ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

飛騨高山の町を食べ歩き

飛騨高山の町を食べ歩き

飛騨高山の古い町並み散策は食べ歩きが楽しい!

…というか食べずにはいられないくらい、魅惑的なお店がいっぱいあります。

スポンサーリンク

飛騨高山の古い町並みは食べ歩きが楽しい

とても1日じゃ味わい尽くせない(笑)。

まず、お昼に高山に到着し、「さぁ、昼食!」と入ったのは、古い町並み「上三之町」にある豆腐料理のお店。

「のぐちや」さん。

のぐちや

いかにも、「昔から豆腐ややってます」的な店構え。(素晴らしい!)

パートナーは湯葉定食。

湯葉定食

湯葉刺しはちょっと固めで歯ごたえがありました。

私は、写真右端の、料理名はちょっとわからないんですが…、湯葉を揚げて甘い味付けがしてあるのが美味しくて好き。

そして、私がオーダーしたのは、田楽定食。

田楽

私、岐阜生まれなので、やっぱりお豆腐の味噌田楽が、たまに食べたくなるんですよね。

田楽には、ちゃんと本物の「木の芽(さんしょの葉)」が付いていて、嬉しくなりました。

硬めのお豆腐がちょっとお味噌でごげて、いい香り。

お味噌のお味はちょっと、こちらのは辛めかな。

感動したのが、「菜めし」。

飛騨高山はお水がきれいだからかな?まず、ご飯が美味しい!

菜めしのお塩加減もちょうどよくって、「ああ、日本に生まれてよかった〜♬」と心の底から思えるほど。

古いけれど落ち着く店内で食事を終えて、外に出ると…。

「食後のコーヒーが飲みたいな。」とパートナー。

歩いていくと、とてもオシャレな和菓子屋さんを発見!

和菓子屋

お店の名前は「富士屋 花筏(ふじや はないかだ)」。

富士屋

あれっ?コーヒーを飲むはずが、お抹茶をオーダーしてしまいました…。

くりきんとん

お抹茶と栗きんとん。

こちらの栗きんとんは、すごく優しい甘さで、正直、人生の中で食べた栗きんとんの中でナンバ−1!!

もちろん、お土産に買って帰りました。(と言っても賞味期限は明日まで。なので、ホテルでいただいちゃいました)

窓辺

お店から眺める景色が本当に美しくって!

のんびりと静かな時間を過ごすことができました。

ゆっくりしたら、また町を散策。

途中、お団子屋さんから、とても芳しい香りが漂ってきたので、ふらふらと吸い寄せられ…。

団子や

一人一本ずつみたらしだんごを買って、食べました。

みたらしだんご

あ〜、至福〜♬

歩いているより、食べている時間の方が長い気がするけれど…、ま、楽しいからいいか。

さらに歩いていくと、次はお蕎麦やさんを発見。

蕎麦屋

「手打ちそば」という文字と、店がまえに惹かれて、お蕎麦をいただくことに。

「飛騨手打ちそばの恵比寿本店」というお店で、高山市内にいくつか店舗があるようです。

そば

そばの下に敷かれた笹の葉が、水に濡れてみずみずしさを演出。

本物の笹の葉を使っているところが、すごい!

そばも腰があって、美味しかった。

「これって、おやつ?夕ご飯?」

夕飯にしてはちょっと軽いかな?

「そばは消化がいいから、何か帰りに買ってホテルで食べよう!」とパートナー。

古い町並みからホテルへの帰り道に、テイクアウトのお寿司屋さんを発見。

お寿司屋さん

買って帰ったのは、朴葉に包まれたちらし寿司のような「朴葉寿司」と、笹の葉で包んだ、「ます寿司」。

朴葉

ます寿司は富山にもありますが、朴葉寿司は、あまり見かけない。

ホテルに帰って、お風呂に入ってゆっくりとしながら、この関東ではなかなか見かけない、お寿司たちをいただきました。

飛騨高山って、やっぱり水が美しいから?

お米が美味しいし、お蕎麦もイケる。そして、コーヒーやお抹茶もまろやかで、味がライトで胃腸に優しい感じ。

すっかり、胃袋が飛騨高山の虜に(笑)。

■飛騨高山旅行の続きはこちら
飛騨高山の朝市散策はお腹を空かせて行こう!

位山はものすごいパワースポットだった!

人気のある記事

Return Top