ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

ネイティブアメリカンの言葉「インディアン・スピリット」

ネイティブアメリカンの言葉「インディアン・スピリット」

今年の4月に行った、アメリカのアリゾナ州にあるセドナの旅の記録をiPhoneのEvernoteで眺めていたら、ふと、ネイティブ・アメリカン(ネイティブ・インディアン)の事が知りたくなった。

スポンサーリンク

「インディアン・スピリット」に初めて触れてみる

セドナと言えば、言わずと知れた、古来、ネイティブ・アメリカンが聖なる場所(聖地)とあがめた場所。

「ヴォルテックス」というエネルギーの渦が存在するという場所だからこそ(?)ネイティブ・アメリカンがそこを「聖地」としたのだろう。

…にも関わらず、私は「セドナ」についても「ネイティブ・アメリカン」についても、何の予備知識も入れぬ間にセドナに行ってしまっていました。

まぁ、「知識無しで先入観を持たずに行きたかった」ということも、その時はあったのだけれども、それから半年経った今、少しくらい「知って」もいいのではないか、と。

それで、一冊の本を購入してみました。

「インディアン・スピリット」。

「読んで字の如し」な本なのだけど、これがめちゃくちゃ良かった!

インディアン・スピリット

表紙は赤い布で、ビックリするくらい美しい。

そして、日常ではあまり馴染みのない、インディアンフルートの演奏曲が13曲も挿入されたCDも付属していて、こちらもすごく素晴らしい。

でも、何よりも素晴らしかったのは、本のタイトルにある、インディアンの魂(インディアン・スピリット)かな。

本に収められている写真と言葉は、1904年以前に撮られたものだけを厳選されているそう。

1904年以前というのは、文字ではなく口伝のみで、その教えを伝えていた時代の、本当に原初のアメリカに住んでいた純粋な「インディアン・スピリット」が生きていた最後の時代の人たちなのだそうです。

なので、一人一人の姿と言葉に、ものすごいパワーを感じます。

そして、ものすごく衝撃的な言葉もありました。

例えば、トウモロコシについて。

ネイティブ・アメリカンの食料というのは、主に、狩りで得たものとトウモロコシ。

トウモロコシを作る時、普通、農家の人がするような「土を耕す」とか「水をまく」という作業を私は思い浮かべるのですが、彼らのやり方は、ちょっと違う。

「土を耕す」とか「水をまく」とかは一切しない。

もちろん、たくさん採れるように「品種改良」などといったようなこともしない。

ただ、種をまいて、風で種が飛ばないようにして、そして収穫するだけ。

採れるトウモロコシも、品種改良しないので、原種に近いものだから、とても小さい。

…私には、最初、この意味が理解できなかった。

品種改良をしないのは多少理解できるけれど、どうして土を耕さないのだろう?水を撒かないのか?と不思議でしょうがなかった。

面倒臭いから?育てるのが嫌なのかしら?とも思っていました。

でも、この本を読んでみて、「その行動の意味」が初めてわかった!

あなたたちは、土地を耕せと言う。母の胸をナイフで切り裂けと言うのか?

そんなことをすれば、私は母の懐で休ませてもらえなくなる。

あなたたちは、掘って石を除けと言う。母の皮膚をえぐって骨を取り出せと言うのか?

そんなことをすれば、私は死んでも、母の胎内に戻って、生まれ変わることができなくなる。

あなたたちは、草を刈って干し草にして売り、白人のように金持ちになれと言う。

でも、どうやったら母の髪を切れようか。

これを読んだ時、胸が痛みました。

彼らにとっては、空は父、大地は母なんです。

だから土を耕すことは、母の体を傷つけること、さらに自分の体をも傷つけることだったんですね。

私は「土地を耕すのは、当たり前のこと」と、思っていました。

でも、ネイティブ・アメリカンにとって、「自然」は「自然のまま」で、あるがままの状態が一番望ましいと感じている。

決してそれを、ねじ曲げたりはしないんですね。

それと同じように、人間もそれぞれが「あるがまま」の状態で生きることを実現できるような思想が、彼らにはあるような気がしました。

私たち人間に肉体があるように、地球も一つの肉体なのだ。

今、地球で生きている生命はすべて、人間も動物も植物も鉱物も、すべて地球という肉体の細胞なのだ。

地球を傷つけることは自分を傷つけること。自分を傷つけることは地球を傷つけること。

正直、この本を読むまでは、いろいろなスピリチュアル本で、「すべてはひとつ」と言うけれど、頭では理解できるんだけれど、「腑に落ちる」という感じではありませんでした。

どういう行動がそういう「一つである」ということなのか?が、抽象的過ぎて、ピンときませんでした。

でも、この本は、すごく解りやすくて、なんだかここでは、すご〜くシックリときて、よく理解できた気がします。

多分、そういう生き方を実践してきたからこその説得力じゃないかな。

全く、思考がぶれていない。

この一冊を読んで、思いがけず感動したので、もっとネイティブ・アメリカンの思想を知りたいなぁ、と思いました。

生き方、ライフスタイル、子育て、環境問題、食事…いろいろなインスピレーションを与えてもらえそうです。

■ネイティブ・アメリカン関連記事
ネイティブ・アメリカンのメディスンウーマンに会いに行ってきました

ヴィジョンクエストタロットで宇宙の叡智を!

人気のある記事

Return Top