ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

岐阜のモーニングはクオリティー高し!カフェ「茶徠 sarai」

岐阜のモーニングはクオリティー高し!カフェ「茶徠 sarai」

岐阜に土地を購入してからというもの、現在住んでいる神奈川県と岐阜県を往復する生活になりました。

これから少しづつ、岐阜のことも紹介していければいいなぁ、なんて思うので、ブログに「岐阜移住」というカテゴリーを新たに作ってみました。

厳密には岐阜移住準備段階って感じなんだけどね。

ということで、記念すべき「岐阜移住」カテゴリー一番最初の記事は、やっぱり「岐阜といえばモーニング!」ということで、岐阜のボリューム満点でハイクオリティーなモーニングを紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

岐阜 メモリアルセンター近くの「茶徠 sarai」でモーニング

今回は平日ではなく、土日に岐阜に行ったので、「モーニングサービスはやっているだろうか?」とちょっと心配だったのですが…。

すごい!土日でもしっかりモーニングサービスがありました!

今回お邪魔したのは、岐阜のメモリアルセンターという競技場の近くにある、カフェ「茶徠 sarai」

階段で二階へ上がります。

木の看板が素敵です。

中に入ってみると、マダムが通うのでは?と思ってしまうくらい上品で、すご〜く落ち着く感じのカフェ空間が広がっていました。

もうすでに何組かのマダムたちがモーニングを楽しんでいます。

わたしはお店の一番隅のカウンターにパートナーと並んで座ります。

ウッディーなテーブルに置かれた地球儀が、かわいい♪

小物使いにもセンスを感じます。

岐阜のモーニングはコーヒーや紅茶など飲み物をオーダーすると、モーニングサービス時間内であれば、自動的にパンやサラダなどが付いてきます。

もちろん、お代は飲み物の分だけ。

パートナーはアッサムティーを。わたしはライチティーをオーダー。

こちらは紅茶やコーヒーの種類がいろいろ選べて、500円。

そして、そのモーニングサービスで「付いてくるもの」の量が、関東とは比べものにならないくらいボリューム満点なんです。

それがこちら。

上品な器に、2種類のパンのホットサンドとはちみつをかけたヨーグルトとオニオンスープとマカロニサラダ。

これがすっごく美味しくって!!

また絶対行きたい!!って思いました。

モーニングのお味も質もハイクオリティーなのだけれど、カップも素敵で!

写真を撮りぞこなっちゃったけれど、パートナーとわたしでもカップが違って、特別感があって、うれしい。

紅茶のポットには、冷めないようにティーコゼをかぶせて。

その丁寧さに感動する。

しかも、こちらの「茶徠 sarai」は完全禁煙だし、オシャレなマダム的なお客様が多いので、話し声も静か静か。

朝なのに、ゆったりと読書しながらモーニングをいただいて、もう眠くなってきちゃった…(笑)

パートナーがわたしと結婚して、まだ岐阜に来たての頃、このモーニングのシステムがまだわからなくて、「え?どうやって注文するの??」と戸惑っていました。

でも、年に数回ずつ来ているので、今は慣れたもの。

「アッサムティーを!」と、コーヒー以外の好きな飲み物もオーダーできるくらい余裕になった(何をオーダーしても、付くことを理解したらしい)

「モーニングの文化がある岐阜っていいよね。家を建てて、こっちに移住したら、毎日カフェモーニングに出かけたいなぁ」

「徒歩と自転車だと限られるから、朝早く起きて、バスで行くのも楽しいかもね」

岐阜のモーニングはお店ごとにいろいろな特徴がある。

赤だし(お味噌汁)が出るところやフルーツがてんこもりのところ、茶碗蒸しが付いているところ、どっさりパンがついているところ、「お寿司屋さんがやっているモーニング」なんてのもある。

さらに、午前中だけじゃなくて、「一日中モーニング」というワケのわからないお店まである。

岐阜では「モーニング戦争」なんて言葉も聞かれるくらい、朝の営業をする喫茶店&カフェはモーニングの質と量と個性を競っている。

だからすごくハイクオリティーで、味も美味しい。

一時期励んでいた少食も、今はどこへやら…(汗)

食い道楽はまだまだ続きそうな気配だ。

次は、「茶徠 sarai」のティータイムサービスも来てみたいなぁ。

カフェ「茶徠 sarai」
岐阜市長良福光2463-1 サンジェムビル1階(中2階)
営業時間 9:00~17:30(os 16:30)
モーニングタイム 9:00~12:00
ティータイムサービス12:00〜
定休日:火曜日

人気のある記事

Return Top