12年に一度の幸運期もあとわずか…?!

カレンダーを見ながら、ため息をつくパートナー。

「ああ、もうすぐ12年に一度の幸運期が終わってしまう…。」

スポンサーリンク

12年に一度の幸運期。じゃ、12年前の木星の乙女座滞在は幸運期だったの??

2015年8月11日から幸運と拡大の星「木星(ジュピター)」がパートナーの星座、乙女座に滞在しており、星占い的には、その期間は「12年に一度の幸運期」だそうで。

その木星は2016年9月9日には、乙女座を抜けてしまうらしいんです。

12星座
12星座

posted with amazlet at 16.08.16
石井ゆかり
WAVE出版
売り上げランキング: 11,392

12年に一度…。

「ねぇ。じゃ、12年前も”12年に一度の木星の幸運期”だったわけだよね。12年前の…えっと2003年はどんなことがあったの?」と、パートナーに聞いてみました。

「12年前はちょうどパニック障害になって、電車に乗れなくなって通勤できなくて会社を休んだ時期だよ。

その一年後に、もう通勤したくなくって、会社を辞めたんだ。」

ああ、そうか!2003年って、ちょうどわたしとパートナーが出会った年なのか。

彼は会社を辞め、奥様と離婚して、所有していたマンションを売却して、今まで築きあげてきた彼のすべてをリセットして”ゼロからスタート”な感じでした。

もう出会って12年になるのかぁ。

私と出会ったのは、我が家の壊れたPCをなおしてもらったのがきっかけでした。

当時のPCはものすごく高価で!

持っている人自体が少なかったのですが、彼はPCを自作していたので、それはもうすごく詳しくて!

さらに、今でこそスタバにMacを持った人たちが溢れていますが、彼はすでに、この頃からこれをやっていたんです。

その頃から「インターネットの仕事をしたいなぁ。会社から離れて通勤なしの仕事がしたい」と思っていたようです。

「いま、その通りになっているんじゃない?」

「そうだね。この12年間で会社から離れることができたね。」

「12年前、パニックで倒れて仕事に行けなくなったからこそ、思い切れたってことだよね。

…じゃ、12年前の木星の幸運期は、会社を離れて仕事をする!という恵みを授けてくれたんだね。」

「そうかも。」

「じゃ、今度。今からの12年間はどうしたいの?」と、パートナーに聞いてみた。

「今度は土地から離れたい。」

「12年前は、会社から離れたくて、今度は土地から離れたいの?」

「うん。住んでいる場所とかって固定されるんじゃなくって、土地に影響されない仕事がしたい。

持ち家を持っていると、固定資産税支払っているから、そうそう簡単には動けないから、マンションを売却して、ちょっとだけ身軽になれたかも。」とパートナー。

そういえば、今年、「新しいビジネスパートナーと仕事がしたい!」というパートナーの希望で、わたしたちは購入したマンションを売却して、1LDKの賃貸に移り住んだ。

そう。

今、気付いたですが、まるでこの状況は12年前と同じじゃないの?!(離婚以外は!)

星占いを知ってか知らずか?

再び、すべてをリセットして、”ゼロからスタート”という状態になっていることにビックリ!

これからの12年は”土地から離れて収入を得れる自分になる”というのがパートナーのテーマになりそうです。

…ということは、わたしの夢である「一軒家。持ち家」はしばらく望めそうもないかな(笑)。

これから12年経つと、わたしは63歳。

その頃に、ライフスタイルにピッタリと合った小さな家が手に入れば、それでもいい気がしてきました。

「いっそこの際、世界一周とかしちゃう?

もしくは、いろんな土地で数ヶ月とか数年とか渡り歩きながらブログを書くとか。

本当は”旅行に行く”じゃなくて、”暮らすように旅する”ってのがやってみたかったんだよね〜」と、わたし。

12年後の今頃は、どんな会話をしているのかしら。

12年後もこのブログを書いて、みんなに報告できたら面白いなぁ。

新月の願い事 9月は日食も重なるスペシャルデー

スポンサーリンク

こちらも参考になります