ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

ザ・シークレット 小切手の書き方で大きく願望実現度が変わる

ザ・シークレット 小切手の書き方で大きく願望実現度が変わる

ザ・シークレットの「魔法の小切手」を知っていますか?

宇宙銀行から、自分の好きなだけお金を引き出すことができる、夢のような小切手なんです。

でも、実はこの小切手の書き方にちょっとしたコツがあるんです。

これを知っているのと知らないのとでは、願望実現度が変わってくるんです。

スポンサーリンク

魔法の小切手の効果的な書き方

わたしが宇宙銀行の小切手の存在を知ったのは、「ザ・シークレット」の実践編とも言える「ザ・マジック」を読んでから。

「ザ・マジック」の中に書かれた毎日のワークを28日間すべてを実践すると、引き寄せの法則のコツが自然に理解できて、身につくというもの。

ロンダ・バーン
角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-02-09
¥ 1,728

そのワークの17日目「魔法の小切手」というのが、この「宇宙銀行に好きなだけのお金を小切手に書いてオーダーしましょう」なんです。

宇宙銀行の小切手の書き方

写真は本書の210ページにある「魔法の小切手」の見本なのですが、白黒だし、「著名」に「宇宙」と書かれていて、なんとな〜くこれをコピーして使うには、どうもテンションが上がらない。

日本人だけど、やっぱり「宇宙」じゃなくて「The Universe」の方が本物っぽくて、いい感じ。

ということで、「ザ・シークレット」&「ザ。マジック」の著書、ロンダバーンさんのサイトへいって魔法の小切手を印刷してみました。

ザ・シークレットの小切手だよ

こちらのほうがカラーだし、素敵じゃないですか。

これをキレイにハサミで切り取って使います。

準備が整ったら、あれこれ思いを巡らせて、欲しい金額を「魔法の小切手」に書きます。

宇宙は無限。好きなだけ宇宙銀行にお金をオーダーしていいんですよ。宇宙はそれをプレゼントしてくれますから。

と言われても、「あれも欲しいし、これも欲しい」って欲が出てくる。

「じゃ、それを全部買うには、このくらいあれば買えるかな?」なんて考えて、最初はおおよその金額を「魔法の小切手」に書いていました。

う〜ん。これがなかなか実現しないんですよね…(汗)。

でも、パートナーはこういうのがすごく上手で!(上手というのもヘンだけど)

カメラとかレンズとか、結構お高いものを、次から次へとバンバン、不思議とお仕事が入ったりとかして、この「魔法の小切手」で手に入れている。

わたしとどこが違うのかなぁ?って思って、パートナーに聞いてみたら、キチンと欲しい物の金額を調べて、ひとつづつオーダーしていたんです!

魔法の小切手には「自分が本当に欲しい!」と思うものを、ひとつ購入するための金額を書くんです。

この「ひとつ」というのが、実は、願望実現度を上げるためのコツなんです。

わたしみたいに欲しいものを沢山思い浮かべて、なんとなくの金額を「魔法の小切手」に書いてみても、願望への集中力が散漫になってしまっているので、初心者さんでは難しいみたい。

ザ・シークレットの引き寄せの法則を使い始めの初心者さんは、まずは一番欲しい物の金額を、そのまま書くのがオススメです。

「このブランドのこのいくらいくらの財布が欲しいから、小切手に書く金額はこれ!」とか。

これなら、欲しいもののデザインも色も形もブランドも金額も明確だから、焦点が合いやすいんです。

すごく手堅い。

小切手に金額を書いたら、あとはそれを目につくところに置いて、毎日眺めて、それが手に入った場面を思い浮かべて楽しい気分に浸ります。

それが叶ったら、感謝して、また新しい「魔法の小切手」に書き換えます。

ザ・シークレットの「魔法の小切手」の効果

こうして具体的に「欲しい物」を具体的にひとつに絞って、わたしもようやく、小切手を書いて色々と手にいれられるようになりました。

たとえば、この方法で、この素敵な万年筆を手に入れました。(限定品だったけど、手に入りました)

デルタ万年筆

そして、この本革の手帳カバー。(金色の魔法の文字っぽいのが気に入っています)

手帳カバー

他にも、憧れだった鉄板焼きの「うかい亭」で家族全員で食事をすることが叶ったり…、前よりは少し引き寄せがうまくなってきた感じ。

最初は、「いくらでも好きなだけ、自分の欲しい金額を書いていいよ。宇宙銀行が君にそれをプレゼントしてくれるから。」

なんて言われても、半信半疑。

半信半疑な上に、欲しいものをひとつに決めていなかったので、なかなか叶わず、迷走していました。

でも最近は、小さな成功体験の繰り返しで、なんとなく信じられるような気分になってきました。

オーダーしたものがひとつひとつ叶っていくのを体験していくと、「本当なんだ」自信みたいなものもついてきたりします。

でも、反面、「これって、ちょっと頑張って貯金すれば買えるじゃない?!」と思ってしまうところって、正直あるんですよね。

いやいや、疑うと受け取るのを阻んじゃうから、実現が遅くなるので、「信じる!」に清き一票!ですけどね(笑)。

そろそろ今度は、金額の大きめなものに挑戦してみるのもアリかな。

人気のある記事

Return Top