土地探し3~岐阜での土地見学の日は雪だった~

ネットで気に入った土地を見学出来るように岐阜の不動産屋に連絡をして、見学日を決めました。

ところが、その数日前から全国的にこの冬一番の寒波の影響を受け、岐阜市内にも数日雪が降り続き、道路には雪が積もっているらしい。

新幹線も雪のためにダイヤが乱れていました。

スポンサーリンク

雪の降る日に土地を見学に行きました

わたしたちは、土地を見学に行く日の前日の夜に岐阜入りし、都ホテルに宿泊しました。

「アセンデッドマスターオラクルカード」をひいてみる。

アセンデッドマスターオラクルカード日本語版説明書付(新装版) ([バラエティ])
ドリーン・バーチュー
株式会社 JMA・アソシエイツ(ライトワークス)
売り上げランキング: 45,400

「繁栄の流れ」というカード。

美と豊穣を司るラクシュミーのカード。

繁栄の流れ

実は、スケジュールの都合で「絶対、不動産屋さんのかきいれどきだよね」という金土日という週末に岐阜にその土地を見に行けないことに少々がっかりしていました。

「もしかしたら、わたしが行けない土日で、南向きで日当たりの良い南東の角地だなんて売れてしまうのではないか?」と密かに心配していたからです。

でも、金、土、日と週末中降り続いた雪は、「きっと見学の人の足を鈍らせる材料」になるだろうからと考えたら、少し気がラクになりました。

結局は、どう頑張ってみても、わたしたちが手にいれるべき土地だったら、すべてはうまく運ぶだろうし。そうでなければ、また探すだけなのだけれど…。

強欲になっているのかなぁ。

以前、マンションを購入した時のように「ここしかない」と思ってしまっていて、その気持ちがどんどん日を増すごとに強くなってきていた、他の選択肢が考えられなくなってきている。

執着しすぎなのだろうか?

ともあれ、オラクルカードは「繁栄」を表している。

きっと何かしらいいものが得られるような気がする。

さらに「ウイズダムオラクルカード」をひいてみました。

ウィズダムオラクルカード ([バラエティ])
コレット・バロン=リード
株式会社 JMA・アソシエイツ(ライトワークス) (2016-02-18)
売り上げランキング: 71,810

カードを2枚ひきました。

「柔軟に」と「フェアであること」というカードでした。

オラクルカード

何が起こるのかはわからないけれど、頭を固くせず、柔軟に臨機応変に物事に対処すれば、わたしの行動は宇宙の法則にのとって、公正に扱われるということらしい。

翌朝起きて、ホテルの部屋から窓を覗くと、昨日も雪が降ったため、眼下のメモリアルセンターの競技場には雪が積もっていました。
雪の国際会議場
う〜ん。都ホテルのチェックアウト時間は12時だから、寒いし、ちょっとラウンジでゆったりしようかなぁ、などど思っていたら…。

いきなり父からの電話!

「午後から不動産屋さんに会う」のに、なぜか時間を勘違いしたらしく、10時にホテルに到着してしまい…。

オラクルカードの「柔軟に」という言葉を思い出し、「ゆったりラウンジタイム」は取りやめ、急いでチェックアウトをする。

不動産屋さんとの約束の時間まで、まだ3時間もある。

せっかくなので、前日、偶然にネットでみつけた岐阜の工務店のモデルハウスを2件見て回ることにしました。

雪深い小さな道をくねくねと曲がって、ようやく一件目のモデルハウスに到着。

ところが!!

最初に訪れたモデルハウスのスタッフがいなくて、「積雪のため到着するのにまだまだ時間がかかる!」とのこと。

…そうだよね。この積雪じゃ…ね。

諦めて、そのすぐ近くにあるもう1軒のモデルハウスに連絡を入れる。

こちらはすぐにでも訪問可能だというので、早速、移動。

そのモデルハウスでは、ふたりのスタッフさんが雪が降る中、寒いのに、わざわざ外に立って迎えに出てくださっていました。

「寒かったでしょう」とモデルハウスのドアを開けられ、中に入ると、途端に暖かな空気に包まれ、安心感が広がりました。

「これは床暖房ですか?」

「そうです。これは…」と説明を受けながら、拝見させていただきました。

「すごくオシャレなお風呂ですね」と言うと、「これはモデルハウスですので、ちょっと頑張っています(笑)。実際にはお手入れのしやすいユニットバスが人気だったりします」と率直な回答。

ナチュラルでウッディーなモデルハウスで、10年も経つそうなのに、木の香りが感じられて、スタッフさんもとても丁寧。

天井が高くて、暖かくって、なんだか癒されました。

お茶も、梅こんぶ茶とかほうじ茶とかコーヒー、紅茶、100%りんごジュースなど、結構豊富な数種類の中から選べて、掘りごたつでお話を聞きました。

まるでお友達の家に来たみたいにリラックスしていました。

この家を構成している木々は「岐阜の木」を使用しているそう。

この岐阜の土地に最高に合う、岐阜の木々で建てた家は、それはそれは調和しているに違いない!と、グッときた。

壁は珪藻土を使っているのも、わたしが憧れている「形」のひとつで、「まさに、今、理想の家にいる」という気持ちになりました。

まだ工務店さん周りが一件目なのにも関わらず、「もう他の工務店は見なくていいかな」と思うくらい、大満足。

大手のハウスメーカーにはない、きめ細やかな設計ができそうで、「夢の平屋」が夢ではなくなりそうな気がしてきました。

もしかしたら、自分が思うよりも意外に早く家が建ちゃうかも。

そんなことを思いながら、近くのコメダ珈琲で父とパートナーとわたしと3人でランチ。

今日は3人で喫茶店に居るのが、なんだかとても自然に思えました。

窓の外を見ると、さらに勢いを増し、雪が降っていました。

土地見学の時間まではもう少し時間があるけれど、大丈夫かなぁ。

心配しながらも、まずはランチのサンドウィッチで腹ごしらえです。

■岐阜への土地探し旅のつづき

土地探し4〜晴れて土地見学〜

スポンサーリンク

こちらも参考になります