2回目の米澤式健顔サロンで施術&レッスンを受けてきました

迎えた2回目の米澤式健顔サロンでの施術&レッスン。

初回と同じスタッフさんが担当してくださり、肌トラブルを抱えたままだったので、すごく安心感。

スポンサーリンク

大さじ1杯のクレンジングを手に取ったスタッフさんに「この半量を両頬に置いて、残りをおでこと鼻、顎に置いてください」と指示され、クレンジングを肌に置き、家でやっていたようにマッサージをしてみる。

「だんだん指先が顔から離れていますよ。力をゆるめてぴったり添わせて」

「頰のカサブタは意識しない。意識すると指が立って力が集中してしまう。そうすると肌がガードして固くなるので『何も無い』と思ってゆるめて」

細かく、手の動かし方を修正していただいた後、「じゃ、あとはわたしがやりますね」と、横になってスタッフさんの手に肌を委ねる。

心地よくて、温かくて…なんだか全然違う!

すごく大切にされている感じ。

肌トラブルを一瞬忘れ、なんだか心が満たされる。

不思議だけど、これだけでキレイになっていく気がする。

人の手って偉大。

自分でクレンジングする時の手もこれに近づくように、これからは自分の肌に思いやりをかけてあげよう。

クレンジングを流し、洗顔、パックをして、流す。

やっぱり、クレンジングは大丈夫だけれど、洗顔料が唇に沁みて、ピリピリと痛痒くなる。

乳液をつけていただくと、不思議と痛みが治まる。

カウンセリングルームに移動すると、すれ違った他のスタッフさんに「わ!目がものすごく大きくなりましたね!」と声をかけられる。

鏡を見ると、サロンに来た時の2倍くらいの大きさに開いていて、まぶたが軽い。

「今日は米澤式の化粧水と乳液のつけ方をおつたえしますね」とスタッフさん。

新たなテクニック習得にドキドキ。

スタッフさんがレクチャーしてくださった通りに手を動かしていくと…。

いつもは化粧水がピチャピチャと肌の表面を跳ねているような音だったのが、ピタピタという肌に吸い付く感じの音に変わる。

実際、今までのやり方では肌の表面に化粧水が飛び散っているだけで、まったく肌に入っていなかったみたい…。

やっぱりキチンとサロンで学ぶと、肌への効果が違う気がする。

当然のことながら、一度の来店では伝えきれないので、何回かの施術を通して、少しづつレクチャーしてくださるようだ。

これは、何回か通う必要があり、実践&練習あるのみだ。

そして、術後のカウンセリングの時、疑問に思うこと、わからないことを質問してみた。

hinako
唇と頬に炎症の後のカサブタがあり、それがめくれてくるのですが、どうしたらいいですか?

唇の方には皮脂腺が無いので、化粧水は入れなくて良いです。皮がめくれたら、乳液を食事の後など、こまめにつけてみてください。

乳液を小さなボトルに入れて、持ち歩いてもいいですね。

頬の方は皮脂腺があるので、化粧水で毛穴を引き締めてください。

皮がめくれても乳液をたっぷりとつけると落としにくくなる上に、自分の肌の脂が出てこなくなるので、できれば放っておいてください。

クレンジングで落ちていきます。

そして、「カサブタがあるから」と特別扱いせずに、他の部分の肌と同じように扱ってください。

hinako
顔の産毛剃りはどのタイミングで行えばいいですか?

現在は一週間に一度の割合で口周りと顎、頬をT字カミソリで剃っています。

T字カミソリだと肌の角質まで削いでしまうので、スティック状の電動フェイスシェーバーがおススメです。

化粧をした上から使うと滑るので肌に負担が少ないですよ。

できれば一番シンプルな形のものが使いやすくてオススメです。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ 白 ES-WF40-W
パナソニック(Panasonic) (2014-04-21)
売り上げランキング: 5
hinako
これからの季節、紫外線が気になるのですが、米澤式で扱っているファンデーションは紫外線防止効果はありますか?

「SPFいくつ」とは書いていませんが、光を反射するような感じのものです。

ただ、”粉”なので、夏などは汗で落ちやすいです。

こまめに塗るといいと思います。

でも、日に焼けるというのも、肌をキレイにするチャンスなんですよ。

そのあと、米澤式で洗顔すると不要な角質がたくさん落ちますから。

色々わからなかったことが明確になり、よりお手入れを楽しめそう。

クレンジングをするとき「今日のお肌はどんな感じかな?」と心を傾けてあげたり、洗う時、「洗い流し忘れはない?」

化粧水を入れながら「今日も白くなったね!ピカピカだわ!」と言葉をかけてあげたり。

もっと「肌思いなわたし」になろう。

思いをかけた分、きっとキレイになれる!

スポンサーリンク

こちらも参考になります