ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

厚木の飯山温泉元湯旅館のお部屋とお食事を堪能しました

厚木の飯山温泉元湯旅館のお部屋とお食事を堪能しました

大きなタヌキがそびえ立つ、本厚木からバスで20分の「飯山温泉元湯旅館」へ、ツルツル美肌パワー&繁栄パワーをいただきにやってきました。

スポンサーリンク

飯山温泉元湯旅館の露天風呂付き客室に宿泊

元湯旅館のお部屋へ入った瞬間、わたしとパートナーは「しまった!!」という気分になりました。

ここは旅館。しかも老舗。

ホテルと違って「全館禁煙」なんてものはなかった!!(汗)

旅館の心遣いで、”たばこの消臭スプレー”がこたつのテーブルに置いてあり、換気扇がパワフルに回っていたけれども、匂いがかなりある。

昔の宿は、「禁煙」とか「喫煙」の区別はなかったし、今更匂いを消そうにも、長年壁や床に染み付いてしまったものは、なかなか抜けるはずもない。

わたしたちは、そのことを完全に忘れていて、”いつもは泊まらない温泉宿”に予約を入れてしまったのだから、自業自得だ。

もう、これを楽しむしかない!

お部屋

お部屋自体は、古いながら、よく手入れされていて、清潔にしてありました。

12畳ほどあるお部屋とコタツのあるお部屋。

コタツのある部屋

温泉にはコタツがよく似合う。

でも、残念なことに、この小さなお部屋が一番くつろげるらしく、タバコ臭が強くて…襖を閉めた。

トイレはウオシュレットが完備され、洗面所は大きく、しかも出てくるお水は「温泉水」なので、トイレのたびに手を洗うと、お肌ツルツル。

そして、洗面所の外には、露天風呂が。

露天風呂

すごく風情のある、いいお風呂だ。

好きな時間に、好きなだけ湯を流して入れるし、ここから眺める川の景色もまた素晴らしい。

庭園

夜になるとせせらぎの音だけが聞こえて、とても静か。

庭のところどころに明かりが灯り、夜のお部屋の露天風呂はなかなかいい感じ。

お湯も、強アルカリ温泉なので、本当に「シャンプーがいつまで流しても落ちない」ってくらい、髪の毛がどこまでもツルツルの手触りで、肌もしっとり。

私たちのお部屋は「老松」。

老松

お部屋の鍵も金庫の鍵も「レトロ」。

「老松って年寄りのこと?」とパートナーの言葉に、調べてみると、「老松は年老いた松のことで、末長い繁栄を願う象徴」とのこと。

この旅館のタヌキさんたちも「出世と繁栄」の象徴だし、このお部屋の名前も「末長い繁栄を願う象徴」だから、わたしたちはこの温泉とお部屋から「繁栄」のパワーをもらえるかもね。

そして、旅館の愉しみのひとつといえば、「食」。

食事は本来なら”大広間”でいただくのですが、今回はこの日、「わたしの誕生日」だということで、心遣いで、特別にお部屋食にしていただけました。

夕食

さぁ、何が食べられるのかなぁ♪

ワクワクした瞬間です。

まず最初は前菜が運ばれてきました。

前菜

左回りに、「タニシの煮付け」「ウドと豆乳とわらび寄せ」「はまぐりと桜の葉寿司とこごみ」に食前酒の梅酒。

わたしのお誕生日だということで、グラスワインをサービスしていただけました。

グラスワイン

甘めの軽い口当たりで美味しかったです。

そして、こちらの宿の一番のウリである「ぼたん鍋」。

ぼたん鍋

味噌のお味も薄めでしたが、お肉の臭みがまるでなかったので、すごくいいお肉で、おいしいお鍋なのだと思います。

ですが、元々、夫婦揃ってお肉を食べないので、グツグツ煮えている鍋を見ながら、夫婦共に「美味しくないですか?と心配されちゃうから、もう少し食べたらどうかしら?」と目で合図し合うも、お肉をふたりで三枚がやっと。

珍しいイノシシのお肉なのに、勿体無い(泣)。

そして、お次はお造り。

お造り

こちらの温泉は「里山」にあるのだから、お刺身盛り合わせなどがなくてもいい気がするのですが、やはり”懐石コース定番のお料理”だからでしょうか。

夏はこのあたりは鮎が捕れるそうで、「鮎懐石」なるものがあるそうなのですが、冬には鮎がないので、出せないにしても、

たとえば地でで採れた山菜の創作料理を出すとか、このあたりはもう少し工夫があってもいい気がする。

お次は、筍と菜の花を卵で合わせて、周りにはベーコンが巻いてある一品。

ベーコン

金目鯛。

金目鯛

チーズボールと、「ひな祭り」にちなんで菱餅の揚げたものと、ふきのとう。

うど

これは季節感があるし、山里ならではな感じですごくよかった。

そして、揚げた菱餅が意外においしかったし、ふきのとうはほろ苦で、早春の味を楽しめました。

ラストのお料理は、エビの牛肉巻き。

エビ撒き

これも、エビはエビだけで美味しいのに、肉が苦手なわたしとしては、どうしてお肉で巻いてあるんでしょう?と悲しくなりました。

パートナーはエビの周りの肉を剥ぎ取って、中のエビだけを食べていましたが、「牛肉の味がたっぷり染み込んでる」と。

和風の温泉旅館って、禁煙喫煙のあいまいなところが多いし、必ず1泊2食付きで、夕食がものすごく豪華な懐石料理で、品数も多くて、必ず肉料理が含まれていることが多い。

やっぱり、タバコの臭いが苦手で、少食で肉が苦手な人が泊まれる温泉旅館は結構、チョイスが難しいなぁ。

食事のラストはアサリの雑炊。

あさり

火にかけて、湯気がでてきたら、温かいお雑炊をいただきました。

ぞうすい

デザートのココナッツムース。

ココナッツ

ひとつひとつお料理を丁寧に説明してくださり、運んでいただけたので、とても気分良く、食べられるものは美味しくいただけました。

そして朝。

昨夜の夕食とはうって変わって、朝食はわたし好みで、すべてを美味しくいただけました。

朝食

サラダにメカジキの燻製がのっていたのですが、それがすごく珍しかったし、おいしかった。

鮎の酢干しを火であぶりながらいただくのも、この土地ならではで、すごく良かった。

温かい鮎を、頭の先から尻尾まで、丸ごと全部食べられるのはすごい!

そして、お味噌汁もお鍋を自分で温めて、好きなタイミングでいただけるのも、すごくよく考えれれていて、感動しました。

豆乳寄せもお鍋でグツグツと作りたてを食べられるのも、うれしい。

長芋も「自然薯なのかな?」粘りがすごくて、「これは美味しいでしょう!」と。

思わず食べてしまいたい!と思わせるメニューが多かった気がします。

「タバコの臭い」で始まった宿泊でしたが、ツルツルのお湯と、タヌキさんの繁栄パワーと、派手ではないし、一流ではないけれど心遣いが感じられた朝食とで、「ああ、すごくいい旅だったな」と心から思えました。

朝、チェックアウトして、バスで20分で本厚木駅に到着してしまい、家から近いのはいいけれど、旅の気分を味わえる時間も「あっ」という間なのが、ちょっと寂しかった。

温泉はやっぱり癒されますね。

温泉、また行きたいなぁ。

その土地ならではの美味しい食材のお料理と、全館完全禁煙で少食対応、お肉が苦手な人でも大丈夫な温泉旅館は、どこかにないかしら?

人気のある記事

Return Top