ホノルルでお買い物巡り お気に入りのショッピングスポット

ハワイのホノルルは、わたし的には「海のある表参道」だと思っている。

ティファニーにルイ・ヴィトン、コーチ、トリーバーチなど路面店がずらりと並び、サーフ系にはクイックシルバー、リゾート系なトミー・バハマやトリ・リチャード…。

その他にも小さくて可愛いショップが軒並みお店を連ねているし、ショップも夜遅くまでやっているので、あらゆるものが手に入るショッピング天国だ。

リゾートウエアから水着、化粧品、バッグ、靴、スーツケースまでなんでも揃うので、もしかしたら身一つで来てもイケるのではないだろうか、とすら思う。

というわけで、ハワイ2日目はトロリーに乗ってショッピングに出かけることにしました。

スポンサーリンク

アウトレットのノードストロームラックへ

「ノードストローム」はアラモアナセンターに入る全米展開の高級デパート。

そのアウトレットを扱うのが「ノードストローム・ラック」

このお店はワイキキトレードセンターの2階とワード・ビレッジの2店舗。

どちらに行こうか迷い、アラモアナSCから徒歩15分くらいのところにあるワード・ビレッジ店に行って来ました。

こちらの方が規模が大きいんです。

1階がメンズ、2階がレディース&ファミリー。

アウトレットなので山のように商品が陳列されていて、その中から「サイズが合えばお宝になる」という、いわば宝探しのような雰囲気が楽しめます。

特にメンズのアロハシャツの充実ぶりはすごくて、いつもは「買い物は疲れる」と言っているパートナーが早くも商品ゲット。

トリ・リチャードのシャツが約半額!(5,000円ほど)

やっぱりハワイに来たら、アロハ、欲しくなりますよね。

そういうわたしも水着の上に履くワンピースもどきと水着のパンツの色落ちが激しかったので、水着のパンツだけを購入。

お値段は…忘れちゃいましたが、30%オフくらいで購入できました。

ほとんどがビッグサイズで、日本人は、なかなかサイズ探しには苦労しますがサイズが合うと、本当にお値打ち!

ついでにお隣の同じくアウトレットのT・J・MAXXものぞいてみると…。

こちらは生活用品やおもちゃ、スーツケースの他、クロエやエスカーダのドレスなどブランド品の品揃えがノードストローム・ラックよりも豊富な気がしました。

そして、こちらは型落ち品ではなく、リアルに”旬”な、そのシーズンのものが販売されているところが素晴らしい!

パートナーはここでナイキのランニング用品一式を購入。

「欲しいなぁ」と思いつつも、日本ではなかなかランニング用品一式も高価で手に取れなかったパートナーですが、…ひとこと「かっこいいい!」と。

”旬”なものはテンション上がりますね。

さらにお隣のサウスショア・マーケットへ。

このお店は、なかなかハイソな雰囲気で商品陳列も美しい。(アウトレットではありません)

…が、もう足が疲れたのでこれ以上歩けない…。

1階の「ザ・コーヒー・ビーン」でおやつと飲み物を購入して、一休みです。

木の実のぎっしり詰まったような、このスコーン、結構美味しくて!

ただ、とても大きいのでパートナーと半分こ。

そして、外のテーブルで、しばしボ〜ッと…。

活力を得たところで、15分歩いて、アラモアナSCに行くことに。

途中、現在ワイキキで一番お高いと言われるマンションを見上げる。

「最高額1億円のマンション。ペントハウスは22億円!」とトロリーのガイドさんが言ってた。

ラナイにはバーベキューの設備が完備されているそうな。

「これにあやかって金運アップ!」と、思わず信号待ちで拝んでみた(笑)

ここを通り過ぎると、程なくアラモアナSC。

アラモアナSCはワイキキで一番広いショッピングセンター。

広大すぎてとてもじゃないけれど数時間じゃ回れない!

ハワイアンジュエリー「フィリップ・リカード」はアラモアナSCからインターナショナルマーケットプレイスに移転していました

ここに寄ったのは、4年前「フィリップ・リカード」で作ったハワイアンジュエリーの結婚指輪を磨いてもらうため。

しかし、「フィリップ・リカード」は残念ながら、2016年8月にワイキキの新しくできた「インターナショナルマーケットプレイス」に移転したらしい。

…ということでトロリーに乗ってロイヤルハワイアンへ向かい、そこから歩いてインターナショナルマーケットプレイスへ。

1階の入り口すぐそばに「フィリップ・リカード」発見!

かなり疲れていたのでお店の写真を撮り忘れてしまいましたが…、5分ほどの時間で指輪を磨いていただいて、とてもキレイになりました。

生まれも育ちも「メイドインハワイ」のオーダーメイドの指輪。

フィリップ・リカードの指輪はダイヤモンドなどの宝石が入っていなくても、”彫り”の陰影だけでキラキラと光り輝いて見えるのが美しく、重厚感があるのが好き。

わたしとパートナーのジュエリーには内側に「マナ(自然が宿す霊力や超自然的エネルギー)」の文字が彫られています。

この指輪を作ってから4年。

さらに2年前にわたしの指のサイズが変わり、東京の水天宮の日本支店(と言っても”店舗”ではなく担当の方と直接面談する形)でサイズのお直しをお願いして、その時に美しく磨かれて返って来たので…。

「そんなには汚れていないだろう」と思っていたのですが、すごい!

磨く前と後とでは、輝きが全然違うっ!

やっぱり定期的にメンテナンスが必要なんだなぁ、と実感。

そして、指輪を磨いていただいている合間に、チラチラとショーケースをのぞいて…。

小さなプルメリアのピアスをパートナーに買ってもらっちゃいました。

それと一緒に、「次回、ハワイに来てまた指輪を磨く時まではこれを使ってね」と、ジュエリークリーナー(写真左)をいただきました。

液体が汚れるまで何度でも使用できて、今日購入したピアスも、磨いていただいた指輪も、これに浸せばキレイになるそうなので、ちょっと得した気分。

そうそう。

お店の方が、わたしたちと同じように以前「フィリップ・リカード」でアクセサリーを作られたお客様が移転したことを知らずに、アラモアナSCに行ってしまうほとが多い、と言っていました。

わたしたちも、ワイキキに新店舗ができたことは知っていましたが、「店舗が増えた」のだとばかり思っていて「移転」とは思っていなかったので、事前にお店の情報をしっかりチェックした方が確実ですね。

インターナショナルマーケットプレイスを出て、再び歩きます。

花のモチーフのリゾートドレスはブルー・ジンジャーがかわいいよ!

急に、「あ!」と大声を出すパートナー。

え?なになに??

慌ててパートナーの方を見ると、お店のポスターを指差し、「これ、すっごくかわいい!」と言って、さっさとお店の中へ入って行ってしまい、後を追うように、わたしも中へ。

後から調べたのですが、このお店、25年以上もハワイの人々に愛されているお店で、すべてがオリジナルだそう。

パートナーはポスターのドレスを探しているみたい。

その間、わたしは自分の気に入ったドレスを探す。

「ああ、これこれ!」と、パートナーが探し当てて持って来たドレスと、わたしが見つけたドレスの両方を試着してみる。

「う〜ん。こちら(パートナーが選んだ方)は”夏のお嬢さん”って感じだな。かわいいけれど、日本で着ると浮くかな…。

hinakoちゃんのは、日本でもハワイでもどちらでも着られそうだね」

ということで、わたしの見つけたドレスを購入しました。

さらに、「上着もあるとリゾートは万全だね!」と、ビーチリゾートにぴったりな白いカーディガンをパートナーが選んでくれました。

この素敵なドレスはホテルで明日行われる「マネージャーズ・レセプション」でぜひ、着よう!

そして、さらにお店巡りは続き…、大好きなトミー・バハマへ。

ワイキキのビーチ通りのトミー・バハマ

日本にも店舗があるので、日本人にも馴染みがあるトミー・バハマ。

1階がショッピングフロアで2階がレストランになっています。

ハワイ島のマウナラニリゾートに宿泊した時、敷地内に「トミー・バハマ」があり、また沖縄のブセナテラスでお洋服を調達した時も知らずに購入した服が「トミー・バハマ」だったり、”南の島””リゾート”には欠かせないブランド。

こちらではホルターネックの服に一目惚れ。

この服に合いそうなかわいい麻のパンツも発見して、購入。

なんだかたくさん買っちゃいましたが、このお洋服たちを買って、すごく役立ちました。

ハワイに来てみたら太陽の明るさの違いなのかな、日本から持って着た服がなんとなく違和感…。

持って来た洋服は広げてみたものの、冴えなくて、なんだか着るのが恥ずかしくて…。

結局、家から持って来た服は日本への行き帰りに着ただけで、あとは現地で購入したものを着ていました。

だったら、最初から何も持ってこなきゃよかった…と思ったくらい。

「現地に行ったら、その場所にフィットする服を購入する」というのが一番シンプルなのかも、と学びました。

スポンサーリンク

こちらも参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です