ハッピーコラージュ

かわいい平屋にミニマムに住むことを夢見て、タロット&オラクルカードをナビゲーターにハッピーを集めて叶える

Read Article

ユナイテッド航空 成田 ホノルルの機内食のクオリティ

ユナイテッド航空 成田 ホノルルの機内食のクオリティ

今回の旅は、成田からホノルルへはユナイテッド航空を利用。

ユナイテッド航空に乗るのは、はじめてなので、ちょっとワクワク。

「どんな食事が出るのかなぁ?」

やっぱり、飛行機に乗る楽しみと言えば機内食!!(むしろこれしかない?!)

スポンサーリンク

ユナイテッド航空 成田〜ホノルルの機内食

HISで格安航空券をネットから予約すると、後から席の予約ができるのですが、今回はバラバラの席で、しかもど真ん中のシートばかり…。

「ふたり並びの席じゃないなら、わざわざ席を確定させる必要もないか。」と座席指定をしなかった。

その代わり、当日早めに行って、「並び席」が欲しくて、差額(ひとり$165往復)支払って、ちょっと広めの「エコノミープラス」にアップグレードをした。

その甲斐あって、めでたく「並びの席」に。

ユナイテッド航空のチケット

その際、ハワイ島まで行くので、ホノルル空港までのチケットと一緒に、ハワイアン航空のコナ空港までのチケットも同時に発券されました。

飛行機に搭乗してみると、エコノミープラスはやっぱり、ちょっと座席が広めだった。

膝が前のシートにくっつかないです。

座席

席はちょい広めで、座った感じとか席の位置は、限りなくビジネスに近い。

近いのだけれど、まったく違う。

「これ、シート本当に倒れているの?」と思うくらい、めいいっぱいボタンを押しながら体を突っ張らせて頑張ってシートを倒しても、どこまでも限りなく垂直に近いシートの角度(泣)。

足元をやさしく持ち上げてくれるフットレストも無い。

その辺はやはり「エコノミー」なんだな。

もちろん、機内食もエコノミー。

エコノミープラスにして「お得感」を感じるのは、「ちょい広くなった足元」と、「エコノミーの中でも早めに飛行機から降りられる」という2点。

片道数千円でこれを得るか?得ないか?は、それぞれの価値観だと思う。

ちなみに、当日、ビジネスクラスにアップグレードすると、ひとり$980(大体10万円くらい)だった。

離陸後、1時間ほどして、待ちに待ったお食事です。

「チキンorフィッシュ?」とCAさん。

「フィッシュ!!」と同時に答えるわたしとパートナー。

お互い顔を見合わせながら、「なんだよ同じか。これじゃブログネタ半減だな…。」と思いつつも、まぁ、食べたいものを食べたものがいいに決まってるよね。

そして、テーブルに置かれた本日の「フィッシュ」がこちら。

フィッシュの機内食

一皿びっしり!!多めのサラダが、今まで体験した機内食にはなかったので、嬉しい♪

魚も白身魚のトマト煮的な感じで、臭みもなく味付けもいい感じ。

しかも、パンもデザートのブラウニ的なお菓子(?)もなかなかイケる。

今までの「エコノミーの食事はあまり美味しくない」という、私の中の概念が打ち破られた感じで、意外だった。

「ひょっとしたら、この間乗ったANAのビジネスクラスの食事よりも、正直美味しいかも。」とパートナーも同意見のようだ。

確かに、バンバン流れ作業的にテーブルの上にお膳が置かれる大雑把さとか、盛り付けに美的センスは盛り込まれていないけれど、なぜか美味しかった。

もしかして、ユナイテッド航空の機内食ってクオリティが高い?!

そして、着陸1時間半前くらいから「軽食」が運ばれた。

CAさんが、ワゴンから、アルミホイルと紙ナプキンとオレンジジュースをガッシリとつかんで、手渡してくれる。

銀紙の機内食

かなり大雑把なサービス。

(笑)なんだかそういうのも、アメリカンな感じで嫌いじゃない。

アルミホイルに包まれたものを開けてみると、温められたパンでした。

パン

これがまた、ほんわりと温かくて、ちょっと甘くて美味しい♪

オレンジジュースも、わたしにはちょうどいい量で(そんなに飲むとトイレの回数が増えてしまう)。

もしかしたら、私にはアメリカ的な食事のほうが合っているんじゃないのか?!とすら思ってしまうくらい、美味しかった。

ちなみに、帰りのフライトでは2回の機内食があり、1回目の食事は「チキンorベジタリアン」の「ベジタリアン」をチョイス。

「ベジタリアン」を選んだら、ほうれん草のラビオリ的なものになりました。

ベジタリアン

やはり、サラダはてんこ盛り。

「チキン」を選んだ隣の人の機内食(他人様のなので写真撮影はできませんでした)は、チキンカレーでした。

どうやらユナイテッド航空の機内食は、どのメニューも「サラダがてんこ盛り!」ということがわかりました。

生野菜好きのわたしには、これは結構ツボです。

もしかしたら、がっつりいきたい人には少々、物足りない食事なのかも。

2回目の軽食はフルーツ&パン。

クロワッサンの機内食

パンは、…きっとクロワッサンですね。

CAさんがトングで乗せてくれるのですが、動作がワイルドなので、パンがひっくり返り、さらにペシャンコになっている。(←撮影の際に一応、わたしがパンを表に向けてみた)

見た目はあまり…、だけど、このパンも結構美味しくて、思わず完食。

そうそう、「飛行機に乗っている時の楽しみって、機内食しかない。」と書いていたけど、離陸時や着陸時や窓から見える景色も楽しみのひとつかもしれない。

ホノルルに到着する直前の空は、まだ生まれたばかりの太陽に照らされて、雲も飛行機の翼も、虹色に輝いていました。

空のユナイテッド航空

いつもは見えない空の上、雲の上が見えるのって、素敵。

◼︎旅行記のつづきはこちら
ホノルル空港からコナ空港に乗り継ぎ 入国審査はガラガラだった!

◼︎ユナイテッド航空成田空港のビジネスクラスのラウンジの記事はこちら
ユナイテッド航空 ビジネスクラスラウンジ 成田が広くて快適!

人気のある記事

Return Top