ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

イーフビーチホテル サバニで車海老をいただきました

イーフビーチホテル サバニで車海老をいただきました

せっかく久米島のホテルに泊まっているのだから、一度くらい豪華なディナーをいただきましょう!

ということで、大奮発して(?)イーフビーチホテルのレストラン「サバニ」で車海老の定食をいただくことにしました。

スポンサーリンク

レストラン「サバニ」の車海老定食

レストラン「サバニ」は、毎朝いただく朝食ビュッフェの会場になっているレストランです。

窓が大きくて自然光がたくさん入る明るいレストランで、プールや海を眺めながら食事ができるのが、とても開放的で、気持ちがいいんです。

青い海

「ホテルでディナー」というと、結構「お高い」というイメージがありますが、こちらの「サバニ」はすごくアットホームな感じで、メニューもお値段もカジュアル。

HPでは、バーベキューやコース料理が書かれていますが、カレーやサラダ久米島そばなど、アラカルトで注文できるものもあります。

わたしたちは、シンプルサラダと車海老の定食を注文。

車海老は洋食のコースと和食があるので、結構迷いましたが、最終的に「車海老の天丼」というのに惹かれて、和食定食にしてみました。

まずは、シンプルサラダ。

シンプルサラダ

貝の形のお皿に可愛く盛られています。

ドレッシングは和風とフレンチドレッシングの二種類。

サッパリとしていて、最近、あまり食べないカリフラワーとかが食べられて、歯ごたえもありました。

そして、お待ちかねの車海老定食。

車海老定食

お刺身と車海老の塩焼きと車海老の天丼、フルーツ、お味噌汁、お漬物。

これを二人でシェアしていただきました。

かわいい盛り付け

パートナーが車海老の塩焼きを盛り付けてくれたのですが、なかなか可愛らしく盛り付けてくれて、思わず、パチリ。

この車海老の塩焼きを一口食べた途端!!!

「なにこれ?!うま〜い!!!」

と、椅子から転げ落ちそうなくらいの大きなリアクションのパートナー。

「そんな大げさな〜(笑)」

と笑いながら、わたしも一口食べると…。

「甘〜い!本当にすっごく美味しい!」

続いて、車海老の天丼もふたりでシェア。

普通、天丼のエビって、頭が無いものが多いと思うのですが、イーフビーチホテルの車海老の天丼は、頭も付いたまま天婦羅になっていたりするんです!

「オレ、尾頭付きのエビ天なんてはじめてだわ。」

パートナー、これにも感動〜!

「エビの頭がまた、うま〜い!!(感涙)」

もう、彼の感動の嵐が止まらない。

他にも、紫芋などが天婦羅になっていたのですが、すっかりパートナーの頭の中は車海老一色で、食事中、車海老の話しかしない…。

なんでも、車海老は久米島の特産品なのだとか。

養殖場が、ホテルの近くにあるらしい。

だから獲れたて、いつも新鮮で美味しい!!

このホテルの夕食での車海老体験によって、すっかりパートナーは「車海老の虜」に。

後日、街の居酒屋でも車海老のメニューを探すことになったのですが…。

久米島のイーフビーチホテル近くの居酒屋や食堂では、わたしたちがふらりと訪れたすべてのお店で、車海老のメニューが充実していて、しかもどのお店も美味しい!(訪れた居酒屋の記事は後日アップしますね)

すっかりパートナーは「久米島好き」に。

「車海老食べたいから、久米島へ行く」と、まぁ、そんな人も居てもいいのではないかと。

車海老と言えば、こちらのレストランサバニでは、ランチ時間には「車海老ドッグ」を、スープ&サラダ付きでいただけます。

さらに、「車海老ドッグ」はサラダとスープ無しでなら、テイクアウトできるとのこと。(お値段も少し安くなります)

テイクアウトすれば、お部屋で食べることもできます。

なので、車海老の虜になったわたしたちは、早速、次の日のお昼に「車海老ドッグ」をお部屋にテイクアウト。

車海老ドッグ

ちょっと辛めのスパイシーなサルサソース味。

車海老が細かくカットされて、フライになっています。

美味しいのですが、昨夜の車海老の塩焼きや天婦羅を思い出してしまうと…、普通のエビフライっぽいかなぁ…と。

フライにしてしまうと、素材の味がよくわからなくなる気がする。

車海老はできればあまり凝った調理法でないほうが、美味しさが堪能できますね。

そうそう、レストラン「サバニ」でディナーをいただいて、お部屋に戻るまでの廊下が、ちょっといい感じ。

客船

まるで客船にいるみたい。

人気のある記事

Return Top