ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

パン作りの初心者が簡単に作れるHBなしの美味しいコーンパン

パン作りの初心者が簡単に作れるHBなしの美味しいコーンパン

今日、パン作り初心者のわたしが、HB(ホームベーカリー)無しで美味しいパンを作ってみよう!と思い立ちました。

そう思ったのは、オーブンレンジを新しく購入したから。

スポンサーリンク

パン作りの初心者が簡単に作れる美味しいコーンパンに挑戦

シャープのオーブンレンジ(去年の型ですが)31L。

生まれてはじめての2段トレイ。

シャープのオーブンレンジ

実に13年ぶりの買い替えで、かなりテンション上がってしまったのです。

パンはいつもHB(ホームベーカリー)にお任せで、しかも、食パンしか作ったことがなかった。

ぶきっちょで、何をやっても全然形にならなくて、お料理全般が苦手。

でも、この素敵なオーブンレンジを購入したのを機に、自分で形を成形するパン作りに目覚めてみようかな、なんて。

そこで、料理苦手の初心者のわたしにでも理解できて、なおかつ簡単なパンレシピ本を購入。

こちら、「バターも卵も使わない」+「ドライイーストもたった2gだけ!」という、かなりヘルシーなパンの作りかたが紹介されています。(つまり、コストもかからず節約に有り難いパンなのだ)

コネも発酵もすべて自然に任せるので、たとえば一次発酵だけでも3時間も時間がかかります。

でも、発酵時間は放っておくだけなので、かなり合間合間にまとまった時間が空くので、その時間にスーパーにお買い物も行く事ができるし、お掃除もできます。

パンを焼く事に自分を合わせるのではなく、自分の過ごす時間にパンを焼くという作業を組み入れたスタイルで、「パン作りにかかりっきり!」という感じではないところがいいです。

「○○しながら…」という日常生活の流れの中で、ちょいちょい10分くらいパンの発酵具合を確認したり、形を整えたり。

”ながら族”にはピッタリ。

勿論、時間短縮でホームベーカリーやオーブンで発酵すればもっと早くできあがるし、そのあたりは慣れてきたら、自然発酵とうまく組み合わせるのも手かな。

ぶきっちょながら生地と格闘してみる

ということで、今日はコーンパンに挑戦です。わたし史上初のオーブンでの手作りパン!

「え?いきなり応用のパンから作るの?

普通、基本のパンをまずは一回作ってみてから応用パンにはいるのが筋じゃないの?」

とつぶくパートナーを尻目に、今日一番食べたいパンをチョイス。

「わたしは、いま食べたいパンを作りたい!!」

教室じゃないから失敗しても恥ずかしくはないわ。

で、生まれて初めてパンこね開始。

初心者の簡単パン作り

写真はコーンを入れる前にちょっぴり(10分ほど)生地を休ませているところ。

このあと、本では「ベタベタがなくなるまでこねる(3分)」ということでしたが…。

濡れふきんの水気が多すぎたのか?5分以上こねても、ベタベタが無くならないっ!!(やはり最初からレベルの高いコーンパンは無謀なのか?)

悪戦苦闘しながらもようやく無理やりに生地をひとつにまとめあげてコーンを生地に投入するも、うまく混ざらない…。

う〜ん。

ぶきっちょなわたしとしては、手に生地がネチョネチョしてくっつくのが気になるので、正直、「練り」はHBに任せたいところかも…。

ようやく生地にコーンをまんべんなく混ぜこみ、再び発酵(3時間)。

そしてようやく生地を2等分にしてまるめて、また放置(1時間)。

パンの表面に強力粉をふりかけてカミソリで切り込みを入れる…のだけれど、我が家には無くて、ナイフで切り込みを作ってみました。

コーンパン

カミソリで切るみたいにはパックリと鋭く生地が割れてくれず、ぼんやりとした線が入ってしまい、やはり、道具はちゃんと揃えないといけないなぁ、と反省。

ついに完成!初心者がパンを手作りしたぞ!

230℃のオーブンで17分焼くと、こーんなに美味しそうなパンができました。

HBなしでパン作り

焼き色も美味しそうなキツネ色でかなりいい感じ。

シャープのオーブンレンジの評価にもあったように、焼きムラはない。(一段だけど)

はじめてにしては上出来かな?(自画自賛)

中を割ってみるとこんな感じ。

簡単にできるHBなしパン

生地から香ばしいゴマの香りがして、シンプルでしっとりとした食感。

すべて自然の室温でじわじわと発酵させたのが良かったのか?ドライイーストがわずか2gでもこれだけ膨らみました。

おかげでパンを食べてもイースト臭さがありません。

体に優しくって、本当に美味しいパンレシピだと感動しました。(しかも初心者のわたしにもできた!)

パートナーは「美味しい!!」と大絶賛。

「焼きたて時と夕飯にもパンを食べたい!」というので、ふたりでほんの数時間のうちに全部食べちゃいました。

「いつもの食パン(250g)を3日で食べるのに、これ、300g?…すごい勢いでたべちゃったね。」

「いやぁ〜、うまかった!!」

美味しくてあっという間に完食してしまうのは嬉しいけれど、食べ過ぎてしまう危険性が!

メタボにならないためにも、パンを作るのは月に数回くらいにとどめておこう!と密かに心に決めました。

すべてを自然発酵で行うと、10時からパン作りをはじめて3時すぎにはパンが焼けるので、おやつの時間にちょうどアツアツ焼きたてパンが食べられる感じです。

今度は、あんぱんやひじきぱん、ベーグルの作り方も載っているので、挑戦してみようっと♪

■栗原はるみさんの「こねないパン」を作ってみました

栗原はるみのこねないパンを作ってみたら、本当に簡単だった!

人気のある記事

Return Top