ストウブ鍋でご飯が炊けた!炊飯器を断捨離しちゃいます

フランス生まれのかわいいストウブ(STAUB)の鍋「ピコ・ココット ラウンド20cm」が我が家にやってきました。

スポンサーリンク

ストウブ鍋で簡単、短時間でご飯が炊けたので、炊飯器を断捨離しちゃいます

このストウブ(STAUB)を購入しようと思ったのは、つい先日、ブログにも書きましたが、料理家の栗原はるみさんの「はるみのこねないパン」の基本のブール形のパンをオーブンで焼く際に、ホーロー鍋を使用していたから。

はるみのこねないパン (扶桑社ムック)
栗原 はるみ
扶桑社 (2016-10-21)
売り上げランキング: 168

書籍で、栗原はるみさんの使っているホーロー鍋はル・クルーゼ(樹脂製つまみのものはNG)。

でも、あえてストウブにしようと思ったのは、無水調理(少量のお水で調理ができて、蒸し料理が得意)ができるから。

ストウブの鍋は、つまみが真鍮でできているからオーブンにそのまま入れても高温に耐えられるので、「はるみのこねないパン」に使えます。(つまみを取り替える必要なし)

オーブンの他にもIH、直火にも対応しているので、ほとんどの家庭で使うことができます。(電子レンジはNG)

そして、決め手だったのは、この蓋の裏のブツブツした突起。

蓋の裏

この突起が食材から出た水分を蒸気に変え、鍋の内部で対流。

蓋についた蒸気がしずくとなり、食材にまんべんなく降り注ぐ「アロマ・レイン」の仕組み。

いかにも美味しそうでしょ?

そして、どのホーロー鍋もそうだけど、強火にかけてはダメで、じっくりゆっくり中火から弱火で調理します。

なんだかこういうゆっくりじっくりな感じって、「丁寧さ」を感じる。

それで、すごくストウブの鍋が欲しくなって、パートナーに相談すると、「いいよ」と。

「これを機に、古いお鍋を捨てようかな。どれも10年以上使ってる」

「圧力鍋の柄が欠けていたよね。でもさ、一番我が家が使っていないのは炊飯器じゃない?」と。

実は我が家は、パン好きなこともあり、ご飯の出番が非常に少ないです。

そして、たまにご飯が食べたくなると、パートナーがお鍋でご飯を炊いてくれていました。

でも、見ていると火加減とか難しそうで…。

わたしがやると、失敗しそうで怖くて鍋でご飯を炊くのは、完全にパートナーの担当になっていました。

でも、この「ストウブのお鍋ならご飯が美味しく炊ける!」とネットでは大評判だったので、栗原はるみさんのこねないパンを焼く前にちょっと、ご飯を炊いてみることを思い立ちました。

さて、我が家に届いたストウブの鍋「ピコ・ココット ラウンド20cm」はこちら。

ストウブ「ピコ・ココット ラウンド20cm」

フランスのカラーのあしらわれたリボンがすっごくかわいい。

我が家はグレーを選びました。

まずはご飯を炊く前に、お鍋を使えるように「シーズニング」という、植物油を塗って火にかけて、お鍋が冷めたら余分な油をぬぐうという作業を3回ほど繰り返します。

シーズニング

我が家はオリーブオイルで、キッチンペーパーに染み込ませて、鍋底も側面もまんべんなく塗り、1時間ほどで作業を終えました。

仕上がりはこんな感じです。

潤っている

心なしかお鍋が潤っていい感じ♪

お鍋の内側が黒いので、焦げてもあまり目立ちそうもなくて、汚れなくていいかも。

今回、このストウブのお鍋のために、金属製のおたまだと傷ついてしまうし、両方にお鍋の取っ手があるので鍋つかみを新調。

取っ手も熱い。

そうそう。蓋のつまみも真鍮なので、熱いんですよね。(気をつけないと)

ということで、使う準備が整い、いよいよご飯を炊きます。

お米はボウルで洗い、ざるにあげて30分〜40分。

ストウブの鍋に入れて、お水を一合あたり200cc。

ストウブで炊飯

火加減を失敗しないように、三口コンロの一番奥の小さいコンロにかけます。

蓋をはずしたまま中火で5分。

ほどなくブクブクと音がしてくるので、菜箸で混ぜて蓋をして弱火にして10分。

蓋をしたまま蒸らしが15分。

蓋を取って中をみると、「わぁ!ご飯が炊けてる!!」。

ストウブで炊飯しました

写真を撮るよりも、炊き上がりが心配で、思わず混ぜちゃった。

一粒一粒がしっかりとしていて、鍋を開けた瞬間は「硬いかなぁ」と思ったのですが、混ぜて食べてみると、まったくそんな心配は無用でした。

美味しそうに炊飯できた!

「わぁ!美味しい!君でも炊けたね。」

その瞬間、我が家の炊飯器は断捨離することになりました。

「ちょうど会社で、炊飯器欲しい人がいるから、その人にあげよう。」とパートナー。

お世話になった炊飯器もまた活躍できそうです。

思ったよりも短時間で、難しい工程もなく、簡単にご飯が美味しく炊けてしまった。

同じご飯がこんなに美味しくなるなら、ちょっと高いけれど、その価値はあると思う。

だって、毎日おいしいものが食べたいんだもん。

「ああ!もしかして、この大きさなら「目玉焼きふたつ」というのもイケるのでは?

そうなったら、朝食の卵料理はこれで作れるから、小さなフライパンも必要なくなるかも。」

ちょっと試してみようかな。

でも、ご飯を炊いて、卵料理もしたら、スープはどこで作ればいいのかしら??

せっかく無水調理で、野菜スープだって絶対美味しいのに…。

ああ、どれもこれもこのストウブで調理したい!!

「もうひとつ、14cmの小さめのものがあると便利かなぁ。」と言って、パートナーのほうに目をやる。

美味しいものにはかなわないなぁ(笑)。

■ストウブでこねないパンを作りました

こねないパンをストウブで作ってみました

スポンサーリンク

こちらも参考になります