夢占い カエル5匹と遭遇!!そのメッセージとは?

我が家のマンションの隣の不動産屋さんの物件情報に何気なく目をやると…。

あれ?アマガエル??

スポンサーリンク

夢占い 5匹のカエルとオラクルカードのメッセージ

21時になろうとしていたので、もちろん不動産屋さんは閉店している。

でも、隣の不動産屋さんはなかなか羽振りが良いと見えて、物件情報が夜でも見えるように、煌々と明るく照らされています。

その物件情報の真上に、小さな緑のカエルが吸盤でくっついているのを発見!

「さすが田舎!最近では見なかったアマガエルにこんなところで出会おうとは…。」

と思い、iPhone6 Plusのカメラで激写。

…あれ??

よく見ると、事務所の名前の上にもカエルが…。

ここにもカエル

写真を撮り、また、よく見てみると…。

こんなところにもカエル

またまたカエルが。

さらにさらに、ここには2匹も写っていたりしました。(中央と右上)

カエル

すごいすごい!!こんなたくさんのアマガエル、見たことない!!

大興奮で、数を数えてみました。

1、2、3、4、5…。全部で5匹。

夢占いでカエルを検索する。

カエルの夢は運命の岐路の象徴。

カエルという生き物が、水(霊界の象徴)と陸(現実世界の象徴)二つの世界で生存出来ることから
「福神」や「守り神」としての意味を持つ。

目覚め。新たな気づき。無意識の生命過程。変身して行く成長過程。変化。物事の転換点。物事の終わりと始まり。生活の営みと知恵。

基本的には幸運の使者と考えてOK。さらに、おたまじゃくしから成長していく過程が、あらゆる変化の兆しを表す。

そういえば、数字の「5」も変化を示す数です。

それで思い出したのが、今朝、ひいたオラクルカード。

夢占いアマガエル

「SEEK(探し求める)」と「NEW BEGINNINGS(新しいはじまり)」。

もう少し、これを詳しく知ろうと思い、オラクルカードとルーンと二種類のメッセージを同じスプレッドで(展開方法)で聞いてみることにしました。

これは「ルーン・クロス」というルーンのスプレッド(展開方法)なのですが、わたし的には、この展開方法がカードが多くも少なくもなく、読みやすいかなぁ、と。

過去(右)未来(左)真ん中は、下から順番に「基本」「現在の自分」「チャレンジ」「新しい状況」。

今日は最近お気に入りの「スピリチュアルメッセージオラクルカード」を使います。

スピリットメッセージオラクルカード
ジョン・ホランド
株式会社 JMA・アソシエイツ(ライトワークス) (2015-06-11)
売り上げランキング: 34,865

で、こちらがスピリチュアルメッセージオラクルカードを展開したもの。

スピリチュアルメッセージオラクルカード

過去「感謝」現在「サポート」未来「新しい始まり」基本「自己破壊」チャレンジ「愛」新しい状況「希望」。

この時期、あなたの価値観を変えるような出来事が起こります。

あなたはひとりではなく、サポートされています。

たとえどのような出来事があったとしても、すべては「愛である」と気づいてください。

それが希望の光となって、あなたを新しい始まりへと導くでしょう。

さらに、ルーンで展開してみます。

ルーンの書

ルーンの書

posted with amazlet at 16.08.24
ラルフ・ブラム
ヴォイス
売り上げランキング: 347,593

ルーンのほうはこんな感じ。

ルーン

過去「パートナー」現在「保護」未来「力(逆位置)」基本「破壊」チャレンジ「自己(逆位置)」新しい状況「ブレイクスルー」。

良きパートナー。それは自己を写す鏡の役割をしています。

あなたは援助され、大切にされています。

この時期、破壊というあなたの目を覚まさせる出来事を通じて、あなたは自分自身に気づくでしょう。

あなたに変革が訪れます。

あなたは一時的に自分の力が弱まった、あるいは寂しさや悲しい気持ちになるかもしれませんが、それを深く味わいましょう。
それが、夜明けにつながるでしょう。

共通しているのは「破壊」と「新しい始まり」。

そして、わたしひとりではなく、常にサポートしてくれている人が一人以上いること。

なにやら、わたしがこれまで考えてきたことや習慣、もしくは価値観や生き方にガツン!と何か電撃的なある種のショックが与えられるようです。

…ちょっとそれは「何か?」は今のところはわからないのですが、それによって、一時的に自分の力を失ったようにも感じる部分があるみたい。

でも、それは「悪い」ということではなく、結果的にわたしの人生にとっては「あの時、あれがあったから変わったよね」というものになりそうな予感がします。

そうだ!カエルは「変える」とも読める。

人生を変える。

そして「帰る」とも読める。

家に帰るイメージ。

「還える」「返る」

本来の持ち主にかえるイメージ。

「代える」「替える」「換える」

他のものに置き換えるイメージ。

「アマガエル」は「天(アマ)カエル」かもしれない。

天に帰る。天に変える。天に返る。天に代える。

天とは源。

「破壊」という自然発生的な出来事によって、何か、飾らない、嘘のない、正直な”素のわたし”に変化していけそうな気がする。

9月は、もしかしたら、そんな”変わり目”な月になるかも。

スポンサーリンク

こちらも参考になります