ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

岐阜のホテル アルモニーテラッセは家族旅行にいいかも

岐阜のホテル アルモニーテラッセは家族旅行にいいかも

岐阜の土地を購入契約したことで岐阜と神奈川県の往復が多くなりました。

岐阜には父が暮らしている実家もありますが、「せっかくだから観光気分を味わいたい(観光しないけど)!」と、岐阜に泊まる何日かに一回はホテルに宿泊をすることにしています。

今回の岐阜旅は「ホテル アルモニーテラッセ」というところに宿泊しました。

スポンサーリンク

ホテル アルモニーテラッセはゆっくり過ごせるのがいい!

ホテルアルモニーテラッセは岐阜駅から車で20分ほど。

「鵜飼い」で賑わう長良川温泉からも10分ほどと、立地的にはちょっと何もない場所なのですが、その「何もなさ」がすごくいいところでもあります。

岐阜駅からは、岐阜バス13番乗り場の加野団地線「三輪釈迦前」行きで「長良志段見」下車すぐなので、バスの時間をネットで調べてバス停へ…。

ところが!バスが無い!!

この路線のバスは1時間に1本。

「おかしいなぁ。調べて行ったはずなのにどういうこと?!」と思いながら、13番乗り場で時刻表を見ていると…。

「もしかしたら平日のバスの時間と間違えたのでは?」と、乗り場で待っていらっしゃったおばぁちゃま。

「そうだよ!今日は土曜日だ!土日ダイヤだよ!」

「え〜。じゃ、あと40分もバスは来ないってこと?」

クスクス笑うおばぁちゃまに「ありがとうございます」とお礼を言い、タクシーで行くことに決めました。

タクシーに乗った途端、雪が降り出し、見る見る間に激しさを増してきて、「タクシーにしてよかったね。ホテルの玄関横付けで雪に濡れる心配も無いよ」と、バスの時刻を間違えたことが思いがけなくラッキーな展開に!(笑)

20分後、無事にアルモニーテラッセに到着して、お部屋へ。

今回は和室に宿泊することに。

お部屋の玄関が意味もなく広いのには驚き!

お部屋はこんな感じ。

「ホテル」と言うよりは「旅館」な趣。

でも、実はこちらアルモニーテラッセには「テラッセラグジュアリーフロア」という、とっても素敵なお部屋があるんです!


ホテル アルモニーテラッセ

本当はそちらに宿泊したかったのですが、あいにく今回は祭日と重なってしまったため、和室の部屋しか空きがなくて…。

でも、和室もすごく広々で、和室は旧館(本館)にあるので、ちょいと古めなのですがお掃除も行き届いていました。

そしてこのホテルにある大浴場に近くてかなり便利!

ここの大浴場、眺めがすごくいいんです。

欲を言えば、温泉だったら、尚良かった。

大浴場があるので、お部屋のお風呂にあまり入ることもないのですが、お部屋にもしっかりと広めの洗い場のあるバスルームがあります。

大浴場に入れない、小さい赤ちゃんがいらっしゃる方とかにも、すごくいいかも。

洗面所も広々。

化粧水などのスキンケア用品も充実。

男性用髭剃りも、パートナーは「見た目チャチだと思ったけれど、使ったらすご〜くよかった!」と、なかなか質も良いみたい。

さらにポットにお湯も沸かされていて、すぐにお茶も飲めたし。

さらにさら、飲料用に氷の入った冷たいお水までぽっとに入って用意されている気配りはすごい!

岐阜のお水は長良川の伏流水のお水なので、ミネラルウォーターなんて買わなくてもいいくらいキレイなんです。

そういう「いいところ」をものすごく考えて活かしているホテルだなぁ、と感じました。

また、ファミリー層の宿泊が多いのか?

こんなものまでありました。

実際に、フロントを通りかかった時に一組のファミリーが「お化け屋敷ゲーム貸してください」と言っていて、なんだか微笑ましかった。

「お化け屋敷ゲーム」って何が入っているんだろう?と、子供じゃなくてもちょっと気になったりして(笑)

お部屋の窓の外を見ると、雪はすっかり止んでいました。

「さぁ、ケーキを食べながらゆっくり読書!」と、ラウンジへ向かいます。

こちらのホテル、実は結婚式場なので、結婚式を待つ大勢の方々がラウンジでくつろいでは去ってゆきます。

でも、「結婚式場」なせいか、華やかでハッピーな空気が流れていて、人数が大勢いる割には静かでした。

ラウンジの窓も大きくてとても開放的。

ケーキはこちらのホテルで手作りされているそうです。

ケーキを食べて読書をしているうちに、気がつけば、外が真っ暗になっていました。

「相変わらずのんびりが得意で時間を忘れちゃうね」とパートナーと話しながら、大浴場で身体をポカポカに温めて、夕食をいただきにホテルのレストラン「松風庵」へ。

夕食は懐石のコース。

わたしのオーダーしたお料理のお品書きはこちら。

パートナーはわたしよりも品数が多い、ワンクラス上の懐石をオーダーしたので、「鍋のセット」的なものがテーブルにセットされています。

う〜ん。まだまだ食べるのが楽しみで、なかなか「不食」にはなれそうもない…。

いやいや、でも数年前よりもあまり豪華料理にも魅力を感じなくなってきたから、そのうちにこういうのを食べるのも飽きる時が来るのかもしれないし…なんて話をしました。

まずは前菜。

パートナーの前菜は5種もあり、彩りも美しくて豪華!!

お次はゆり根のポタージュスープ。

ゆり根のポタージュスープなんてはじめていただきましたが、すっごく優しい味で美味しかったです。

お刺身も可愛らしく盛られていて、ちょうど良いサイズ。

さわらの焼いたものも、ふっくらとしていて、香ばしくて、ものすご〜く美味しかった!!

なんかここのホテル、料理がすごく美味しいかも!!

色合いも盛り付けもキレイですが、なによりも、このカニも身が厚くてビックリ!

メインのロースステーキ。

このステーキはパートナーがオーダーした「フィレステーキ」と半分こにしました。

実は「お肉」はあまり得意ではないので、こういうコースの時以外食べないので、摂取するのは、かれこれ数ヶ月ぶり?!

わたしがオーダーした「ロースステーキ」もこれだけを食べるととても美味しいのですが、「フィレステーキ」と比べてしまうと、やはり全然厚みといい、やわらかさといい、「値段だけのことはあるな」と感じました。

しかも、海のフォアグラである「あん肝」も添えてあって、至福〜。

締めは赤だしと山菜の佃煮のご飯。

このご飯がまた、すごく美味しい!

水がいいからなのか?米がいいからなのか?ツヤツヤふっくらで、パートナーもパクパク食べてた。

ラストはスイーツ&フルーツ。

「お煎茶と一緒」というのが「和」で、いい感じ。

パートナーのスイーツはやはり品数多め。

ゴマのムースとか、ちょっと食べさせてもらったけれど、美味しかったです。

食べ終わってお腹いっぱいで、こんなに美味しい食事ができるなら、また宿泊してみたい!と思いました。(やっぱり不食にはなれそうもない)

チェックアウトの時、たくさんの小さなお子様を連れた何組かのご家族と会いました。

こちらのホテルは、やはりお子様連れに人気のようです。

1泊だったけれど、窓からの眺めも大浴場もお部屋もすべてが広々で、すごくゆっくりできて、いい休日が過ごせました。

今度は是非、洋室の「ラグジュアリーフロア」に泊まってみたいなぁ。

人気のある記事

Return Top