EverClip iPhoneで欲しい物や行きたいお店の情報を逃さずサクサク集めるアプリ

ネットを徘徊していたりすると、「あ、これ欲しい!」「ここに行ってみたい!」という情報に巡り会います。

そのHPを、または情報を瞬時に抜き取ってストックできたら最高!

それを可能にするアプリを発見しました。

スポンサーリンク

その出会いのほとんどは偶然。

「あとからゆっくり情報を読もう」とか「とりあえず名前だけ覚えておこう」思っても、大体の場合、「あれ?どこだっけ?」と調べられない事が多い。

また同じように検索しているつもりでも、違うページばかりが出て来てしまって、全然、見たいページに辿り着けなかったする。

ホント、自分でも「一体どうやってその情報をみつけだしたのだろう?」と、首をかしげたくなるくらいに。

せっかく出会った情報を無駄にしたくないし、あとから探しなおす時間も無駄。

そんなとき、iPhoneにアプリ「EverClip」を入れておくとすっごく便利。

EverClip – Evernoteへ簡単クリップ
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

このアプリ、起動させておけば、どんどんiPhoneで閲覧したページをサクサクと親指のワン操作で一瞬で保存してくれるスグレモノ。

「ページのどの行からどの行まで」とか、どの部分とか指定しなくても、URLごとサクサク保存。

「気に入った料理レシピ」や「欲しいと思ったもの」や「気になるニュース」も、ページ丸ごと保存できるんです。

たとえば、最近わたしが欲しいなぁと思っている「薄くて小さい財布」。

この「薄くて小さい財布」をiPhoneで閲覧。

いろんなサイトに行って、色々な「小さな財布」について調べます。

その中で、「ちょっとこれ、気になる」というものを、どんどん閲覧しながら「URLをコピー」を押していきます。

Everclipの使い方

 

どんどん見て、欲しい情報をどんどん集める。

すると、コピーしたものがEverClipに集結。

Evernote

URLをコピーしただけなのに。

開くと、記事もそのままコピーできてしまっているので、後からゆっくりと、落ち着いた時に見る事ができます。

小さい財布

 

EverClipにコピーしてしまえば、いつでも情報が取り出せる。

同じ「小さな財布」という、同類の記事同士の結合も可能だし、「これ、いらない」と思えば削除もできる。

これらをEvernoteに送っておけば、数ヶ月後に思い出して、ノート内検索して閲覧することもできる。

勿論、URLごと丸ごと記事を保存しなくても、欲しい文章だけ保存したりと、編集もできる。

これで、見たい情報、欲しい情報は逃すことなく、すべて、瞬時にEvernoteにスクラップ。

もうこれさえあれば、「あれ、どこだっけ?」なんてネット上を何度も検索する必要がなくなります。

これで行きたい店も、欲しい物も、ピンと直観に響いたらすぐに保存できるので、いま、自分が何に夢中なのか?ハマっているのか?欲しいのか?心惹かれるのか?

そんな、移りゆく自分の好みの傾向も、何気に分析できて面白い。

EverClip – Evernoteへ簡単クリップ
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

スポンサーリンク

こちらも参考になります