ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

セドナのホテルはエアポートメサへ徒歩で行ける場所に宿泊しました

セドナのホテルはエアポートメサへ徒歩で行ける場所に宿泊しました

セドナでの宿泊は、夕陽がきれいだったエアポートメサに徒歩30分くらいで行ける場所にある「ベスト・ウエスタン・プラス・イン・オブ・セドナ」というホテルに泊まりました。

スポンサーリンク

ベスト・ウエスタン・プラス・イン・オブ・セドナ

名前が長くて、ちょっと言いずらいのですが…(汗)。

セドナの数あるホテルの中で、このホテルを選んで大正解だったと思います。

セドナのホテル

今回、このホテルを選んだ決め手はこれ。

何と言ってもこの広々としたバルコニー!!

どうです?この眺め!

セドナのおすすめホテル

2部屋に1つの割合でテーブルと椅子が用意されている素晴らしさ!

こちらでゆっくりコーヒーを飲みながら、セドナの赤い岩山を眺めながら過ごす贅沢。

一流の至れり尽くせりなゴージャスホテルではありませんが、「自分の荷物は自分で運びましょう」という気取らない感じのホテルなのですが、

この広々したバルコニーと素晴らしい景観は、「一流ホテル並み!」(…だと思う)。

そして、なんといってもここのホテルの良いところは、四大ボルテックスのひとつである「エアポートメサ」へは、ホテルの目の前のこの道を、まっすぐに登って、わずか徒歩30分で到着できるところ。(近い!)

エアポートメサへ徒歩30分

おかげで、リトリートの仲間と離れてから次の日、5時に起きてしまったので、

「夜明け前に目が覚めたのも何かの縁」と、昨晩、夕陽を見に行ったエアポートメサまで、今度は朝日を見に、お散歩に行きました。

のぼり始めた朝日

上り始めた朝日。今日1日が始まります。

上りきった朝日を写真に写したら、太陽から放射する光が作るたくさんの天使の梯子が、虹色に輝いて見えました。

朝日

今日も快晴の予感で、とても爽やかです。

朝日のエアポートメサ

また夕陽とは違う、静かで穏やかなセドナの赤い神殿たち。

サボテン

草もサボテンも朝日に照らされて、輝いて見えます。

本当に美しい!

深呼吸して、腰を下ろして、しばし、景色に見入っていましたが、でも、お腹も空いてきたし、ホテルで朝食もいただきたいので、ホテルへと戻ることにしました。

「ベスト・ウエスタン・プラス・イン・オブ・セドナ」は宿泊者は全員、朝食が無料なんです(10時まで)。

朝食会場は狭いので、空いているテーブル、カウンター、好きなところでいただきます。

もちろん、お部屋に持って行っても、バルコニーでいただいてもO.K。

わたしはバナナと缶詰めのフルーツとマフィンなどのパン系と、温かいコーヒーを、朝食会場のカウンターでいただきます。

朝食

使い捨ての紙皿だけど、結構かわいい。

パウンドケーキが甘くて、美味しかった♪

今日は、セドナから空港のあるフェニックスに移動する日。

セドナのホテルからフェニックススカイハーバー国際空港まで、アリゾナシャトルバスを手配したので、それに乗るのが夕方16時過ぎ。

11時にチェックアウトしても、5時間くらい時間があります。

それまで、何をしようか?街に行って買い物をするのも楽しそうだし、オーラフォトを撮るのも面白そうだし…。

食事をしながら、あれこれ考えました。

こちらのホテルは、セドナ市内ならどこへでもシャトルで送迎してくれるので、レンタカーが無い人でも「足」には困りません。

セドナらしく、スピリチュアルリーディングのひとつでも受けようかとも思ったのですが、お部屋で一休みしたら、やっぱり、エアポートメサにまた行きたくなってしまって…。

結局、チェックアウトして荷物を預かってもらい、再び歩いて、お昼のエアポートメサへ出かけました。

お部屋で選んだ(日本から持参した)オラクルカードも、「Slow and Steady(ゆっくりと着実に)」だったので、もう今回のセドナはエアポートメサでゆっくり過ごすのが良さそう。

ゆっくりと

お昼、エアポートメサの岩山の上では、瞑想している人たちがいました。

エアポートメサで瞑想する人

瞑想している人があちらこちらにいるのは、セドナならではですね。

「高所恐怖症で岩山には登れなくても、トレイルは歩くことができるぞ!」と、わたしはセドナビュートレイルを歩いて、「セドナ空港」と展望台も行ってみました。

セドナトレイル

四大ボルテックスはみんなが回るけれど、なかなか、その脇にあるトレイルを歩いて展望台や空港まで行く人は、時間的な余裕がある人意外、いないんじゃないか?と思います。

歩いては木陰で休み、景色を眺めてはまた歩くを何度も繰り返しました。

トレイル

どこを歩いても、眺めても、本当に美しい。

そして、ようやく金網の柵の中に入ると…。

金網の柵

駐車場の向こうに、展望台を発見!!

展望台

展望台からの眺めはまた格別!

展望台からの眺め

素晴らしい景色です!!

セドナ空港も見ることができました。

空港

「メサグリル」。お食事をするところもあります。

メサグリル

さて、トレイルの終着地点のセドナ空港まで到達できたことだし、そろそろわたしもホテルに引き返そうかな。

トレイル セドナホテルへ

この看板、「歩き」は解るんだけど、この「自転車マーク」。

「あんな山道を自転車で登ってくるような人いるの??」と、疑問に思ってしまった…。

山道を下りながら、わたしは気分爽快で、すごく満足で。

今回の旅の中で、たった一泊のセドナ滞在中に、エアポートメサに3度も来れたことは、一番の思い出になりそう。

本当に、駐車場の心配もなく、自由に、サクッとひとりで何度もエアポートメサに来れたのは、これもひとえに「べスト・ウエスタン・プラス・イン・オブ・セドナ」のおかげ!

そうそう、お部屋自体も掃除が行き届いていて、はじめてお部屋に入った瞬間、「あ、ここはキレイでいい感じ」と思いました。

実際、とても落ち着いたインテリアで、なかなか過ごしやすかったです。

ベッド

ひとりでふたつのベッドを使えるので、ゆっくりくつろぐ時用と寝るとき用と、何気に楽しく使い分けたりもしました。

お部屋に、セドナのような乾燥地帯では必須!の、お水が用意されているのも気が利いていたし。

お水

このミニボトルサイズは、エアポートメサに散歩に行く時には、コンパクトで、なかなか良かった。

コーヒーメーカーもあり、いつでも温かいコーヒーが飲めました。

コーヒーメーカー

バスタブも十分な広さがあったし。お湯の量も排水も問題なし。

バスタブ

ひとりで使うにはかなり広い洗面台(あ、鏡に写り込んじゃってますね)。

洗面台

タオルも可愛く畳まれて、掛けられていました。

そして、何気に「すごい!」と感動したのが、こちら。

石鹸

「マッサージ オートミール ソープ」。

マッサージソープ

ボディマッサージできるように、丸くデコデコしているんですよ!

「ボルテックス巡りで疲れた足にどうぞ」という感じなのでしょうか?(勝手な推測)

しかも、オートミールだなんて、すごく素材にこだわっていて、意外〜。

なかなか居心地の良いホテルで、かなり気に入りました。

次回、パートナーとセドナに来る時は、やっぱりここに泊まりたいかな。

◼︎セドナ旅行記のつづきはこちら
セドナでの食事はこんなものを食べていました

人気のある記事

Return Top