ザ・マップ オラクルカードをセドナ旅行に連れていきます

明日からセドナへ旅立ちます。

はじめての海外一人旅なので、ドキドキと緊張〜。

セドナリトリートセンター4泊5日を含む、前泊1日と後泊2日、プラス帰りは羽田空港到着がかなり夜遅いので、羽田空港内のホテルに1泊という、8泊10日という、かなり大掛かりな旅になってしまった。

旅の最中も、わたしはオラクルカードをひくので、今回の長い旅にどのオラクルカードを連れて行こうか?ものすごく悩んだ。

そして、「ザ・マップオラクルカード」を、今回のセドナ旅行に一緒に連れて行くことにしました。

スポンサーリンク

ザ・マップ オラクルカードをセドナに連れていく理由

ザ・マップオラクルカードはオラクルカードに珍しく、正位置と逆位置があります。

なので、54枚のカードの解釈も54通りではなく、一枚びきでも、その倍。

2枚引きなんてした日には、もうそれは…、わたしの指では数えられないほど無限の解釈ができそう。

コレット・バロン-リード
JMA・アソシエイツ ライトワークス 2012-12-13
¥ 3,240

「聖なるマップが人生を変える」と箱の帯に書いてありますが、まさに「人生の旅の途中で、いま、自分はどこの場所に立っているんだろう?」と。

方位磁石のように、地図を片手に自分の行くべき方向をみつけるためには、とてもいいカードだと思う。

イラストがとても美しくて、「ゴブリン(妖精)」とか「気づきの魔法使い」とか、オラクルカードの登場人物もファンタジー。

まるで絵本の世界に入り込んだかのよう。

なのに、メッセージは結構、ハッキリ!キッパリ!的をついてきます。

時には、的を得過ぎて、ハッキリ言われると、心にキツすぎることもあり、今までは、「毎日」ひくのはちょっと…、と感じていました。

そして時々、「何かのイベントの時」とか「人生のマップを開いて確認したいとき」に使うことが、多かった。

でも、最近は、この「ズバズバ言ってくれる感じ」が今のわたしには心地良く感じられてきて、最近は毎朝、「ザ・マップオラクルカード」ひいています。

そして、なんとなく、このオラクルカードの箱が土っぽい色なので、今回行くセドナの赤い土とどこかでリンクしているようにも感じたんです。

だから、連れて行こう!と思いました。

ちなみに、明日からセドナに向けて旅立つのですが、その前日である今日、「セドナの旅行中のわたしへのメッセージは?」と「ザ・マップオラクルカード」に聞いてみました。

ザ・マップオラクルカード

「36.Commitment 約束 真の約束は心、頭脳、肉体、魂の責任です。一つになるには良いタイミングです。」

結婚を連想させるような素敵なカードです。

誓い、契りという言葉を連想させ、尚且つ、その関係の根元には愛が感じられて、結びつくことで、光り輝く感じです。

「本当の自分」と出会い、心も体も魂も、ひとつに結びつくイメージ。

さらに深くこのメッセージを読むために、最近お気に入りの「光の書」のシンボルも選んでメッセージをもらってみました。

アレクサンドラ・ソルナード
ナチュラルスピリット 2013-04-11
¥ 3,002

わたし、メッセージをさらに深くしたいときは、違う種類のオラクルカードを使うのが好きなんです。

違う種類のカードは、イラストも言葉もまるで表現が異なり、まるで「違う人物」に聞いているような気がするから。

でも、表現が違っていても同じものを指していたり、あるいは「違う目線で」ヒントをくれたりするから面白い。

ので、「光の書」にも同じ質問を投げかけてみます。

「光の書」のほうのメッセージは、「231.古い自分を捨てる」。

古い自分を捨てる

今回のセドナの旅は、わたしとって、新しい挑戦、新しい体験をさせてくれるものだと感じていました。

この旅を通して、古い自分をかなぐり捨てて、新しく、今度は自分の奥にいつもいる「本当の自分」とひとつになることを、このふたつのオラクルたちは教えてくれているように感じました。

今日、もらったメッセージはEvernoteに保存し、旅行中は何度も眺めて、感じよう。

「ザ・マップオラクルカード」はセドナに持って行って、さらに一緒に遊ぼうっと♪

セドナ、とても楽しみです。

スポンサーリンク

こちらも参考になります