワイトセージ」と言うもので、「エルサレムセージ」はちょっと種類が違うのですが、乾燥すると、香りがとても似ている。

「花がついたセージは、”新しい始まり”で、いいですよ」と晴子さん。

その言葉に「それ、わたしたちにピッタリ!」とわたしが返したら、晴子さんに笑われてしまった…。

そう。53歳だけど、未だにいつも「今年は何があるのかな?」とワクワクしている。

わたしの人生はいつも予測不能だ。

去年は、まさか関東から岐阜に家を買って住むだなんて思いもしなかった。

今年はパートナーはロードバイク、わたしは「骨盤ネジしめエクササイズ」に出会い、二人とも体力がつき、体型が変化した。

そして、シャスタ来れることも想像していなかった。

そんなふうに、毎年、新しいものに出会えていて、その度に、価値観や意識もどんどん変化しているので、本当に人生が「いつも新しい」感じなのだ。

改めて、そんな人生が送れていることに気がつき、感謝。

そして、シャスタ・シティでアバロン・シェルとスタンドを購入。

さすが!パワースポットシャスタ!

街にお店って10件くらいしかないのに…、ちゃんとこういうスピリチュアルグッズのお店がある。

入り口でマリウス・マイケル・ジョージが描いた特大アートプリント「セイント・ジャーメイン」がお出迎えの、わたしが入ったこのお店は「ソウル・コネクション」

摘んだセージを干して、購入したアバロン・シェルの上で炊くと…、いつでもシャスタを思い出せそう。

シャスタの温泉を初体験する

2018.11.24
スポンサーリンク

こちらも参考になります