底地ビーチ目の前!ホテル ラ・ティーダ石垣リゾートに宿泊しました

はじめての石垣島旅行は「ラ・ティーダ石垣リゾート」に4泊。

このホテル、「日本一海開きが早いビーチ」として有名な石垣島の海水浴場「底地ビーチ」の入口に徒歩1分ほどの距離に建っています。

底地ビーチに毎日通えるホテル ラ・ティーダ石垣リゾートのスーペリアツインに宿泊しました

底地ビーチは駐車場もあり、トイレ、シャワーも完備されていて、海水浴シーズンはクラゲ防止のネットも張られているので、安心して海遊びができます。底地ビーチ

川平湾のちょうど反対側に位置したビーチ。

市街地からは車で30分ほど。

夏は大にぎわいなのだと思いますが、10月の末は訪ずれる人はまばらでとても静か。

ほとんど海まるごと独り占め〜!!という贅沢気分を味わえるビーチ。

広い海にぽつん…。

海ひとりじめ

しかも、かなりの遠浅で、海に入って深みにはまる恐れがまったくないので、小さなお子様連れには安心して遊ばせられて、すごくいいんじゃないかな。

底地ビーチです

本当に、どこまで行っても浅いので、泳ぐ…というより浸る!

海の中でうつ伏せになったり仰向けで寝てみたり、座ってみたり、海に浸かりながら読書をしていた人もいたわ(笑)。

そんな素晴らしい底地ビーチの目の前に、わたしたちが宿泊した「ラ・ティーダ石垣島」があり、お部屋で水着に着替えてビーチに行けたり、すっごく便利。

また、このホテル、ビーチだけじゃなくって、8,000坪ものお庭があるので、緑の中を散歩もできたりする。

緑の散歩

庭園内には、ヤギも飼われていました。

庭園

こちらがホテルの入口。

ホテル入口

「ラ・ティーダ」という文字が描かれています。

入口を入ると、吹き抜けのロビー。

吹き抜け

なかなか開放感のあるホテルです。

このホテルには、ライブラリールームがあり、そこのWi-Fiはお部屋よりもかなり快適でサックサクだったので、毎日、夜はブログを書きに通いました。

ライブラリー

そして、わたしとパートナーが今回宿泊したお部屋。

新館の3~4階にあるスーペリアツインはこんな感じ。

スーペリアツイン

広さは40m2。

床にゴロゴロと寝そべれるくらい広い(しないけど)。

お部屋

窓も大きく、なかなか明るいお部屋です。

クロゼットの広さも十分。金庫もタオルを干すハンガーもありました。

クロゼット

冷蔵庫(こちらは冷凍庫はついていません)とお茶セット。

お茶セット

コーヒーに煎茶。

アメニティ

それから、なによりも嬉しかったのは、このバルコニーのチェアとテーブル!!

バルコニー

わたし的には、南国のリゾートホテルには絶対ついていて欲しいアイテム。

朝起きて、ここに座って、お昼に帰ってきて、また座り。

夜もここから満天の星を見られるのですから!!

やっぱりこれがあると、「南国リゾートに来たなぁ」と実感できます。

さ、お腹も空いたので、ランチにでも行きましょう。

■石垣島旅行記のつづき

石垣シーサイドホテルでランチ時間ギリギリセーフ!

スポンサーリンク

こちらも参考になります