ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

寒川神社参拝。八方除け?!こんなご利益見たことない!

寒川神社参拝。八方除け?!こんなご利益見たことない!

「そういえば、引っ越ししてきて、こちらの神社にご挨拶に行ってないなぁ。このあたりは何神社に行くんだろう?」

そう思った次の日、「ねぇ。寒川神社行ってみない?このあたりではすごく有名な神社らしいよ。」と、パートナー。

「もしかしたら、わたしの心の声、聞こえた?!」くらいグッドタイミングで、早速、寒川神社へおでかけしました。

スポンサーリンク

寒川神社の神様とご利益は?

寒川神社の現在の祭神は、寒川比古命 (さむかわひこのみこと)と寒川比女命 (さむかわひめのみこと)。2柱とも記紀には記載がなく、詳細は不明。

八方除の守護神として関東一円から参拝者が集まり、正月の三が日にはのべ40万人が初詣に訪れる。

テレビ放送の関係者には古くから「視聴率祈願の神社」として知られ、新番組開始前に参拝を行うことが多い。高倉健など芸能人の参拝者も多い。〜Wikipedia〜

普通は祀られている神様が誰なのか?で、どんなご利益があるのか?が大体決まるのだと思うのだけど…。

どんな神様なのか?不明なのに、40万人もの参拝客が来る魅力って、一体なんだろう??

あと、「八方除」なんてご利益、今まで聞いたことがない!見たこともない!

なに?その「八方除け」って?

ということで、調べてみると。たとえば家を建てる時など、完璧な家相の家が建てられれば良いのですが、住宅事情としてはなかなかそう完璧とはいかないのが現実。

そういうときに、こちらの神社に参拝して「八方除け」を祈祷していただくと、大丈夫!ということらしいです。

それと同様に、家相だけでなく、地相、方位、日柄、交通、厄年等の災禍を取り除き、福徳開運をもたらすのだそうです。

寒川神社の鳥居

宮山駅からは徒歩6分。寒川駅からは、木々に囲まれた表参道を10分ほど歩くと寒川神社に到着です。

中に入ると、「天皇皇后両陛下」という木の札がありました。

天皇皇后両陛下

他にも、門に天皇家のような「菊の御紋」があったり。

この寒川神社は、神奈川県高座郡寒川町という場所にあるのですが、「市」にもなっていないような田舎の神社に似つかわしくないくらいの立派な手水舎。

手水舎

ローカルな場所の神社だと、ほとんど水も流れていないようなものが多いのに、こちらはすごくキレイな水なんです。

そして、おみくじを結びつける場所すらも、美しい!

おみくじ

しかも、数が物凄い!!

狛犬もすんごく大きくて立派!!

狛犬

凛々しささえ感じられます。

さらに最後の鳥居をくぐってみると、…境内、広っ!!

広い境内

時々風に乗ってくる”田舎の香り”に似合わぬ、広々とした美しい神社で、なんとも「財政の豊かさ」をひしひしと感じずにはいられませんでした。

お参りをして、しばらく境内に佇んでいると…、「あ!ここ、明治神宮に似ているんだ!」と、急にひらめきました。

境内の造りが明治神宮にソックリなんです!

そういえば、こちらの神社はレイライン上にあるとされている神社なんです。

「八方除け」のご利益がある!というのは、春分、秋分、夏至、冬至などの時、太陽が神社の真上を通過するところからきているのかしら。

方位
これは渾天儀 といってギリシアで発明された、星を観測する機器に、方位盤と青龍、朱雀、白虎、玄武などの四神図を組み合わせたもの。

新しくて、立派です。

シンプルで、こざっぱりとした神社ですが、ひとつひとつのものが豪華で。

何を見ても「豊かさ」しか感じない(笑)。

その”豊かな神社”のおみくじをひいてみました。

おみくじ

「これまでの幸福があるのは神の御恵みと先祖の守護によるものなので、安心せず自分も人を慈しみ、この世のために尽くしなさい」と。

なんだか雨

おみくじをポケットに入れて、空を見上げると、青空なのに、境内の上にだけ黒い雲が…。

「そういえば、明治神宮に行った時も、晴れているのに、突然黒雲が現れて、雨は降らなかったけれども雷が鳴ったね。」

「やっぱり、ここ、明治神宮に似てるね。」

そんなことを話して、神社の外にある茶屋で一休み。

すると、嵐のように強い風が吹き、やがてザザーッと雨が降ってきました。

「境内の黒い雲は、きっと龍だったんだね。」と話しながら、寒川神社名物の八福餅をいただきました。

八福餅

形は違うけど、お伊勢さんの赤福餅に似てる〜。

わたしは、季節限定の抹茶ぜんざいをいただきました。

抹茶ぜんざい

抹茶の苦味とあずきの甘みが絶妙で、なかなか美味しかったです。

結構、さっぱりとしていました。

17時になったので、神社とともにお茶屋さんも閉店。

寒川神社の表参道を歩いて、踏切を渡り。

表参道

後ろを振り返ってみると…。

夕日

まるでハワイ島のボルケーノ(火山)を見ているかのような夕陽。

龍がとぐろをまいているような黒い雲が立ち込める空に、本当に火が燃えているかのよう!

ビックリして、思わず、写真を撮りました。

寒川神社はとても謎な神社で、とても不思議な1日でした。

寒川神社に初詣。最強の厄除けお守りをいただいてきました

人気のある記事

Return Top