ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

非二元とゾロ目222と映画「恋のデジャブ」と

非二元とゾロ目222と映画「恋のデジャブ」と

最近、非二元(ノン・デュアリティ)に関しての本を読みました。

スポンサーリンク

非二元とゾロ目の222と映画「恋のデジャ・ヴ」と

非二元論という、はじめて聞く言葉を理解するために書籍「わかっちゃった人たち」を読み。

サリー・ボンジャース
ブイツーソリューション 2014-01-21
¥ 1,620

DVD「誰が夢のバスを運転している?」を観て。

ナチュラルスピリット 2014-02-08
¥ 3,456

仕上げに「あなたの世界の終わり」をガガガガーッとすごい勢いで読み、なんとなく「非二元論」と言われるものの全容が把握できた感じ。

アジャシャンティ
ナチュラルスピリット 2012-04-25
¥ 2,052

非二元論をひとことで言えば「あなたとわたし。この世界にあるものすべてのものは分離はなく、もとひとつ。過去も未来もなく、あるのは今だけ」という感じ。

でも、「全容が把握できた」というだけで、本当に理解しているわけではない。

理解しているわけではないけれど、これら「非二元論」の本を読んで、かなりの衝撃を受けて、「思いついた不必要になったものは捨てたい!」という衝動にかられ、本棚のスピリチュアル本を捨てました。

神社のお守りもお砂も、クリスタルや開運グッズも、「それがあってもなくても何も変わらないのだ」ということがハッキリとわかったので、捨てました。

そして、自分がマッサージセラピストになるときに取得したディプロマを捨てました。

もう肩書きなんて消滅して何年も経っているのに、どこかで「セラピストだった頃の自分は人の役に立ってた」というような、高慢ちきな幻想を抱え続けていました。

そして、もう現実にはなく記憶の中でしかない友人の死、母の死、大変だったと話していた昔の出来事も、ずっと大切にとってあった思い出の品と共に捨てました。

実際に「物」として捨てた量はわずかかもしれませんが、なんとなくお部屋も心もスッキリしました。

非二元論の本は、断捨離効果アリです(笑)。

その後、買い物に行ってレシートをもらうと、「222円」という2のゾロ目。

222のゾロ目

エンジェルナンバー222は「関わりあるすべての人に神の恵みが与えられ、あらゆるものが本来なるべきようになると信じてください。信頼してすべてをゆだねましょう。」

このタイミングでいろいろなものを断捨離できたことは悪くないかも。

その後、パートナーと夜、DVDで映画「恋はデジャ・ヴ」を観ました。

このお話は、寝ても覚めても明日が来ない。「2月2日聖燭節」という日が、何度も何度も繰り返されるという主人公のお話。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2014-12-03
¥ 1,752

ここでも「2月2日」という「2」のゾロ目。

今日はなんだか「2」に縁があるみたい。

と、今日はスペシャル。「数霊に秘められた宇宙の叡智」という書籍でも「2」と「222」を調べてみました。

深田 剛史,はせくら みゆき
徳間書店 2009-03-12
¥ 864

2
二 ふ(分、風)陰陽、分離を表す。一なる世界から二極に分かれていく様を示す数霊。二極に分かれることで現実界へ現れていく。

222
和睦する数霊。相反していたものが和睦して互いに尊重しあい仲良くなる。

まるで、さっきまで読んでいた「非二元論」みたいじゃない?(笑)

奇しくも映画「恋のデジャ・ヴ」の映画の主人公には、昨日もなければ明日も来ない。

毎日毎日、目を開けると2月2日。

この映画から、「人は未来に幸せになることを夢見ているけれど、それなら、今すぐにここで幸せになりなさい。昨日も明日も訪れず、今日という1日しかないのだから」というメッセージを受け取りました。

最近、岡田多母さんにいただいた「日々是好日」の色紙といい、映画「アバウトタイム」といい、「いまここの一瞬一瞬を生きよう」的なメッセージをよく目にする。

非二元論も、突き詰めれば「今しか存在しない」だし。

あちらこちらから、いま!いま!いま!と呼びかけてくる。

そして、ベッドに入っても映画の余韻が頭にイメージとして残っているせいか眠れなくなってしまって…。

「ハーブティーでも飲みながらブログでも書こうか」と、キッチンへ行くと、炊飯器の数字が「2:22」と、またもや2のゾロ目。

2のゾロ目

ようするに…「今という時間を大切にしなさい。不必要な物も思考もイメージも感情も捨てて身軽になってね」という念押しかしらね。

人気のある記事

Return Top