ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

京都 町屋に宿泊。カップルや家族連れでくつろげるメゾネットな宿

京都 町屋に宿泊。カップルや家族連れでくつろげるメゾネットな宿

京都といえば町屋。

せっかく古都、京都に来たのだから、ゆっくりと風情のある宿に泊まりたい!

でも、旅館だとお料理がついてきてしまうので、素泊まりできる町屋で「ちょっとだけ暮らす雰囲気を味わえたら」と思い、清水寺に近い「京都清水の町屋 和NAGOMI」に宿泊しました。

スポンサーリンク

風情ある町屋宿泊は大正解!広くて、木の香りが心地よくて、リラックスできました

「京都清水の町屋 和NAGOMI」は京阪 清水五条駅から徒歩13分ほど。

面倒くさい場合は、京都駅から宿までタクシーに乗っても15分ほど(1500円くらい)の、アクセスが良い場所。

加えて、清水寺はもちろん、祇園、八坂神社、高台寺、三十三間堂などが近いので、観光にもなかなか便利。

さらに、コンビニも充実、素敵な外観や風情のあるカフェや、お豆腐料理をはじめ、京のおばんざいなど、多種多様な飲食店もたくさんあるので、食べるのにはまったく困らないという立地。

このように、外から見ると、古い建物ですが、2016年春にオープンという新しいお宿。

「花」「鳥」「月」「風」という4つのお部屋があります。

すべてのお部屋がメゾネットで43〜48平米という贅沢な広さで、ビジネスホテルよりはちょい高めで、高級ホテルよりは手頃といった感じの価格帯。

玄関を開けて中へ入ると、さらに扉がありました。

さらに中へ。

4部屋すべてのお部屋のドアが集結しています。

お部屋のドアは、テンキーパネルで、予約時にメールで送られてきた暗証番号を入力して、開けるしくみ。

ドアを閉めると、自動でロックされ、「町屋」といえどもセキュリティ万全です。

宿の人はいませんので、チェックインもチェックアウトも無人。

ついでに言えば、他の宿泊者とも、時々ドアの開け閉めの音や気配はするけれど、顔を合わせることはありませんでした。

ので、完全に、宿泊した日から「我が家感覚」になれました。

わたしたちが宿泊したのは「花」というお部屋。

中に入ると、一階にはリビング。

といっても、和室ですが、掘りごたつとテーブルとテレビがあります。

掘りごたつには床暖房システムが搭載されていました。(冬でも大丈夫そうです)

小さいながらも坪庭があり、ライトアップされた灯篭を眺められるのが、京都っぽい。

もちろん、Wi-Fiも完備で、パートナーは「サクサクつながる」と大喜び。

リビングの横にはキッチン。

といっても、レンジも包丁もないので、お料理はできません。

でも、「お茶を飲む」「茶器を洗う」だけではもったいないような、大きくて立派なシンク。(お金かかってるわ!)

毎日、人数分のミネラルウォーターとスティックコーヒー、ほうじ茶、緑茶が用意されています。

そのキッチンを通ると、洗面台。

真っ白なふかふかタオルが、気持ちよかったです。

髭剃り、歯ブラシ、綿棒、くし、シャワーキャップ、ドライヤーなどが置いてあります。

そして、その奥がお風呂。

黒いタイルに壁はひのき。

お風呂から先ほどリビングから見た坪庭が見えて、夜、お風呂に入ると、「まるで温泉にきているかのよう」

しかも、洗い場も広く、お風呂の湯気がたつと壁に使われている「ひのき」が香って、ものすごく癒される〜。

パートナーは、「仕事の打ち合わせのあと、このお風呂に入るとすごく癒される」と大絶賛。

このお風呂に毎日浸かれただけでも、十分、この和NAGOMIに宿泊した満足度がありました。

トイレも最新。

掃除も行き届いています。

床が廊下同様「木」なのもいい感じ。

さらに、階段を上がってみます。

2階にはふた部屋。

ふたつのうち、ひと部屋は寝室。

う〜ん。

実は向かって左側のベッドをわたしが使ったのですが、寝転ぶと、写真左上、エアコン前の「天井から突き出した木」が顔面ど真ん中で…。

寝る前までは気になりました。

ですが、寝てしまえば、まったく気にならず…、3泊過ごしました。

もう一部屋は、和室。

「ふたり」だと、このお部屋を使う機会がなかったのですが、ファミリーだったら、利用できるのかもしれませんね。

こちらのお部屋和NAGOMIで3泊宿泊させていただいたのですが、かなりゆったりとした気分で滞在できました。

木と畳のお部屋は、癒されますね。

京都に「我が家」ができたような気分です。

京都町屋 和NAGOMI

悟りの窓 京都の雲龍院で後水尾天皇寄進の机で写経をする贅沢

人気のある記事

Return Top