ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

疲れが取れない原因はもしかしたら食物アレルギーのせいかもしれない?!

疲れが取れない原因はもしかしたら食物アレルギーのせいかもしれない?!

最近の疲れ方はなんだか尋常じゃない。

50代でホルモンの関係で体が変わるから、こうなのだろうか?

それとも今年は岐阜と神奈川を行き来していて、いつもより移動が激しいから?

今年はよくわからない熱を出して寝込むことが多くなったし、泥のように眠っても疲れが全然抜けない。

朝、起きると、吐き気のようにムカムカして動けない。

すると、「そういうのって、もしかしたら食物アレルギーが関係してるのかもしれないんだって!」とパートナー。

スポンサーリンク

「いつもの」疲れ、肩こり、花粉症、頭痛もしかしたら食物アレルギーかもしれない?!

「疲れやすかったり、いくら休んでも疲れが取れなかったりするのって、もしかしたらグルテン過敏症だったりすることもあるんだって」とパートナー。

その手には「最高の休息法」という本。

ハーバード×MBA×医師 働く人のための 最強の休息法
猪俣 武範
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-08-26)
売り上げランキング: 9,241

グルテン過敏症は色々な症状を引き起こすことで知られています。

頻繁な頭痛やめまい、体がだるく、いつも体調が優れず、気分が晴れない。

もし、こうした症状がある場合は病院で一度アレルギーの検査をおすすめします。特に小麦を食べた後に症状が出る人は要注意です。

やだ!

いつも体がだるいし、おまけに無類のパン好きで、小さい頃から小麦粉を一日も欠かしたことがないわ!(どうしましょう)

主食がレトルトパスタだった時期もあるし…(汗)

「5人に1人が持っているって言われているんだって。症状が慢性化しちゃっているから本人も気づかないらしいよ」

「えええ〜?!じゃ、そのアレルギーである可能性もアリアリかも」

この間、花粉症のアレルギー検査を受けて、意外な結果も出ちゃったし…。※詳しくはこちら

花粉症のアレルギー検査でも、アレルゲンを特定できたことで対策が取りやすくなったから、これも受けてみようかなぁ。

でも、「食物アレルギー」として呼吸困難とか、蕁麻疹とか症状が出るわけじゃないんだけど…、検査は受けられるのかしら?

病院で受けられる「IgEアレルギー検査」と、認められていない「IgGアレルギー検査」

色々と調べてみると、食物アレルギーには2種類存在することがわかりました。

  • 食物を食べて症状がすぐ出るアレルギー(IgEアレルギー )
  • 食物を食べてからの反応が遅いアレルギー(IgGアレルギー)

通常病院で「食物アレルギーですよ」と言われるのは、症状がすぐに出るアレルギーの方。

一方、反応の遅いアレルギーは、発症までに数時間、あるいは数日かかるそうなので、症状があったとしても一体何のアレルギーだかもわからないことが多く、発見されにくい。

しかも、この発見されにくいアレルギーは、毎日、大好きで食べているものが抗原になっていたりするのだそうで、なかなか厄介。

そういう反応が遅いアレルギーを、遅発性アレルギー(IgGアレルギー)っていうんですって。

こうした隠れたアレルギーは遅発性アレルギー検査を受けるのだそう。

その「不調」、あなたの好きな食べ物が原因だった? 遅発型フードアレルギー
澤登雅一
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 57,590

もし、こういう遅発性アレルギーのアレルゲンが見つかったら、アレルゲンを3〜6ヶ月ほど食事から除去することでアレルギー反応が弱くなるのが特徴。

除去食をスタートすると、早い人で1〜2週間でその効果を実感します。

寝つきが良くなった!疲れにくい!肌の調子がいい!など。

その後、食べる頻度を調整することによって、アレルゲンだった食物をまた食べられるようになるのです。

遅発性アレルギーは「食物アレルギーです」とも言えない潜在的なものなので、明確な症状も出ていないのに、むやみに不安がるのもいけない。

また、特に小さな子供さんの場合、これを見て多品目の食品を除外すると、成長のために必要な栄誉が充分に摂取できなかったり、栄養のバランスが悪くなる可能性もあるとのこと。

そういう理由もあり、日本アレルギー学会では病院ではこの検査を受けることを推奨していないみたい。※日本アレルギー学会

よって、一般的にこの検査を受けられる病院が数少なく、我が家の近くにはありませんでした。

この検査は保険対応でないために実費。

やっている数少ない病院で受けると、食事指導も込みで約3万円〜5万円くらいするみたい。

でも、「体調が良くなる食生活改善のヒントになるなら、是非受けてみたい!」と思いました。

調べてみたら、ナント!検査キットがAmazonで購入できることを発見!

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]
アンブロシア株式会社
売り上げランキング: 5,963

小麦だけでなく、遅延型のIgG抗体を調べる「フードアレルギー検査キット」で、以下の96項目のアレルゲンについてIgG抗体があるのかどうかがわかるそうなのです。

■乳製品(カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト)

■フルーツ(リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ(ミックス)、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ)

■ナッツ・穀類(アーモンド、キドニー豆、グリンピース、大豆、さやいんげん、そば粉、カシューナッツ、トウモロコシ、小麦グルテン、緑豆、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、玄米、白米、ライムギ、ゴマ、クルミ、全粒小麦)

■野菜(筍、もやし、苦瓜、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、ピーマン、サツマイモ、ジャガイモ、かぼちゃ、ほうれん草、トマト)

■肉類(牛、鶏、卵白、卵黄、ラム、豚)

■魚介類(あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、カキ、バラフエダイ、ホタテガイ、サーモン、シーパーチ、エビ、マグロ)

■スパイス(カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ(カイエン)、バニラ)

■その他(カカオ、さとうきび、コーヒー、蜂蜜、製パン用イースト、醸造用イースト)

これを購入して、採血して郵送すれば、2〜3週間後に結果レポートが送られて来るみたい。

また、ネット登録すれば、郵送されるよりは少し早く結果が見られるんですって。

ということで、わたしとパートナーは購入して検査を受けてみることにしました。

IgGフードアレルギーキットが我が家に到着!

パートナーとわたしの二人分です。

早速、キットの中を見てみると…。

採血の注意、採血キットの取り扱い説明書、送付用封筒、白とピンクのツートーンのものは「ランセット」と呼ばれる採血専用の針、採血の際の消毒用のアルコールシートも入っています。

絆創膏まで入っていて、万全です。

Amazonの口コミを読むと、「ランセット2 本では若干検査用に血が足りない」とか書いてあり、何気に「失敗はできない」と緊張する。

「ああ、怖い!自分で針を刺すのかと思うと血の気が引くね」とパートナー。

「ふう。怖いけど、これやらないと検査結果出ないから、やるしかない!」と、勇気を奮い立たせる。

……。

「…あ、ああ!俺、記録写真取らなきゃいけないから、まずはhinakoちゃんからやってよ」

「ええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ〜っ?!そんなのズルイ!普通は男性が先にやるんじゃないの?!」

「ほら、hinakoちゃんブログでお伝えしなきゃいけないから。俺は先に指先傷つけちゃうと写真撮れなくなっちゃうから…」

……。

「わかった。わたしからやる!」

もうこうなったら覚悟を決めてやるしかない!

まずは手をしっかりと石鹸で洗い、必要事項を記入して、説明書を読みながら検査キットを取り出し、セッティング。

次はランセットを取り出し、保護ケースを外して採血の準備。

指をアルコール消毒する。

「中指か薬指か」と説明書には書いてあったので、できるだけ一度針を刺すだけで採血したいから、太い中指を選ぶ。

採決しようと親指で中指の第一関節の上を押さえながら針を構える。

「あ、ちょっとそのまま!写真撮るから」

「ひゃ〜っ!やめてよ!怖いから一気にブスリと行きたいのに〜(泣)」

「あ、…ごめんごめん。そうだよね」

カチッと針の音が聞こえてほんの少しそのまま静止して針を抜く。

思ったよりは痛くない。

親指で中指から血を絞り出すようにして4枚のシートに血を染み込ませてゆく。

思ったよりたくさんの血が出たかも。(一度で済むかなぁ)

…と思ったら、最後の一枚が全然赤く染らなくて…。(がっかり)

仕方がないので、薬指をもうひと刺し。

「あ〜、なんとか4枚とも採血できた!」

急に緊張がほぐれ、フラフラとベッドに転がった。

怖かった〜。

次はパートナーが採血をして、二人とも採血無事に終了!

「寿命縮むね!これ」

血を染み込ませたシートを4時間ほど乾かして所定のビニールに入れて、ポストに投函した。

これであとは数週間後の結果を待ちます。

「どんなものがアレルゲンであるのか?」少し不安だけれど、人生の中で少しの期間、ちょっと食べられないだけで、また再び、時々は食べられるようになるのだから、大丈夫。

本の中で遅発性アレルギー(IgG)の検査は、「好きなものを一生食べていくために上手な付き合い方を知るための検査」と書かれていたことが何よりうれしい。

その「不調」、あなたの好きな食べ物が原因だった? 遅発型フードアレルギー
澤登雅一
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 57,590

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

人気のある記事

Return Top