ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

ペリカン 万年筆のインクはターコイズがお気に入り

ペリカン 万年筆のインクはターコイズがお気に入り

わたしの1日の始まりは、タロットカードからメッセージを受け取るところからスタート。

大体は2枚選んで、そのメッセージを日記に書きます。

日記にメッセージを書く際に、わたしが愛用しているのは、万年筆。

スポンサーリンク

ペリカンのターコイズでノートに字を書く特別感

カードのメッセージを書くのは、いつも”ペリカンのターコイズというインクを使う”というのを決めている。

このペリカンのターコイズというインクは、細字の万年筆で書くのも、鮮やかな澄み切ったターコイズブルーの色が美しくて良いのですが。

太めの万年筆を使って書くのが、わたし的にはオススメ!

太い字で書くと、ターコイズブルーもう少し濃くなって、インクが多めに出たところが乾くとピンクがかった光沢のある色に変わって、文字がキラキラと光の加減で光るんです。

その色の濃淡や、インクが乾いた後の色の変化とか、見ているだけで美しくて癒される。

今日もカードを2枚ひいてメッセージを書きました。

ペリカンのターコイズ

わたしがペリカンのターコイズのインクを入れて使っているのは、モンテグラッパのミヤ。

このミヤのボディもターコイズブルーなんです。

ボールペンやペンや、あるいはスマホで入力するよりも、筆圧を感じたり、スラスラと手を動かす感じが、ちょっとある種「瞑想」ぽくって、気に入っている。

万年筆という”特別感”が、タロットのメッセージの神聖さをさらに引き立てる感じ。

叶えたい夢に特別な魔法をかけてくれそう。

この南国の海のような色のペリカンのターコイズのインクを使うようになってから、なぜか”海”との縁が深まったように思う。

わたしは”海なし県”で生まれだし、泳げないので海水浴に行ったことはあまりない。

なので、”海”と言えば、東京湾をゆりかもめから見るくらいだった(笑)。

でも、不思議と、沖縄本島、宮古島、オアフ島、ハワイ島、久米島と、それまで行ったことがなかった美しい海のある場所へ、何度も行けるようになった。(こんなに”島”に行ったんですね!)

このペリカンのターコイズのインクが、海へと誘ってくれているのかしら?

今年は娘達夫婦からお誘いを受けて、沖縄の海に行く予定が決まりました。

今日のタロットカードは「10.幸福な変化」と「恐れることはありません」というカードの2枚。

タロット

「10.幸福な変化」のカードは大アルカナで、人生の中で、かなり大きなイベントが起きるカード。

「う〜ん。なんだろう?」とひいた朝はわからなかったが、1日を終えて、振り返ってみると、「あ、もしかしてこれ?」という出来事がありました。

図書館に行って、それまではまったく”旅”とは関係のない本を読んでいたのですが、突然、「あ、なんかアーユルヴェーダを受けにスリランカへ行ってみたいかも」なんて思って、こんな本を借りてきました。

本

昔、わたし、マッサージセラピストをやっていたので、マッサージにはすごく興味があるんです。

特に”身体の自然の治癒力を上げてくれるもの”が大好きで、タラソテラピー(海水療法)とかアーユルヴェーダに興味があります。

タラソテラピーは日本でも男女共受けられる施設があるのですが、アーユルヴェーダは、残念ながら日本では「エステ」扱いで、男性が受けられる施設がないのです。

できれば、パートナーと一緒に受けたいので、インドかスリランカで受けられたらいいなぁ、とは以前から思っていました。

そして、ふたりとも「リトリート」や「アシュラム」に行って、瞑想やヨガ(やったことないけど)をやり、心と身体のデトックスをしたいなぁ、と思っていました。

去年は、わたしひとりでセドナのリトリートセンターへ行ってしまったので、今度は是非、パートナーと一緒に体験したいなぁ、って。

でも、インドやスリランカって治安的にどうだろう?と思うと、ついつい二の足を踏んでしまう…。

何度か「行きたいね」といいつつ、勇気と先立つものが無くて実現できず…。

でも、今日、ふいに猛烈に「スリランカでアーユルヴェーダ受けたい!」と感じてしまいました。

あ、そういえばスリランカも”島”ですね。

もしかしたら、「スリランカでアーユルヴェーダ」が、「幸福な変化」で「恐れることはありません」なのかな。

この2枚のカードが出た!ということは、天が「Goサイン」を出している気がする。

アーユルヴェーダを受けるのって、最低6日くらいは必要みたいだから、パートナーのお仕事の様子を見ながら、できれば実現したいな。

ペリカンのターコイズのインクが海を渡らせてくれるかしら。

叶うといいなぁ。

■万年筆モンテグラッパの記事はこちら
モンテグラッパの万年筆を買っちゃいました

人気のある記事

Return Top