パレスホテル東京の内堀通り側は皇居パワーを感じられる場所

先日、パレスホテル東京に宿泊しました。

宿泊したのはクラブデラックスキングの内堀通り側のお部屋。

「パレスホテル東京に宿泊するなら、断然、和田倉噴水公園側」とのネットの評判。

でも、「パワースポット的観点」から見れば、是非、皇居に近い内堀通り側に宿泊すべし!

内堀通り側は朝の皇居の雰囲気が味わえて、清浄な気持ちになり、運気上昇できます。

スポンサーリンク

日本一最強パワースポット皇居を感じる内堀通り側宿泊はオススメ!

パレスホテル東京は東京メトロ「大手町駅」直結。東京駅からは徒歩8分。

2017年には「フォーブス・トラベルガイド」の「ホテル部門」にて、2年連続で5つ星の評価を得たラグジュアリーホテル。

皇居の内堀通り沿いにあります。

皇居といえば、「日本最強のパワースポット」と言われています。

風水学的に見ても日本の中でも最強の龍穴の上に作られていると言われています。

「気の良い」「波動の良い」場所だからなのか?

東京駅という多くの人がいる場所やホテル、オフィス街がすぐそばにあるにも関わらず、皇居周辺はどことなく落ち着きのある爽やかな空気を感じることができます。

この「爽やかさ」が最強パワースポット「皇居パワー」なのかもしれません。

この「皇居パワー」を感じられるお部屋が、今回宿泊したパレスホテル東京の内堀通り側のお部屋です。

お部屋の広さが45平米と、都内としてはちょっと広め。

バスとシャワールームが別なので、大変使いやすいお部屋です。

全体的に和のテイストが入っているので、わたし達くらいの年代(50代)には、この落ち着き感はすごく合う。

とはいえ、設備は豪華!(さすが!)

ネスプレッソなどが装備されたミニバーが鏡張りで、ものすごくカッコいい。

眩しいほどキラキラ!

このミニバーの写真を撮るのに、結構苦労しました。(パートナーが)

どの角度で写しても自分の姿が入り込んでしまうため、試行錯誤の末、しゃがんで下から撮影。

そして、豪華な鏡張りはここだけではありません!

お部屋の至る所(入口の前やクローゼットの向かいや、洗面所やら)も巨大な鏡が取り付けられており、ベッド周り以外はどこに行っても自分の姿が映っちゃう。

思わず、自分の姿をチェック。

「キャッ!PCのやりすぎで背中が曲がってる!」

…「セレブは姿勢がいい」というから、いつもこういう鏡張りの部屋でチェックしているのかもしれませんね。

見習わねば。

この写真を見ると「洗面所は普通かな」みたいに見えますが、この洗面所もかなりかなりゴージャス!

鏡にテレビ画面が埋め込まれているんです!

あ!もう鏡だらけで、何気にわたしの姿が写り込んでしまっていますね!(もう仕方がない)

ちょうど洗面台正面のバスタブの中に体を入れた状態で(服は着ていますよ)洗面台を写しているのですが、「お湯に浸かりながらテレビが見られる!」というものです。

ワンルームなのに、大きなテレビが寝室にもあるのにも関わらず…、なんて贅沢!

窓は少し狭めなのですが、それでも天井から足元まである窓は開放感があります。

人気の高い「和田倉噴水公園側のお部屋」はこの窓がもう少し広く、窓の外には都会では珍しくバルコニーが設けられていて、外に出て、椅子に座りながらゆったりと気持ちの良い風を直に感じることができます。

内堀通り側は外には出られませんが、皇居のお堀の内部がちょっとだけ見えるのが素敵です。

「テニスコートがあるのね」とか。

朝は、どなたかはわかりませんが馬に乗った姿も拝見することができました。

皇居の一部だけど(笑)なかなか上空からのアングルで眺めることがないので、こういうのって、ちょっと特別な感じがして面白い。

和田倉噴水側よりもより「パワースポットの方向へ顔を向けている」感がするのも、ダイレクトにパワーを浴びている感じがして、またいい。

夜は、皇居が目の前なので、基本真っ暗。

でも、皇居を挟んで、はるか彼方に夜景を見ることができるので、この遠さも「都会の喧騒から逃れ」といった感じでわたしは好き。

東京のど真ん中なのに、「遠くに東京が…」みたいな雰囲気が逆に新鮮。

でも、「どうしても和田倉噴公園側の夜景を眺めたい!」という場合は、クラブフロアに宿泊すれば専用ラウンジで和田倉噴水側の風景は大いに満喫できます。

専用ラウンジでお茶を飲んでゆっくりして、館内にあるエビアンスパのプールでひと泳ぎしてお部屋に戻ってみると、すでにターンダウンが終わっていました。

あら?スリッパ履いているのに、夜専用に新品のスリッパ?!

こんなフカフカな足触りの良いスリッパを一晩で一人につき二つも消費?!

あまりの贅沢っぷりに、驚く。

しかもよく見れば、ベッドの向かって左側はパジャマもスリッパも「Lサイズ」で右側は「Mサイズ」

ベッドのどちら側にパートナーが寝て、どちら側にわたしが寝ているのか、まるで「家で寝ているところを見てきたのか?!」と思うくらい、ドンピシャ(笑)

さっきまでミニバーの横にあったミネラルウォーターがベッド横に配置されているのも心憎い。

しかも氷まできちんと装備されている。

のど飴も。

窓のカーテンもしっかりと降ろされて、すっかり寝る準備が整っていました。

とはいえ、お部屋の心地よさも十分に味わいたくなり、ついつい夜更かし。

読書に励んでしまい、小腹が空いてしまったので、ついでにルームサービスも頼んでみました。

パレスホテルのルームサービスは24時間いつでも頼めます。

時間ごとにオーダーできるメニューが異なりますが、ホテル内のレストランの中華、日本料理、フレンチなどのコースの他に、アラカルトもO.K。

お部屋から一歩も出なくても、快適なホテルライフが楽しめるところが素敵。

真夜中なのに、お料理を運んでくださった際に、素敵な笑顔で「他にも私どもがお手伝いできることはございませんか?」と聞いてくださり、感動しました。

クラブ専用ラウンジでも、コンシェルジュさんがこの言葉を言ってくださるので、本当に「おもてなし」の心が素晴らしいホテルだと思いました。

次の日の朝、窓の外は皇居の緑が爽やかでした。

庭園が広くて、緑がもりもり。

朝は専用ラウンジで朝食。

1Fのグランドキッチンのビュッフェほどの種類はないのですが、グランドキッチンと同じものが並ぶので、クオリティが高くてとても美味しいです。

卵料理もオーダーすると作って、持ってきていただけました。

パワースポットの恩恵?!運気上昇!上質な生活にアップグレードできる予感

今回の宿泊は「結婚記念日宿泊」だったので、パレスホテル東京のマークが入った今治のタオルハンカチをプレゼントしていただけました。

ちょうど最近、今治のタオルハンカチをプレゼントにいただくことが多かったので、帰りにホテル内にある今治タオル専門店「今治浴巾(いまばりよっきん)」をのぞいてみることに…。

すると、ハンガーにかけられていた、タオルで作られたパフスリーブのワンピースのパジャマに一目惚れ!

色違いで2着と、ちょっと肌寒くなってきたので同じく長袖のタオル地のシャツ(?)も購入してみました。

パートナーのパジャマも「今治タオルのパジャマ」に新調です。

パジャマを購入するのは何年ぶりだろう?

パートナーもわたしも、今までは着古したTシャツやヨガパンツなどをパジャマ代わりに着ていました。

結果、古着が捨てられなくて、部屋着兼パジャマの数も増えてしまうし…なので、最近「服を捨てるたった一つの基準」を決め、「可愛いパジャマを買おう!」と決めた矢先でした。

そう決めたものの、なかなか「着てみたい」と思えるものがなかったのですが、パレスホテル東京に宿泊したおかげで、素敵なパジャマに巡り会えました。

タオルなのでチクチクしないし、肌触りも良くて心地よく眠れそうです。

真新しいお気に入りのパジャマを着ることで、運気もアップ。

ショップで包んでいただいている時に、すでに着用している自分の姿を想像して、ドキドキしました。

まさかまさかの開運グッズを手に入れちゃいました。

このパジャマを着るたびに幸せな気分に包まれ、セルフイメージが上がりそうです。

これも日本一の最強パワースポット「皇居パワー」をいただいた恩恵の一つかも。

スポンサーリンク

こちらも参考になります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です