軽井沢 万平ホテルのカフェテラスでレトロ気分に浸る

軽井沢の「万平ホテル」というのは、かなり有名だそうで。

ジョン・レノンとオノヨーコ夫妻も滞在したという、2014年に創業120周年を迎えたクラッシクなホテル。

スポンサーリンク

万平ホテルのカフェテラスでレトロな気分に浸る

とは言っても、万平ホテルに宿泊するには、ちょとハードルが高いので(笑)。

とりあえず万平ホテルの雰囲気を味わうには、ホテルの「顔」とも呼べる(私が勝手に思っているだけなのですが)カフェテラスへ。

「万平ホテル」と書かれた看板から、坂を登っていくと、ホテルの建物が見えました。

万平ホテルのカフェ

ホテルというよりも、どこか「山小屋」を感じさせる建物で、不思議なアットホーム感。

万平ホテルの玄関

フツーのホテルの玄関前には見当たらないような、赤いポスト!

このポストの円柱が、茶色の丸い木造の柱と相まって、なんだか可愛い雰囲気を醸し出しているおかげで、アットホームな気分になるのかな?

中に入ると、すごく伝統の重厚感が漂ってきました。

喫茶室

赤い絨毯に、丸いテーブルと椅子。奥のガラス越しに見えるのがカフェテラスです。

う〜ん。この空間だけでも、いつもと違うレトロな時間を感じます。

万平ホテルのカフェテラス

では、カフェに入ってみましょう。

カフェの中は思ったよりも広い。

サンルームサンルーム風の明るいテーブルに案内していただきました。

壁にジョン・レノンの写真が飾ってあります。

こちらがメニューブック。

万平ホテルのレストランメニュー

テーブルに置かれた、「鈴蘭」木札が可愛い。

これはお会計の時に持っていくのだそうで「ここに来たすべての人が幸せになりますように」ということで、「鈴蘭」が描かれているんですって。

この話だけでも、万平ホテルの温かさが伝わってきますね。

「さて、何をいただこっかなぁ?」

ホテルの口コミを元にすれば、ジョン・レノンが直伝したロイヤルミルクティーとか、アップルパイか人気のブルーベリータルトといったところかな。

ああ、どれも食べてみたい。

「う〜。迷う。」

ひとしきり迷った挙句、ようやく注文。

「私、レモンパイとコーヒーお願いします。」

結局、自分の今、一番食べたいものをオーダー。

「僕は、ロールケーキとコーヒーで。」

パートナーも、「口コミを試してみよう」なんてことはなく、自分のお腹に忠実だった。

でも、見てください!このキラキラしたレモンケーキを!

万平ホテルのレモンケーキ

メレンゲの上に金粉がかかっていて、すんごいゴージャス!

二つ並んでいると、まるで天使の羽根のようだわ。

そして、こちらがパートナーのオーダーしたロールケーキ。

ロールケーキ

ちょっと食べちゃったけど(汗)、かすかに金粉が混じっていて、こちらも「ただ者ではない」お上品なロールケーキになっていました。

ロールケーキは、しっとりもっちりで食感が面白い。

レモンケーキは甘酸っぱくて爽やかで、お口の中で、メレンゲの存在感がすごかったです。

どちらも美味しくて、しあわせ〜♫

レトロで、まるでタイムスリップしたかのように、日常を忘れた優雅なひと時が過ごせて、満足満足。

■軽井沢旅行記の続きはこちら
浅野屋 軽井沢の朝食。「シェ・マリー」でパン作りを見ながら…

スポンサーリンク

こちらも参考になります