ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

バーデハウス久米島でトリートメントを体験してみました

バーデハウス久米島でトリートメントを体験してみました

沖縄の離島、久米島滞在中2度、バーデハウス久米島という温泉施設に行ってきました。

スポンサーリンク

バーデハウス久米島の海洋深層水&トリートメントで癒される

温泉と言っても、こちらの施設は「海洋深層水」という、深度200メートル以深の海水を使っているので、普通の温泉とはちょっと違う。

海の水そのままなので、舐めると、しょっぱい味がする。

その海水を36℃に温めたプールで、歩いたり、ジャグジーに浸かったり、水の圧でマッサージをしたり…という、健康増進&リラクゼーション施設が「バーデハウス」なのです。

バーデハウス久米島 プール

写真はHPからお借りしたのですが、こんな感じのプールを歩きます。

プールをぐるぐると2~3周するころには、体がホカホカと暖かくなってきます。

そして、なんとな〜くジットリと汗が…。

あまりの楽しさに、調子に乗ってプールに入っていると、「お湯」なのでのぼせてしまうので、心地よいくらいに歩いたら、プールから上がって休憩。

水分を補給して、リラックスしたところで、プールゾーンを後にして、お次はリラクゼーションゾーンでトリートメントを受けます。

こちらのアロマテラピーは男性もO.K。

しかも!東京にありがちな「男性はプラス○○円」というのが無く、女性と同じ料金で同じメニューを受けられるのが嬉しい。

なので、今回はパートナーとふたりでアロマトリートメントを予約。(お部屋は別々)

水着から、一度洋服に着替えて、渡り廊下を歩いてリラクゼーションゾーンへ移動。

渡り廊下

この渡り廊下から見えるお庭と青い海が最高にキレイ!

風が心地いい〜♪

このままリラクゼーションゾーンへ行って、すぐにマッサージを受けることもできますが、もし、余裕があれば、もうひとつ寄っていただきたいのが、その手前にある「スパゾーン」。

この「スパゾーン」は、トリートメントを受ける人は無料で入ることができます。(通常はプールゾーン使用で2,000円。スパゾーンを使うとプラス1,000円が必要)

スパゾーンは、屋外ホットタブとドライサウナだけの簡単な施設なのですが、トリートメントを受けに来る人が「トリートメント前にちょっと体を温めようか」という趣旨で入る場所なので。

自分がトリートメントを受ける1時間前などは、スパゾーンには、誰も人がいないのです。

ホットタブの温かな海水は塩分が強く、浮力が増強されているので、全身の力を脱力して、仰向けになって、プカプカ浮いて遊んだり、泳いだり、もう本当に自由!

ひとり遊びが楽しすぎて、時間を忘れるほど(笑)

ひとしきり遊んだら、頭と体をしっかりと洗って、また着替えて、今度こそリラクゼーションゾーンに移動してトリートメントです。

トリートメントマッサージの

アロマトリートメントの前にカウンセリングシートを記入して、ボディーに使用するアロマオイルを選びます。

わたしは甘い香りのローズの香りのアロマを選びました。

トリートメントは足の裏から始まり、太もも、お尻、腰、背中、仰向けになって、足の前面、腕、手をほぐしてもらい、60分のコースが終わった時、時計が3時33分に!

時計

3のゾロ目だなんて、なにかいいことありそうな予感。

と、ひとり、ニヤつきながら着替えて、パートナーと休憩所へ。

休憩所バーデハウス

まずは、コーヒーとケーキで一息。

休憩

御膳で出されるのが、ちょっと面白い。

食べ終わって、すっかり体と心がラクになって、くつろぐパートナー。

くつろぐ

「すだれ」と「縁側」が、なんだか、すごくリラックスさせてくれる。

畳敷きのお部屋なので、ついつい横になって昼寝したい気分になってしまう。

さらに、ゆっくりしたくて、久米島そばとサーターアンダーギーを追加オーダーして、今晩の夕食にしてみた。

久米島そば

久米島そばは、通常サイズとミニサイズがあったので、ふたりでミニサイズにしてみました。

ゆっくりといただいて、チェックアウト。

ホテル行きのバスを待つ間、バーデハウスの裏手を散策。

バーデハウスのシーサー

向き合ったシーサーの間を抜けて海に近づくと…。

畳石

そこは亀の甲羅のような形をした石が並ぶ、有名な「畳石」でした。

この日、台風が近づいているようなので、風が強くて、波も荒れていたのですが、海の色は本当にエメラルドグリーンで美しい。

天気があまり良くなくても、この色なのだから、快晴だったら、どんなに素晴らしいか!

バーデハウス、また是非、来たいです。

◼︎久米島イーフビーチ旅行記のつづきはこちら
イーフビーチホテル サバニで車海老をいただきました

人気のある記事

Return Top