ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

セドナメソッドの地でリトリート体験しました

セドナメソッドの地でリトリート体験しました

 

朝、フェニックススカイハーバー国際空港からアリゾナシャトルにて、いよいよ聖地、セドナに向かいます。

今回は8泊10日の旅行中、最初の一泊はフェニックススカイハーバー国際空港近くのホテル。

次に4泊5日で、今回のセドナ旅行の目玉「セドナ マゴ リトリートセンター」でのリトリート。

リトリート解散後は一泊セドナのホテル。

その後、再びフェニックススカイハーバー国際空港近くのホテルに泊まり、さらに羽田空港内のホテルに泊まるというスケジュール。

実は今回お世話になる「セドナ マゴ リトリートセンター」というのは、元々は、かの「セドナメソッド」を広めるために創られたリトリートセンターなのだとか。

スポンサーリンク

セドナメッソドの地ではじめてのリトリート体験

「元々は」というのは、現在は経営者が代わり、「セドナメソッド」を広めるためのリトリートセンターではなく、

古代中国のタオイズム(道教)のトレーニング場所として、世界各国から心と体を整えに多くの人が訪れていました。

わたしはこのリトリートに参加するまで「セドナメソッド」の存在を知りませんでしたが、日常生活をしていると、思わず出てきてしまう不安やネガティブな感情。

それらを、シンプルな質問を使って、自問自答をしばらく繰り返すだけで、気持ちが軽く、明るく、穏やかになる…というメソッドなのだそうです。

現在も、このメソッドは愛されていて、「こころのチキンスープ」のジャック・キャンフィールド氏、「人生の答えはいつも私の中にある」のアラン・コーエン氏などの支持を受けています。

「セドナメソッド」のHPを見てみると、「1996年にセドナ・トレーニング協会を米アリゾナ州に設立」。

そして、「2012年よりSTAのオフィスはミネソタ州に移転しました」とあるので、このセドナ マゴ リトリートセンターは1996年に創られ、2012年より経営者が代わり、現在の形になったのですね。

セドナ マゴ リトリートセンターのHPはこちら。

Sedona_Mago_Retreat_

このセドナ マゴ リトリートセンターへは、フェニックススカイハーバー国際空港からシャトルバスでコットンウッドに向かいます。

その後、コットンウッドからは、セドナ マゴ リトリートセンターの無料送迎(要予約)「マンゴ ピックアップ」と呼ばれるバンで移動します。

セドナメソッド

車窓に広がっていた、ただ青い空と広い大地があるだけの「何もな〜い」景色から、コットンウッドの「ちょっと家もチラホラ」なんていう場所を境に、急に赤土の舗装されていない一本道に!!

セドナメソッド2

まだこの写真は平でキレイなほうですが、実際にはもっと細く、「これ4WDのほうが良くない?!」というくらいバンが上下に揺れるんです!

乗り物の揺れに強くないわたしは、胃が上下するたびに不安になりましたが、コットンウッドからの赤い道は20~30分ほどだったので、なんとか耐えきれました。

そして、到着したお部屋はこちら。

セドナマゴ リトリートセンター

セドナの建物は、赤い土の景観に馴染むようになのかしら?赤土色の建物が多いですね。

各お部屋に椅子が1脚ずつ、置いてあります。

お部屋は、なかなかかわいい。

マゴリゾートのお部屋

ベッドがふたつ。壁にはタオイズムの教えらしきものが書いてありますが、わたしにはサッパリ。

バスルーム。

バスルーム

洗面所。

洗面所

コンパクトながら、女性が好みそうな可愛らしい印象のお部屋です。

ホテルとは違うので、タオルなどを取り替えて欲しい時は、タオルを床に置いておきます。(でないと取り替えられていません)

そして、こちらはオールインクルーシブで、3食が用意されています。

食事はもちろん、ヨガや瞑想などをする施設なので、ベジタリアン食で、肉の持ち込みも禁止になっています。

アルコールや嗜好品もこちらではありません。

お水はレセプションルームでいつでもペットボトルに詰めたい放題。(ペットボトルは自分で持参です)

セドナはとても乾燥していて、日中は半袖で過ごすほど暑いので、お水の確保は必須。

あと、男性で乾燥が激しくてカカトがひび割れた人もいたので、保湿クリームは絶対!ですね。

あと、紫外線も強いので、UVカットも必須。

わたしは保湿、紫外線カットの両方を兼ねてくれる「シアバター」を持参したので、肌荒れも少なくて済みました。

レセプションルームでは、お水の他、セルフで、ハーブティーもいただけます。

日頃、ケーキとかスイーツのおやつが楽しみのわたしは、「おやつがなくて大丈夫なのか?」と不安でしたが、こちらで出される食事がものすご〜く美味しくて、3食だけで十分でした。

こちらの食事は3食ともバイキングなので、自分の好きなものだけを好きなだけ食べられるシステム。

とある日の1日の食事はこんな感じ。

朝食は毎朝6:45〜8:00。

朝食

白いのはカッテージチーズなのですが、わたしはこれにハマって、毎食ドレッシング代わりにサラダの上に乗せて食べていました。

お昼は11:30〜13:00。

セドナメソッド発祥

白いアスパラも新鮮で美味しかった!

キヌアもベジタリアンには欠かせない食材ですね。

そして、夕食は17:30〜19:00。

夕食

海藻も、海外ではあまり料理として使われるのを見ないのですが、「ヘルシーフード」という認識があるのでしょうか?

滞在中、ワカメスープだとか、海藻サラダだとかを、何度か食べることができました。

野菜はこちらの敷地内の農園で作られているみたいで、すごく新鮮で美味しい!

そして、フルーツもイチゴやぶどうやスイカなど、甘くて美味しかった。(フルーツは農園ではないと思う)

食事場所に移動するにも、ワークショップ会場に向かうにも、毎回10~30分の道のりをお部屋から歩くので、かなりの運動量。

道のり

毎回毎回、道に迷う人もいて、気がつけば、いつも団体移動。

一体、どのくらい敷地面積があるのだろ??

でっかい池まであるし(笑)。

池

そして、水着を持っていけばプールやジャグジーも楽しめたみたいです。

4泊5日、こちらで美味しくてヘルシーな食事と瞑想、運動をして楽しく過ごすことができました。

知り合った女性の中には「痩せたかも!」という人もいて、実りあるリトリートでした。

わたしは「リトリート体験」の夢が叶って、嬉しかったけれど、

実際に「リトリート体験」をしてみると、なんといっても「集団生活」なので、食事の時間や瞑想の時間などが決められていて、自由度が少ない感じ。

元々、集団生活が苦手なので、わたしにはちょっとストレス。

これをもっと、自分らしい自由で居心地のいいリトリートにするには、セドナに普通にホテルに一週間くらい宿泊して、お散歩&瞑想、ベジタリアンな食事をすれば、かなり非日常でいい感じなのでは?と。

このリトリートセンターの施設はとても静かで広くて素晴らしいけれど、次回は施設を利用したリトリートではなく、「自分リトリート」をしてみたい!と思いました。

◼︎セドナ旅行記のつづきはこちら
セドナ ベルロック 駐車場から頭痛発生!強力なボルテックス効果?!

人気のある記事

Return Top