ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

デルタアメックスのマイルをJTB旅行券と交換しました

デルタアメックスのマイルをJTB旅行券と交換しました

わたしのお誕生日の朝に、書留郵便で「JTB旅行クーポン券」が届きました。

スポンサーリンク

デルタアメックスカードを一年間保有したら…

これは1年間デルタスカイマイル アメリカンエキスプレス・カードを保有して、貯めたマイルを、JTBの旅行クーポン券に変えたものです。

去年の4月に、アメリカのセドナへ、リトリートにひとりで行くことになり、その際にデルタ航空の飛行機を使いました。

日本の国内を飛行機で飛ぶのと違って、距離が長いのでマイルを貯めるのに良い機会では?と考えたし。

何よりも、英語がまったくわからないわたしが、たったひとりでセドナに行くのが心細くて…。

そんな困った時に、何か手厚く道中をサポートしてくれるようなものはないか?と考えて、デルタアメックスのカードを作ろうと思いました。

ベルロック

もちろん、ゴールドカードだと、デルタ航空はじめスカイチームのラウンジへたとえチケットはエコノミーでも入れてしまう!という素晴らしいカードもありますが…。

年に何度行くかわからない海外旅行に、年会費26,000円を支払うのは、ちと高い。

そこそこ飛行機に乗る時に優遇があるくらいで十分と考えたわたしは、12,000円を支払って、(普通の)デルタアメックスに入会。

入会時にもれなく5,000ボーナスマイルをプレゼント。さらに毎年カードをご継続いただく度に2,000ボーナスマイルをプレゼント。

入会後6ヶ月以内にデルタ航空をご購入航空券でエコノミークラス利用 → 10,000マイル (ビジネスクラスの利用 → 25,000マイル)

ショッピングなどのカード利用で、利用金額100円につき、スカイマイル1マイルが貯まります。

1年間のカードご利用金額の合計が100万円を超えた場合、100万円ごとに3,000ボーナスマイルをプレゼント

さらに、デルタ航空を頻繁にご利用されるスカイマイル会員様のみが取得できる上級会員資格「シルバーメダリオン」を入会特典として特別に獲得。

1米ドルにつき7マイルの獲得に加え、優先搭乗や優先空席待ち、優先チェックインや優先空席待ち等ができる。

これだけのサービスが受けられるなら、十分いいと思いました。

そして、実際にセドナ旅行の際に、座席指定ができたり、飛行機遅延の際にメールをいただいたり、座席がアップグレードされていたり、様々な恩恵を受けられました。

※受けたサービスはこちら→デルタ航空 カードを作ったことで実際に得た恩恵

一年が経ち、今回「カードの見直し」ということで、当面、海外旅行の予定は無いので、一度解約をしよう!と思いました。

貯まったマイルを清算しようとマイル数を見たら、保有マイルが34600マイルありました。

デルタアメックス入会後、すぐにセドナ旅行に行って、あとは”丘マイル”と言われる「日常でのショッピングマイル」を貯めた成果です。

「特典航空券」に変えるほど貯まってはいないし…、だったら、日本の国内旅行に使えるようにJTB旅行クーポン券に変えてしまおう!と。

JTBの旅行クーポン券には1万マイルから交換できます。

1万マイル=1万円の旅行券になります。

なので、今回、3万マイルを3万円の旅行券に交換です。

1年前に12,000円支払ってカードを作って、1年後に3万円の旅行券をいただくことができたのですから、なかなか素晴らしい!

JTB旅行券は、ネットのデルタスカイマイルのマイページから、申請して、一週間で届きました。

このJTBの旅行クーポン券は、申請日から6ヶ月の有効期限。

デルタ航空は日本の航空会社ではないので、クーポン券が郵送で届くのに、もっと時間がかかるのかと思いきや、結構早くて、良かったです。

このクーポン券が使用できるのは、「エースJTB」のパンフレットの商品で、”店頭での申し込み”が必須みたい。

とりあえず、最寄りのJTBへ行って、気になる「エースJTB」と書かれたパンフレットをガッサリと持ち帰ります。

沖縄パンフレット

今年も沖縄には行ってみたいので、ザ・ブセナテラスのパンフレットと宮古島と温泉旅館のパンフレットを。

パンフレットを見ていて思ったのですが、JTBのツアーって、結構グレードが高めのプランがいっぱい用意されているんですね。

食事は豪華な夕食が付いているプランだったり、同じ温泉でも、客室露天風呂のお部屋が標準装備だったり、お部屋にシャンパン1本サービスだとか、送迎が付いていたり。

連泊でディナー1回サービスとか。

新幹線もお得にパックになっているものもあって、本当に至れり尽くせり。

このパンフレットの、どの宿やホテルを予約しても、なんだか安心できる気がしました。

「さぁ、3万円のクーポン券をどこに使おう」

パートナーとふたり、気合を入れて探します。

そこへ娘からメールが!

「6月にみんなで沖縄行かない?本島のコンドミニアムなんてどう?妹にもメールしたよ」と。

あらそう?

今まで家族全員で旅行なんて行ったことがないけど…。

あ、そうか!ダイビングがしたいのね。

赤ちゃんのお守りを、わたし達夫婦がするっていう感じね。

すぐに子供は大きくなっちゃうから、そういう役目も、今だけだろうから、引き受けておきたいな。

これは、沖縄本島は家族みんなで行け!ということなのかな?(笑)

「じゃ、沖縄は外して探そう!」

「行ったことのない、熱海や伊豆や下田に行ってみたいなぁ」とパートナー。

「わたしは温泉に入れるところに、泊まりたいなぁ」と、先日の温泉旅行で、すっかり温泉にハマりそうなわたし。

「1泊2食でも、量が少なめのところがいいなぁ」

「お肉の鍋があるところも、やめようね」

「温泉宿は禁煙のお部屋かどうか確認してね」と、宿の写真をガン見しながら、良さげなところをピックアップ。

我が家に来たJTB旅行クーポン券で、「旅」に出かけるきっかけをもらえて、すごくうれしい。

「あ〜、お誕生日に旅行券届けてくれるなんて、なんだかすごい!」と思わず、カード継続に心が傾いちゃいそうでしたが(笑)。

シンプルな生き方は、不要なカードは解約すべし!ですね。

さぁ、どこに行こうかなぁ。

■いただいたJTB旅行券で行った場所は熱海
熱海旅行記 いつも新幹線で通る熱海にはじめて降りてみた

人気のある記事

Return Top