セドナ 旅行。初めての一人旅にもうすぐ出発します

1月と3月にハワイ島にパートナーとふたりで旅行をしたわたしですが、今度は、4月に生まれて初めて一人旅をすることになりました。

3月、ハワイ島から帰ってきて、わずか一週間後、ネットを見ていて、ふと目に止まった「セドナリトリート」の文字。

ハワイ島旅の興奮も冷めぬ内に、今度は、世界3大ボルテックスのひとつ、セドナにひとりで行くことを決めました。

スポンサーリンク

セドナ旅行のプランは突然に!

わたしが今回参加を決めたのは、セドナのリトリートセンターで4月に開催される、4泊5日の日本人オンリーのリトリートの募集を見たからです。

セドナのリトリートセンターに現地集合、現地解散の日本人オンリーのリトリート企画で、瞑想やスピリリュアルワークなどの初心者でも構わないとのこと。

この募集、実は、すでに正規募集は1度終了していました。

でも、キャンセルが出たため、「残席1名」という追加募集をしていたんです。

それを見た瞬間、ドキドキしました。

少し前から、「ハワイのリトリートセンターに行きたい」という思いがあったのだけれども、ヨガや瞑想なんてやったことがないし…。

オール英語じゃ、施設内のことも、ワークショップに関しても、まったく理解できないし…。

そんな不安が心にあって、口では「リトリートセンターに行って瞑想とか体験してみたい」と言いながらも、心の奥では、怖くて、実際には勇気がなくて「行けない。」と感じていました。

だから、このリトリートセンターのワークをネットでみつけた時には、心臓が口から飛び出そうなくらいドッキリしました。

リトリートセンターphoto credit: Meditating above the dunes of Sahara via photopin (license)

リトリートセンター!(場所は違うけれど)

まったくの初心者でも参加オッケー、日本人オンリーで日本語の通訳付き。(日本語なら安心)

そして場所は、ナント!スピリチュアルの憧れの地、セドナ!

ハワイのマウナラニベイ・ホテルもハワイ島のキラウエアもすごいパワースポットだったけれど、それに勝るとも劣らない、パワースポットの聖地。

条件を見ただけでも、頭が混乱し、ガクガクと体が震えるほど興奮しました。

メールで残席があるかどうかを聞いてみようとメールを書こうとするものの…、怖くて手が動かない。

心が葛藤し始めました。

現地集合、現地解散。セドナまでひとりでどうやって行くの?(ネットで調べればルートはきっと解るはず)

英語がわからないのにひとりで行くの?(いつもパートナーと一緒だったから、すごく心細い〜)

パートナーは、その時期、お仕事で行けないでしょう?(ひとりで行ったら怒るかなぁ)

まだハワイ島に行ったばかりで、お金の使いすぎじゃない?(そ、そうだよね)

もっと近くの国内のものにしたら?(そうだよね。そのほうが安心だよね)

これ、申し込まなかったら、怒られないし、お金もかからないし、すべてがうまくいくんだよ。(…確かに。波風は立てたくない)

一人旅なんてしたことないでしょ?パートナーと一緒に行けば、問題ないじゃない。(でも…)

外国で言葉もわからずに大変な思いもしなくて済むのよ。(でも、わたしリトリートに行ってみたい!セドナも行ってみたい!)

知らない土地だから怖い、行ったことないからやめよう、お金がかかるからやめようなんて小さな考えを脱出したい!!!

もし、残席があったなら、それがわたしの運命なんだ。

「行きたい!」という思いを貫こう!わたし、変わりたい!

と、心に決めてメールしました。

セドナphoto credit: Cathedral Rock, Sedona, AZ via photopin (license)

そして、幸運にも席が残っていて、参加することを決めました。

でも、このあと、ものすごい不安や恐怖、罪悪感がわたしの心にやってきました。

パートナーの留守中にひとりで決めてしまったので、パートナーに話すときに、ものすごく後ろめたい気持ちになりました。

周りの人にも、ひとりでセドナに行くことを伝えるのも、なんだか心が苦しい。

「わたし、間違ってる?」と、自分で決めたことに対して自信が持てなくて、色々ネガティブな感情ばかりが頭に渦を巻く。

そして、ありがたくない思考はありがたくない次の問題を呼ぶ。

このツアーの現地での送迎に関して、主催者とうまく連絡が取り合えない状況に陥り、さらに、「わたしって、もしかして忘れられている?」「わたしがダメなの?」と、もっと不安になる。

こんな風に、へんなループに陥り、心が混乱しそうな時、オラクルカードやルーンなどのメッセージはとても役立つ。

「光の書」のメッセージを読んでみる

今回は、「光の書」の付属の紙のシンボルを、シャッフルして選んで、メッセージを見てみることに。

アレクサンドラ・ソルナード
ナチュラルスピリット 2013-04-11
¥ 3,002

紙製のシンボルはとても小さくて失くしやすいので、モロゾフのチョコレートの入ったうさぎの紙箱に入れています。

うさぎのケース

ふたつのシンボルを選んでメッセージをもらいます。

光の書

「172.まず自分が選ぶ:あなたができることは他人を変えることではなく、自分を変えること。それを選択することです。」というようなメッセージをいただきました。

メッセージを元に、自分の心を眺めてみました。

よく考えてみれば、主催者からの連絡も、まだ出発まで数日あるから、いま連絡がなくても、特に何も問題はありません。

そして、一番大切なことを見落としてしました。

そもそも、この主催者の企画のおかげで、わたしはセドナのリトリートセンターを体験できるし、そのおかげで、延泊して、ちょっとだけひとりのセドナも味わえるのです。

急に決まった旅なのに、周りの人も、「楽しんできて」と言ってくれて、パートナーは、快適な旅になるようにと、色々とサポートをしてくれています。

航空券もホテルも予約することもできました。

問題は現在、何も起きてはいないんです。

ただ、…私自身が勝手に、自分のセルフイメージを低くして、自分が自由になることを許していないだけでした。

それによって不安の波紋を心に広げているだけでした。

「わたしは、今日、心の平和を選びます。

みんなのサポートのおかげで、わたしはセドナを旅することができます。

たくさんのサポートに感謝して、旅を楽しむことを選択します。ありがとうございます。」

なんだかとてもスッキリしました。

◼︎セドナ旅行記はこちら
アメリカ セドナへの行き方
セドナメソッドの地でリトリート体験しました
セドナ ベルロック 駐車場から頭痛発生!強力なボルテックス効果?!
エアポートメサの夕陽を見る
セドナのホテルはエアポートメサへ徒歩で行ける場所に宿泊しました
セドナでの食事はこんなものを食べていました
フェニックス空港 ホテル(セドナ最終日)

◼︎セドナ旅行の服装
セドナ 天気と服装 滞在中にわたしが着ていたもの

◼︎セドナ旅の飛行機のことなど
デルタ航空 カードを作ったことで実際に得た恩恵
デルタ航空 機内食 アメリカ編エコノミークラス
プライオリティパス(楽天)ラウンジで快適な乗り継ぎ時間

◼︎セドナ旅のまとめ
アメリカ セドナ 一人旅 女ひとり、はじめてでも大丈夫でした

スポンサーリンク

こちらも参考になります