ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

ルーン文字 エイワズの意味と時間の使い方

ルーン文字 エイワズの意味と時間の使い方

母の葬儀が終わり、ようやく自分の生活に戻れた感じ。

ルーン占いで袋から、ルーン(占いの小石)をひとつ取り出す。

スポンサーリンク

ルーン文字 エイワズの意味は?

取り出したルーンは「エイワズ」。

「ユル」とも呼ばれます。

このルーンの意味は、防御、避ける力、イチイの木、死と再生。

イチイの木で古代北欧では「弓」を作ったそうで、「弓」が自分を守るための武器、あるいは攻めて、人を射ることもできるため、「防御」と「死」を表現している。

エイワズの意味

母の葬儀が終わり、慌ただしさは過ぎ、ここ数日、ようやく「いつもの日常」に戻ってきた感じがする。

葬儀だったからといって、イコール、ルーンの「エイワズ」というわけではない。

このルーンは、もっと日常に頻繁にある、ひとつのサイクルが終わり&新たなサイクルの始まる、ということを伝えていたりする。

言ってみれば、小学生から中学生に上がるような、そんな「何かを卒業して新たな旅立ち」にあたるものなのだ。

人生で誰もが出会うであろう「成長の門」のひとつだ。

だから恐れる必要はまったくない

エイワズの時間の有効な使い方

ルーン文字 ユルphoto credit: ‘Ajnagraphy’ via photopin cc

この「成長の門」の時間をうまく活用できたら、人生は大きく変化する。

小学生から中学生に上がる時には、新しい鞄、制服、新しい教科書、ノートも必要だ。

それによって、今まで使っていたランドセルや教科書やノートは不必要なものになる。

物を捨てれば捨てるほどサッパリするだろうし、新しい意欲も湧く。

また、制服はどのクローゼットに入れておくか?とか、これから新しく習慣化されるものの位置を決めておく必要も出てきます。

色々と整理整頓して、新しい中学生活に思いを馳せながら、準備万端整えて入学式を待ちます。

こんなふうに物が新しく変わる(変えざるを得ない)だけでなく、これを機に、望めば、自分のイメージも新しく変えることも可能な時期だったりもします。

今回、お通夜の日、出席していた中学生の甥っ子が突然、「明日のお葬式は欠席して、学校の期末試験を受けたい」と言い出しました。

その晩、彼は家に帰って、今までゲーム三昧で自分で掃除などしたことがない部屋を、生まれて初めてきれいに片付け、机に向かって勉強を始めたそうです。

彼はこの「死」という体験と、それに対する彼の思いを、彼自身の生きてゆく力に変換しようとしているのだと感じました。

そういう、今までのイメージを変える、習慣を変えて成長する力を得られるのが、ルーン「エイワズ」の時間です。

わたしも彼が行動したように、「この出来事を自分の人生にとって役立つ、あるいは有益なエッセンスに変換したい!」と、思いました。

自分が何になりたいか?どんな人生を歩みたいか?を決めて、必要でなくなったものは片付けて、未来の自分をイメージする

より素敵な自分になるための変化。

この時間は、人生のギフトなのですね。

ラルフ・ブラム
ヴォイス 1991-05-01
¥ 4,173

人気のある記事

Return Top