ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

横浜 ランチバイキング オススメはニューオータニイン横浜「The Sea 」

横浜 ランチバイキング オススメはニューオータニイン横浜「The Sea 」

先日、横浜でパートナー&娘ふたりとホテルのランチバイキングに行ってきました。

場所はニューオータニイン横浜の3階にある「The Sea」。

横浜って、関東の北のほうに住む我が家からはめちゃくちゃ遠いのですが、

「ここのスイーツ&水曜日限定のパンケーキはものすごく美味しい!!しかもお値打ち!」との口コミの評判を見て、パンケーキ好きのわたしはものすご〜く行きたくなってしまい。

「ちょっと東京駅から東海道線のグリーン車を使えば平気じゃない?」なんて。

パンケーキ食べたさに、いそいそと出かけました。

スポンサーリンク

結果から言うと、わざわざそんな遠い距離を移動してまでも、ニューオータニイン横浜の3階にある「The Sea」のビュッフェランチは行った甲斐がありました。

ニューオータニイン横浜は、桜木町駅前にあるコレットマーレの3階にあります。

コレットマーレは普通に商業ビルなので、ニューオータニイン横浜につながる入り口は、こんな風にお洋服屋さんの隣。

横浜 ランチビュッフェ ホテル

ぼんやりと歩いていると見落としてしまいそうなくらい小さな入り口です。

入り口を入ると少し長めの廊下。

横浜のオススメランチ

ちょっと暗いですが、この暗さが期待感を煽ります。

どんなところなんだろう?とワクワク。

暗い廊下が終わると、突然、視界がパァーッと明るくなりました。

The Sea

写真右がホテルのフロントのようです。そして、一番突き当りが本日のお目当「The Sea」。

3階なので、正直、そんなに眺望は期待してしませんでした。

でも、実際に行ってみると、窓がとても大きくて、自然光がいい感じで入ってきて、すっごく明るくて開放的です。

横浜のホテルランチおすすめ

観覧車もよく見えます。

なんとも横浜っぽい港の光景に、いつもと違う非日常を感じて、このロケーションだけでも結構満足。

12時に予約して行ったのですが、眺めの良い窓際のテーブルの空きはすでになく、内側のテーブルになりました。

こちらのランチビュッフェは通常はメイン料理一品プラスサラダ&スイーツビュッフェセット(平日¥1,000 休日¥1,400)。

ですが、「メインはいらない」というかたはサラダ&スイーツビュッフェセットだけでもオーダーができる「レディースセット」というのがあります。

こちらは平日¥1,900、休日¥2,300円(サービス料、税込)で、レディースだけでなく男性もオーダーできたので、家族全員、これをオーダーしました。

サラダ&スイーツビュッフェセットをオーダーすると、焼きたてのチーズトーストとパン2種類(これも温かいんですよ)がサーブされます。

チーズ

パン

プラス、平日特典でコーヒーか紅茶が無料で付いてきます。

正直、このパンだけでもすっごく美味しくて、結構ボリュームもあり、お腹いっぱいなのですが…。

せっかくなので、水曜レディースデー限定のパンケーキも食べないと!!

横浜のパンケーキ

※ここからの写真は、お皿に食べ物を盛るのに忙しいわたしに変わりまして、パートナー撮影になります。

サラダはちょっと少ない目かなぁ。

サラダ

シーフードマリネの人気がすごくて、補充された直後に行かないと食べられませんでした。

サラダ

この他にお野菜をしゃぶしゃぶするところもありましたが、どれもすっごく美味しいの。

デザート

デザートも小ぶりなんだけど、ホテルメイドな感じで、ケーキのスポンジもふわっふわ!

ホテルビュッフェ

もう見るからに美味しそうすぎて、「最初はサラダと前菜を食べてデザート」なんていうルールは完全無視で、最初っからすでにデザートやパンケーキまでサラダと一緒にテーブルに並べている状態。

しかも、食べたら、本当にめちゃくちゃ美味しい!!!!

パンケーキなんてお皿に持ってきてから30分くらい経過して食べたのに、冷めていてもふわふわで美味しいんです。(←保温してあるのにわざわざ冷ましてしまった人)

ランチ時間は11時30分〜14時30分だけど、居心地が良くって、ついつい長居。

思うんだけど、横浜のホテルのランチビュッフェって、東京に比べてお値打ちだし、ロケーションもいいし、お料理やスイーツも美味しい気がする。

そしてそんなに(東京ほど)混み混みじゃないし。

非日常な横浜の景色を見ながら優雅な時間が過ごせるので、また来たいなぁ。

ニューオータニイン横浜 夜景のビュッフェディナー

人気のある記事

Return Top