岐阜 パン好きにはたまらないラスティコの超絶美味しいパン

引越しの日、「忙しすぎて食事もできないだろうから」と、妹が岐阜で美味しいと評判のパン屋さん「ラスティコ」のサンドウィッチを持ってきてくれました。

それがものすご〜く美味しくて!

散歩がてら朝のモーニングに行ったのをきっかけに、お昼のランチに行ってみたり、夕方に行ってみたり…。

ここ数日は、時間を変えて毎日通っている(笑)

スポンサーリンク

朝:ちょっと高価だけど、お持ち帰り袋がもらえるモーニング

岐阜の朝は「モーニング」で始まる。

モーニングはコーヒー(あるいは飲み物)の値段でパンやサラダが付いてくるサービスで、その平均的な飲み物のお値段は400円〜600円くらい。

ラスティコのお飲み物のお値段は、ブレンドコーヒーは590円と、まぁまぁですが、わたしの好きなロイヤルミルクティーなぞは1,000円!!

とまぁ、ホテルのラウンジ並みに高価!(それでもオーダーしちゃうんですけどね)

ちょいと高めだけど平日でもモーニング待ちの行列ができる。

来店する客層もイヤリングしたオシャレな女性が多く、美意識高い系の人に好まれるパン屋さんのようです。

さて、待ちに待ったモーニングはこんな感じ。

サラダとマッシュポテトと7種類のパン。

パートナーのお皿には、わたしとは違う種類のパンが盛られていたりします。

とにかく、すんごいボリューム!

「朝からこんなに食べられません…」という感じなのですが、すべてのパンが焼きたて、美味しいバターたっぷり乗せられているので、香ばしくて。

気がついたら、4個くらい食べちゃっていました…(笑)

でも、さすがに7個は無理!

食べ切れない場合は「パンのお持ち帰りの袋」をいただけるので、帰ってから「おやつ」もしくは「お昼のパン」の分までできちゃう感じです。

なんて太っ腹なモーニング!

昼:飲み物+300円でお腹いっぱいなランチ

モーニングの時間は11時までなのですが、席が空くのを待っていて、ようやく着席したら11時を過ぎてしまうことがあります。

そんな時は「モーニング」でなく「ランチ」をオーダーすることになります。

ランチはドリンク+300円でグラタン、ラザニア、キッシュの3種類から選びます。

わたしはグラタンランチをオーダー。

まずはサラダとお皿から高くそびえるカンパーニュ系のパンが運ばれてきます。

もうこれだけでテーブルいっぱいなのですが…。

続けて、グラタンも運ばれてきます。

二人でいただくと、本当にテーブルいっぱい!

またまたボリュームがすご過ぎて、「全部食べられるかなぁ」と不安になりますが、パンはお持ち帰り袋で持って帰ることができるので安心です。

グラタンも熱々、トロトロ。

溶けているチーズも美味しくて、質の良さを感じます。

モーニングが間に合わなくても、こんなに美味しいランチがいただけるので、席が混んでいても待つ甲斐があります。

夕方:飲み物をオーダーするとサービスでトーストが付いてくる

15時過ぎは、店内が静かになります。

わたし的には「モーニング」でササッと食事的にいただくよりも、まったりできるこのティータイムの時間が一番好き。

ティータイムといえども、さすが喫茶店の国、岐阜。

飲み物をオーダーすると、ティータイムなのに「シナモントーストかクラフティをサービスしているんですけれど。どちらにされますか?」と聞かれます。

もちろん、代金は飲み物代のみ。

そして、この時間にサービスされるシナモントーストを、「ただのトーストでしょ?」とみくびってはいけない。

このシナモントースト、食パン一枚しっかり。

しかも、今までわたしが食べてきたどのパン屋のどのパンよりも、超絶美味しいんです!

関東に住んでいる間(15年くらい)、東京の世界的に有名なパン屋さんのパンを数々食べてきましたが(ただの食べ歩きだけど)、それを、もう忘れてしまうくらいの美味しさ!

焼きたての食パンにたっぷりのバターとシュガー、シナモンをかけた真心の味だからでしょうか。

トーストなのに、めちゃくちゃ感動する美味しさなんです!

しかも、食べ終わる頃に「お代わりされますか?シナモントースト、クラフティ、お任せパンから選べますよ」と店員さん。

「え?!いいんですか?…じゃ、お任せでよろしくお願いします」とご好意に甘え、お代わり。

二人ぶんのパンが一皿に盛られてきました。

お代わりパンは、一人2種類。

サンドウィッチ系のパンと甘いパンの組み合わせのようです。

そして、さらにそれを食べた頃に、「まだ食べられるようでしたらお代わりされますか?」と店員さん。

「え?まだお代わりできるんですか?!」と驚いて聞くと、「はい。3回まで無料でお代わりできるので、合計4皿まで大丈夫ですよ」と。

他のテーブルのお客さんも「え?お代わりしても料金は変わらないんですか?」と驚いている声が聞こえました。

せっかくなので、「これを夕飯がわりにしよう」と決めて、クラフティをオーダー。

しかも、このクラフティーもチーズケーキか洋梨かを選べて、本当に豪華!

シナモントーストから始めて、パンをコースでいただいて、締めにデザートまでいただけちゃった感じ。

もうお腹いっぱい。

まるで一日中モーニングサービス。

こんなに美味しいパンやスイーツを飲み物代だけでいただいちゃって、本当に大丈夫なのだろうか?

なんて思ってしまうけれど、パンは十数年、カフェは5年くらいになるそうなので、わたしが心配するまでもなく大丈夫なのでしょう。

岐阜に引っ越してから一週間。

岐阜の美味しいパン屋に巡り会えて、しかも、居心地のいいカフェも併設で、ものすごくうれしい。

カフェ好きのわたしとパートナーにとって、すでに「憩いの場所」になりました。

スポンサーリンク

こちらも参考になります